DCキャッシュワンの借入がある人はアコムの過払い金請求に影響がある

DCキャッシュワンの借入がある人はアコムの過払い金請求に影響がある

貸金業者から過去に借り入れをした場合、本来支払う必要のない余分な利息である「過払い金」を支払っていた可能性があります。

過払い金は、条件を満たせば返還請求をして回収することが可能です。

しかし、いまだに借り入れをして返済するお金がある場合に過払い金請求をおこなうと、回収された過払い金と借り入れ金額が相殺されることになります。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

アコムに過払い金請求をして、さらにアコムカードやキャッシングとクレジット払いが併用できるACマスターカードを利用中の場合も、相殺が自動的に行なわれます。

この場合、過払い金から返済残高を引いた金額が返還されることになります。

そのため、過払い金請求をする前に、自分がどれくらい返済残高が残っているか、しっかりと把握することが必要となるのです。

そして、アコムへの過払い金請求は、キャッシュワンからの借り入れがある場合も影響を与えます。

今回は、アコムへの過払い金請求の際、キャッシュワンの借り入れはどのような影響を与えるか、また、キャッシュワン以外の借り入れで影響があるものについて解説します。

キャッシュワンはアコムと合併している

キャッシュワンの歴史は2001年までさかのぼります。

2001年の8月9日に、キャッシュワンは東京三菱銀行(現・株式会社三菱東京UFJ銀行)など複数の企業の出資によって設立されました。

他の企業はアコム、三菱信託銀行(現・三菱UFJ信託銀行株式会社)、ジャックス、ディーシーカードです。

これらの企業が、銀行系消費者金融会社の設立を目的として出資し誕生したのが「株式会社東京三菱キャッシュワン」なのです。

2005年に、以前は出資比率が35%だったアコムが54.73%へと出資を引き上げることによって、キャッシュワンはアコムの子会社となり、名称も「株式会社DCキャッシュワン」へと変更します。

2009年になると、アコムがキャッシュワンの株式を100%取得したことにより子会社となり、その後はアコムとキャッシュワン・合併が行なわれ、アコムの別ブランドとして運営されることになります。

2011年12月10日にキャッシュワンは新規会員の契約を終了し、2012年にアコムはキャッシュワンとしておこなっていた事業を「じぶん銀行」に分割譲渡します。

その後、キャッシュワンはじぶん銀行のカードローン「じぶんローン」として再出発を図り、アコムは同ローンの保証会社となったのです。

[rank]

キャッシュワンでは過払い金は発生しない

キャッシュワンを利用している、あるいは過去に借り入れをして完済した場合、キャッシュワンで過払い金が発生していることはありません。

キャッシュワンで設定されている金利は、金融に関する法律である利息制限法で定められた上限金利の範囲内です。

利息制限法で決められた上限金利は、借入額によって変化します。

借入額が10万円未満の場合は20%以下、10万円以上100万円未満は18%以下、100万円以上は15%以下です。

過去に各貸金業者がおこなっていたのは、利息制限法を無視して必要以上の利息をとっていたことが問題でした。

しかし、キャッシュワンは利息制限法にもとづいた金利の設定をしているため、過払い金は発生しないのです。

キャッシュワン以外にも、過払い金が発生しない貸金業者はいくつかあるので、貸金業者へ過払い金請求をする際は事前に調べることが重要です。

キャッシュワンの借入があるとアコムの過払い金請求に影響がある

アコムに過払い金請求をする際、アコムへの借り入れを完済していてもキャッシュワンの返済が残っている場合は、注意をしなければいけません。

キャッシュワンの返済残高がある場合、アコムの過払い金が回収できても回収された金額が自動的にキャッシュワンの返済にあてられるからです。

そのため、回収できた過払い金がそのまま欲しい人は、キャッシュワンの返済残高をゼロにする必要があります。

また、アコムの過払い金でキャッシュワンの返済残高を完済できなかった場合は任意整理扱いとされ、信用情報機関に任意整理として記録されてしまいます。

任意整理は金融事故扱いとなるのでブラックリスト入りしてしまい、他者からの借り入れやローンを組むことが難しくなってしまうのです。

ブラックリストにのるとどうなる?

