【最短3ヵ月?!】アコムの過払い金請求にかかる期間の目安

【最短3ヵ月?!】アコムの過払い金請求にかかる期間の目安

アコムに対して過払い金請求をしようと考えている人のなかには「過払い金請求をするとどれくらいでお金が戻ってくるの?」といった疑問を持っている人や、「早くお金が欲しい!」と考えている人も多いでしょう。

過払い金請求にかかる期間は、どのような解決方法を選ぶのかによって異なってきます。

たとえば、アコムとの話し合いによる交渉で和解を目指す任意交渉の方法をとるのか、裁判を提起して判決を得て解決しようとするのかによって必要な期間は異なります。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

また、自分で請求を行うのか司法書士や弁護士に依頼して請求を行うのかによっても返金を受けるまでの期間は異なるのです。

ここでは、過払い金請求の方法によって異なる期間について説明し、請求にあたって重視するポイントによって異なってくる解決方法について解説します。その前に体験談を記載しておきます。

利息の3分の1超を占める過払い金を弁護士を通して請求

  • 年齢:40代
  • 職業:会社員
  • 性別:男

市民税や健康保険料を用意できなくて困っていたとき、サラ金から高額の借入をしました。税金や保険料は延滞金も含めて70万円に達しており、それの支払いをするためです。借金をしたので税金と保険料は完納できましたが、今後はローンの返済に悩まされることになります。もともと納税が厳しいほどの家計でしたから、ローンを完済するだけの能力がありません。そこで元金を払わずに利息だけ払い続けるという選択肢を選んだのです。ただこの方法だと永久に完済できませんから、いつかは弁護士に相談する必要があると感じていました。

そんな自分を後押ししてくれたのが、地元で開催された借金の無料相談会でした。相談には1円も費用がかからないとのことで、思い切って相談を決めたのです。そこで弁護士から言われた言葉は、借金の返済をしなくていいという内容でした。なんと支払いした利息の3分の1超が過払い金だと言うのです。これらをすべて回収すれば80万円を超えるので、借入残高はすべて相殺できると言われました。弁護士への依頼料は後払いでよいと言われたので、借金相談後にその場で契約しました。それから2~3ヶ月経過したころに、86万円という過払い金が返還されたのです。

過払い金請求で、すでに完済済みの借金も請求できました。

  • 年齢:30代
  • 職業:会社員
  • 性別:男

私は10年以上前にブランドバッグにはまってしまい、2社の消費者金融に借金をしていました。1社は完済しましたが、まだ月々3万円ほどの借金が残っていました。転職して収入が少なくなってしまったので、毎月の返済が厳しくなる一方だったのです。コマーシャルで、借金を減らす方法があるというのを聞き、自分の借金が少しでも少なくなればいいと思い弁護士事務所に相談しました。

弁護士の先生から、今支払っている借金だけでなく、すでに完済した借金にも過払い金が発生しているから早く過払い請求したほうがいいいと助言を受け、早速過払い金の請求をすることにしたのです。2社とも和解が成立したので、過払い金元本の80パーセントの金額を取り戻すことができました。自分の手元に残ったのは、40万円近い金額です。金銭的に厳しい時期でしたので、過払い金が4ヶ月程度で戻ってきたのはとても助かりました。過払い金が発生しているかどうかは、弁護士事務所に相談すればすぐにわかります。過払い金請求しても長期化することがあるので、できるだけ速やかに請求することが大切です。私は訴訟で長期化することを避け、和解をして弁護士費用を払っても十分な金額が残ったので満足しています。

アコムの過払い金請求にかかる期間の目安

過払い金請求にかかる期間は、最短で3カ月程度、長いと1年以上かかることもあります。

ただし、この期間はあくまでも目安ですから参考程度だと考えてください。

実際の過払い金請求では、借り入れ状況や返済状況によってアコムとの交渉が難航する場合があります。

また、裁判でも多くの争点があれば判決まで相当な時間がかかる場合があるのも事実です。

もっとも、過払い金請求の内容によっては目安の期間よりも短い期間で解決に至る場合もあります。

[rank]

