三菱UFJニコスの過払い金請求はリスクが多い?意外な落とし穴と回避する方法

三菱UFJニコスの過払い金請求はリスクが多い?意外な落とし穴と回避する方法

借金返済が困難になった人へおすすめしたいのが「過払い金請求」という手段です。

しかし、「過払い金請求ってよくCMでみるけどリスクはないの?」「過払い金請求って絶対に損しないの?」と不安を抱いている人も多いでしょう。

確かに、過払い金請求は必ず成功するとは限りません。

事前に知っておかなければ後悔するリスクもあります。

あらかじめリスクを学んでおき、確実に過払い金を取り戻しましょう。

ちなみに、ニコスへの過払い金請求は一度しかできません。過払い金請求を却下されてしまうと、「個人再生」「自己破産」など、より生活に影響のある手段を選ぶことになります。

それだけに、請求時には周到な準備が必要とされます。

リスクを回避して最善の方法で過払い金を取り戻しましょう。

ニコスから過払い金が返ってこなくなるリスク

過払い金請求の時効が成立する

過払い金請求は、完済してから10年を過ぎると時効が成立して過払い金請求できなくなります。

司法書士や弁護士や弁護士であっても時効が成立後に過払い金を回収することはできません。

そのため、完済した借金がある人は、早い段階で「金利は正しかったか」「過払い金は発生していないか」を確認しておくのがおすすめです。

ニコスに返済中の人も完済した人も、等しく過払い金請求は認められています。

一度、過払い金が自分に発生していないかを詳しく調べてみると時効のリスクは軽減するでしょう。

万が一、過払い金が発覚すれば、過払い金請求の準備に入ります。特に完済した借金については、時効との戦いとなるために急いで手続きを済ませるようにしましょう。

貸金業者が倒産する

貸金業者が倒産すると過払い金請求できなくなります。

過払い金請求とは「債務者から債権者に請求する」のが鉄則であり、倒産によって債権者がいなくなってしまうと、請求先もなくなってしまうのです。

小規模の貸金業者であるほど、請求前に倒産する恐れは高くなるでしょう。

しかし、ニコスは三菱UFJフィナンシャル・グループであり経営が安定しています。

倒産する心配はまずないので、正しく過払い金を請求すれば返還される可能性は高いといえます。

ニコスから返ってくる過払い金が少なくなるリスク

過払い金の計算を間違える

過払い金の計算は非常にむずかしい作業です。

それでいて、計算を間違えると過払い金が少なくなったり、ニコスに過払い金請求を断られたりする可能性があります。

大前提として、ニコスは過払い金を積極的に返還したいとは考えていません。

債務者側で過払い金をしっかり提示しないと、いくらでも反論をしてきます。

正確性を重視するなら、債務者自身でおこなった計算結果はあくまで目安にして、司法書士や弁護士に正確な過払い金の額を計算してもらうのがおすすめです。

過払い金の調査や計算が無料の事務所もあるので、相談で訪れたときに詳しく確かめましょう。

ニコスとの和解交渉で言いくるめられる

ニコスは過払い金請求の交渉に慣れています。

法律の知識は十分に備えているうえ、債務者との交渉を何度もおこなってきたノウハウがあります。

交渉の相手が過払い金請求に関する知識をもっていない素人だと、ニコスに有利な条件で和解させられてしまうでしょう。

ニコスは自分たちに都合のいい条件をさも「常識である」といった風に提示してきます。

そして、多くの素人はニコスの言葉を鵜呑みにしてしまい、反論もできないまま交渉を終えているのです。