「ブラックリスト入り」、「ブラックリストにのる」とは、過去の返済滞納や任意整理など、借り入れに対する対応が円滑にできなかった履歴が信用情報機関に記録されることです。

信用情報機関に記録された履歴は、新規のキャッシュカード、クレジットカード作成の審査において重要な情報となります。

過去に金融事故があった人は、事故の詳細が信用情報機関に登録され、審査を通過することが難しくなるのです。

厳密にいうとブラックリストというものは存在せず、「過去に金融に関するトラブルを起こした」、「一連のトラブルが信用情報機関に履歴として残っている」という状態のことを総称してブラックリスト入りと呼ばれています。

信用情報機関に登録された情報は、5年間は有効で、金融事故を起こしてから5年間は他社での借り入れ、新規のカード作成ができない、あるいは、審査に通りづらくなります。

5年経過して、その5年の間に金融事故を起こさなければ、登録された過去の金融事故の情報は消去され、自由に借り入れ、カード作成が可能になるのです。

アコムで過払い金請求をしてキャッシュワンの返済残高が相殺された際、キャッシュワンの残高が完済できない場合には任意整理扱いとなります。

そのため、アコムで過払い金請求をした際、どれくらいの金額が回収できるのか事前に計算して知っておくと、任意整理扱いされる心配は解消されます。

ブラックリストにのらないためにアコムの過払い金を計算する

アコムに過払い金請求をする場合、いくら過払い金が発生しているかを計算して具体的に数字を出さなくてはいけません。

過払い金の計算は、アコムの過去の利用履歴がわかれば、自分でも計算することが可能です。

過払い金の計算方法を以下から説明します。

[rank]

アコムから取引履歴を取り寄せる

アコム利用で発生したと思われる過払い金の計算をするには、計算材料として「取引履歴」が必要です。

取引履歴とは、過去にアコムなどの貸金業者から借り入れをした記録が記載されているものです。

アコムを過去に利用した場合、取引履歴には過去の借り入れした際の利率、借り入れと返済の金額や日時など、アコムと利用者の一連の取引の詳細がすべて記載されています。

アコムの取引履歴の取り寄せ方法は、アコムの店頭へ直接行って店員に取り寄せをお願いする、あるいは、お客様相談センター(0120-07-1000)へ連絡をして取り寄せをお願いするという2種類があります。

この2種類の方法で過払い金計算をするうえで重要な取引履歴が入手できるのです。

取引履歴は、店頭の窓口で受け取る場合は2時間ほど、電話での取り寄せを依頼した場合は、電話してから郵送で手元に届くまでに2週間ほどの期間がかかります。

過払い金計算ソフトで過払い金を計算する

アコムから過去の利用での取引履歴を入手したら、次は履歴をもとに過払い金がいくら発生しているか計算に移行します。

過払い金計算をするには、専用の利息計算ソフトを使用すると複雑な計算を簡単におこなうことが可能です。

計算ソフトは、インターネット上でダウンロードでき、エクセルが使用可能なネット端末があれば使用することができます。

ソフトの製作会社のHPでダウンロードは可能で、HPに具体的なダウンロード方法および使用方法が記載されているので、しっかりと目を通すことが大切です。

代表的なソフトは、名古屋消費者信用問題研究会の名古屋式、アドリテム司法書士法人の外山式、TDONの引き直し計算ソフトなどがあり、どのソフトも基本的には似たような方法で使えます。