司法書士や弁護士に支払う費用が高すぎる

債務者がニコスとの交渉を有利に運ぶには、司法書士や弁護士に依頼するのが基本です。

しかし、依頼したときの費用、成功報酬を懸念して、自力で交渉に挑んでしまう債務者も少なくありません。

司法書士や弁護士に依頼した場合の過払い金請求にかかる費用は、日本司法書士連合会や日本弁護士連合会によって上限が定められています。

基本的には法外な費用を請求されません。

一方で、中には上限を超える報酬を設定したり、よくわからない手数料などで費用を多くとろうとしたりする事務所もあります。

こうした悪徳事務所を避けるには、本格的に依頼する前に費用を詳しく聞いておきましょう。

法律事務所のホームページで料金表を確認するのも効果的です。

司法書士や弁護士の対応方針による影響

過払い金請求には裁判をして解決する方法と、話し合いによる交渉(任意交渉)があります。

裁判をすれば過払い金が戻るまでにかかる期間は長いものの、返還率は高くなります。

一方、任意交渉は和解までのスピードこそ速いですが、返還率は低くなりやすいのがデメリットです。

司法書士や弁護士は事務所によって得意とする対応が違うため、任意交渉での解決を好んだり、逆に、裁判での解決を得意としたりするタイプに分かれます。

その結果、事務所の意見に振り回されて自分の意見を見失ってしまう債務者も珍しくありません。

こうしたトラブルを避けるためには、自分の要望に合わせた事務所に依頼することが重要です。

事務所を訪れる前に「裁判をしたい」のか「任意交渉をおこないたい」のか、債務者自身の方針を固めておきましょう。

裁判を希望しているなら「裁判をしてくれるのか」と事務所側に質問します。

そして、自分の要望を尊重してくれる事務所かどうか見極めましょう。

ニコスへの借金や過払い金請求がバレるリスク

ニコスに過払い金請求をしたい債務者の多くが誰にもバレたくないと考えています。

借金を家族に黙っている人もいますし、会社によっては、借金苦におちいっている社員にきびしい目を向けるところもあるでしょう。

しかし、過払い金請求によって秘密にしていた借金が周囲に知れ渡ってしまう可能性が生まれるのも事実です。

バレる理由はどこにあるのか、そして、バレずに過払い金請求をするにはどうすればいいのかを学び、手続きに役立てましょう。

家族や職場にバレる理由

ニコスからの督促状や書類の郵送、または電話によってバレるケースは珍しくありません。

過払い金請求をおこなうとニコスとの交渉が始まります。

また、もろもろの業務連絡も頻繁に送られてきます。

仮に裁判をするならば、裁判所からの連絡(郵送や電話)も避けられないでしょう。

司法書士や弁護士に依頼すれば、ニコスや裁判所から直接連絡が来ることはなくなります。

ただし、今度は司法書士や弁護士に事情を話さなければ、彼らからの連絡が来てしまうでしょう。

バレないようにする対策

過払い金請求を自分でする場合はバレる可能性が高くなります。

秘密のまま手続きを終えたいなら、司法書士や弁護士に依頼して事情を話し、配慮してもらうのが賢明です。

法律事務所に依頼することで、ニコスや裁判所からの連絡はすべて司法書士や弁護士にいきます。

司法書士や弁護士には事前に、秘密にしたいと伝えておけば、郵送物の差出人名や連絡先を工夫してくれます。

たとえば、「法律事務所から来た」と分からないような差出人名にしたり、電話をかけるときに事務所ではなく個人名を名乗ったりしてくれるので、周囲に勘付かれにくくなるでしょう。