使用方法は、取引履歴に掲載されている履歴を指定されたスペースに入力するという方法です。

借り入れと返済した金額や日時、当時の利率(アコムの場合は最大利率27.375%)など、間違いのないように入力しましょう。

入力をすませれば、あとはソフトが自動的に計算をおこなってくれます。

司法書士や弁護士に相談の際は必ずキャッシュワンの借入があることを伝える

弁護士や司法書士など専門家にアコムへの過払い金請求の依頼する際、専門家に伝えなくてはいけない大事なことがあります。

それは、キャッシュワンの借り入れがある場合、借り入れがあるのを報告することです。

専門家に依頼した場合、専門家は依頼人の過去の借り入れの履歴を細かく調べてから、過払い金請求の一連の作業にはいります。

しかし、専門家でもアコム以外の借り入れがあることを見落とすこともあります。

専門家に相談をする際は、最初にキャッシュワンでの借り入れがあることを報告しなければいけません。

事前に、キャッシュワンでの借り入れがあるかどうかを専門家が把握していれば、過払い金請求の対応も異なります。

キャッシュワンの返済残高によって、アコムの過払い金回収でキャッシュワンの返済残高が完済できるかできないかの違いが出ます。

返済できないと任意整理扱いとなりブラックリスト入りする可能性が出てくるので、過払い金請求をする前に借入残高を減らすなどのブラックリスト入り防止の対応ができるのです。

[rank]

キャッシュワン以外の三菱東京UFJ銀行(MUFGグループ)への影響

アコムが所属している三菱UFJフィナンシャルグループ(MUFGグループ)は、キャッシュワン以外にも数々の金融に関する業者・ブランドを抱えています。

そのため、キャッシュワン以外の貸金業者から借り入れをしている場合、アコムの過払い金請求に影響は出ないのかと不安になっている人もいることでしょう。

MUFGグループ所属の貸金業者・ブランドは、アコムの過払い金請求に影響をおよぼすかどうか、以下から説明します。

バンクイック

バンクイックは、キャッシュワンと同様にアコムが保証会社となっています。

しかし、キャッシュワンと違い、バンクイックのキャッシング利用で返済残高があっても、アコムへの過払い金請求には影響はありません。

三菱東京UFJニコス

三菱東京UFJニコスは、アコムと同じグループに所属していますが、別会社なのでアコムの過払い金請求には影響はありません。

モビット

モビットは、以前まで三菱東京UFJ銀行系列の三井住友銀行グループが合弁出資をおこなっていました。

しかし、2012年からは三井住友銀行グループがカードローン事業を継承するようになったため、アコムの過払い金請求には影響はありません。

三菱東京UFJ銀行での住宅ローンへの影響

カードローンと住宅ローンは、同じローンでも別物としての位置付けであるため、アコムへの過払い金請求には影響はありません。

そのため、現在住宅ローンの支払い途中である、あるいは、これから新規の住宅ローンを組む場合でも、過払い金請求は関係ないのです。

それでも、アコムへの過払い金請求をしつつ新たに住宅ローンを組む際に不安な場合は、三菱UFJ以外の銀行でローンを組むといいでしょう。

キャッシュワンに返済中の方でアコムに過払い金請求する人は司法書士や弁護士に相談

借り入れの返済、そして、アコムへ過払い金請求と、この2つを同時におこなうと任意整理扱いとなり、信用情報機関に金融事故として登録される可能性があります。

そのような「ブラックリスト入り」をしないためには、過払い金がいくら発生してどれくらいの金額が回収できるかを、事前に計算して把握することが必要です。

それにより、回収できた過払い金で返済中の借り入れ金額を完済できるかどうかがわかります。

過払い金がいくら発生しているかを計算するには、複雑な計算をおこなわなくてはいけないので、法律の専門家である弁護士や司法書士の事務所に相談することが良い方法です。

過払い金に関する相談や過払い金の計算などを無料で担当してくれる事務所もあるので、ひとりで過払い金について悩むよりも、まずは専門家に相談することが良いでしょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事