ニコスから新たな借入ができなくなるリスク

過払い金請求をすると所持しているニコスカードが解約になる

過払い金請求には防げないリスクもあります。貸金業者は過払い金請求によって損失を出すため、請求者とは二度と取引をしたいと考えません。

つまり、ニコスに過払い金請求をすると、ニコスカードが自動的に解約となるので、ニコスから新たな借入はできなくなります。

また、日本信販・マイベスト・DCカードはニコスと合併しているので、これらのカードも解約を避けられません。

事前に理解しておき、過払い金請求をおこなってからパニックにならないようにしましょう。

他の貸金業者であれば利用できる

解約となるのはニコスだけなので、他の貸金業者であれば利用できます。

過払い金請求や任意交渉は債務整理の中でも信用情報に傷がつきにくい方法です。

そのため、ニコスとの経緯が他社に知られる可能性は低く、たとえ知られても問題視しない貸金業者は少なくありません。

過払い金請求後にニコスカードは作れるか

過払い金請求をしても、「どうしてもこの会社のカードを使い続けたい」という債務者もいるでしょう。

過払い金請求した後にもう一度ニコスと契約できるかは、借入していた時の返済状況が重要です。

滞納や延滞をせずに優良顧客として認められていれば再契約できる可能性も出てきます。

ただし、滞納や延滞をしていると再契約は困難です。

返済状況が芳しくなかった顧客は、過払い金請求の有無にかかわらず、ニコス側からの評価を落としているからです。

ニコスから再契約を断られてしまった人は、ニコスにこだわらず、他の貸金業者をおすすめします。

クレジットカードが使えなくなるリスク

他社のクレジットカードには影響なし

過払い金請求をおこなっても、基本的に他社のクレジットカードへの影響はありません。

所持している他社のクレジットカードは利用し続けられます。

ただし、ブラックリスト入りするなど、その他のリスクについてはしっかりと学んでおきましょう。

過払い金請求後にクレジットカードは作れるか

ニコスに過払い金請求をすると、ニコスのクレジットカードを再契約できるかどうか確実ではありません。

一方で、他社のクレジットカードには影響がないので問題なく契約を結べます。

過払い金請求をした後であっても、クレジットカードは作れるでしょう。

ただし、滞納や延滞があると話は別です。借金を滞納した人の情報は貸金業者の間で共有され、契約の手続きをおこなう際にチェックされます。

ニコス以外の貸金会社であっても、ニコスに対しておこなった滞納や延滞の記録は確認できてしまうのです。

貸金会社が契約者に求めるのは「返済能力」であるため、過去にトラブルを起こした人と契約は結んでくれません。

そのため、高確率でクレジットカードをすぐには作れなくなるでしょう。

ブラックリストにのるリスクがある

「ブラックリストにのる」とは「信用情報機関」の「個人情報」にネガティブな履歴が残ってしまう状況を指す言葉です。

借金を完済したうえで過払い金請求をおこなったら、ブラックリストにのることはありません。

また、返済中でも過払い金で完済できればブラックリストにはのらないでしょう。

しかし、注意しなければブラックリストにのるリスクが出てきます。

ブラックリストの基準を知るために、下記の内容をしっかり把握して過払い金請求をおこないましょう。

ニコスに返済中で過払い金が借金より少ないとブラックリストにのる

過払い金が返済中の借金よりも少ないと、任意整理になるのが一般的な流れです。

任意整理ではニコスと借金の減額を交渉し、返済可能な条件を再締結します。

そのかわり、任意交渉はブラックリストにのる確率が高くなってしまうのがデメリットです。

また、たとえ過払い金が返ってきたとしても、すぐに借金が完済できるわけではないので注意しましょう。

過払い金の計算を正確におこなっておけば、過払い金で借金を完済できるかどうかが判断できます。

しかし、素人が計算するには複雑すぎて、過払い金請求の手続き全体が遅れてしまうのはよくある話です。

過払い金の計算は、作業に慣れている司法書士や弁護士に依頼するのが正確でスムーズなのでおすすめです。

日本信販・マイベスト・DCカードに借入を返済中の場合

日本信販・マイベスト・DCカードはニコスと合併している会社です。

ニコスに過払い金請求をすると日本信販・マイベスト・DCカードからの借入に影響があります。

過払い金が返ってくると、日本信販・マイベスト・DCカードの返済にあてるのが通常の流れです。

しかし、過払い金が日本信販・マイベスト・DCカードの借入よりも少ないと任意整理となりブラックリストにのってしまいます。

過払い金請求をする前に日本信販・マイベスト・DCカードの返済額を確認しておきましょう。

そのうえで、完済できるようであれば過払い金請求の手続きに踏み切ります。

ブラックリストにのるとどうなる?

任意整理でブラックリストにのると約5年間はニコスだけでなく他の貸金業者からも新たな借入ができません。

しかも、他社のクレジットカード作成やローンの審査も通らなくなります。

任意整理だけでなく、滞納や延滞をしてきた人もブラックリストにのります。

滞納や延滞でブラックリスト入りした場合、借金を完済させるまでのり続けるのが基本です。

今後の生活でダメージを負いたくないなら、任意整理を避けるのもひとつの方法です。

一方で、ブラックリストにのったとしても借金を減らした方が良いケースもあります。

借金を返済するために新たな借金をしていると一生返し終わりませんし、雪だるま式に借金は増えていきます。

苦しい借金生活を続けるくらいなら任意整理をして、借金に頼る生活から抜け出すことも重要です。

ブラックリストにのれば新たな借金の契約もできないので、逆をいえば多重債務の連鎖は終わります。

ブラックリストもプラスに考えることは可能でしょう。

まずは司法書士や弁護士に過払い金がいくらあるか相談してみる

過払い金請求をするにあたって、まずは自分の過払い金を確認することが重要です。

司法書士や弁護士に相談して過払い金の計算をしてもらいましょう。

専門家に任せると過払い金計算の精度が上がるだけでなく、スピードも信頼できます。

過払い金請求には貸金業者が発行してくれる「取引履歴」が不可欠ですが、専門家が取引履歴を請求すると、債務者が請求するよりも早く手元に届くからです。

過払い金の額を確認したら、起こりえるリスクは何もかも司法書士や弁護士に質問します。

手続きをしてからリスクについて考えるのではなく、事前に対策をしていればノーリスクで過払い金を取り戻すことも十分に可能です。

その道のプロのサポートを得て、過払い金請求は確実に成功させましょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事