過払い金請求後にアコムから過払い金が入金されるまでの期間の目安

過払い金請求をして和解が成立後、また裁判で判決が出た後にアコムから過払い金が入金されるまでの期間は2~3カ月程度です。

この期間は、和解の内容や裁判の判決内容によって異なりますので、あくまでも目安です。

過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼した場合は、アコムからの返金は事務所の口座に一旦入金されるのが通常です。

そこから事務所に支払う報酬の分が差し引かれて、残りが依頼者に返金されます。

過払い金請求で返金の内容が決まるまでの期間は最短で3カ月程度ですので、実際の返金が行われるまでの最短期間は5カ月程度となります。

アコムへの過払い金請求を自分でするか司法書士や弁護士に依頼するか

アコムへの過払い金請求は自分自身で行うこともできますが、司法書士や弁護士に依頼して行うこともできます。

このどちらを選ぶのかによって、解決するまでの期間は異なります。

自分で過払い金請求をした場合には、任意交渉だと和解に至るまでの期間は最低でも5カ月はかかります。

一方、司法書士や弁護士に依頼して任意交渉を行う場合には最短で3カ月程度というのが目安です。

そして、裁判で過払い金請求を行う場合、自分で裁判を行うと最低でも7カ月程度の期間が必要です。

司法書士や弁護士に依頼して訴訟を行ってもらえば、5カ月程度で解決できる場合もあります。

したがって、早期の解決を目指すなら司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼するのが得策で、実際多くの人がアコムの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼しています。

[rank]

自分でするのと司法書士や弁護士に依頼した場合にかかる期間が変わる理由

司法書士や弁護士に依頼したほうが、自分で過払い金請求をするよりも早期に解決できる理由にはいくつかあります。

まず、過払い金があるかどうか、その金額がいくらになるのかの調査は、経験のある司法書士や弁護士の方が素人よりも圧倒的に短期間で行えます。

専門家であることから知識を備えているため、手続きに必要な書類の準備にかかる時間も短くて済みます。

また、発生している過払い金の金額を正確に計算することも、素人では時間がかかりますが司法書士や弁護士であれば非常に短期間に行うことができます。

任意交渉においても、経験のある司法書士や弁護士であればアコムがどのような交渉態度を取るのかを予測できます。

その予測に基づいて交渉を進めることができるので、任意交渉の期間も短くできるのです。

特に、過払い金請求の実績が多い司法書士や弁護士であれば、アコムもその実力を知っているため交渉が前に進みやすいということもあります。

このように、司法書士や弁護士には一般の人にはない交渉力があるため早期の解決が望めるのです。

さらに、過払い金請求の裁判では、司法書士や弁護士の専門的な法律知識や有利な訴訟の進め方、経験に基づく交渉力がものをいいます。

したがって過払い金請求の裁判も司法書士や弁護士に依頼したほうが早期解決に至るのです。

話し合いによる交渉で和解するか裁判をして解決するか

過払い金請求について司法書士や弁護士に依頼した場合、任意交渉による和解で解決に至るまでの期間は最短で3カ月です。

また、裁判で解決する場合は最短で5カ月となります。

過払い金請求のすべてを自分自身でする人もいますが、ほとんどの人は裁判をする場合には司法書士や弁護士に依頼しています。

任意交渉の段階までは自分で過払い金請求をしていた人のなかには、裁判を提起する段階になると司法書士や弁護士に依頼するという人もいます。

[rank]

話し合いによる交渉は解決スピード重視、裁判は金額重視

任意交渉のほうが裁判よりも過払い金請求の解決に至るまでの期間は短くなりますが、裁判での解決のほうがアコムから返ってくる過払い金の額は多くなります。

アコムの任意交渉での過払い金返還額は、発生している過払い金総額の80パーセント程度であり、100パーセントの返還に応じることはありません。

一方、裁判の判決を得れば、発生している過払い金の100パーセントに加え、過払い金発生時からの利息も回収することが可能です。

しかし、司法書士や弁護士によっては早期解決をモットー―として裁判をしないことにしている事務所もあります。

したがって、過払い金の返還額を多くしたいのであれば、裁判をすることも視野に入れている司法書士や弁護士に依頼しなければなりません。

アコムの過払い金請求の手続きの流れとかかる期間

ここで、過払い金請求の手続きの流れを説明しましょう。

過払い金請求の手続きは、自分自身で行う場合も司法書士や弁護士に依頼する場合でも基本的に同じです。

ただ、自分で行う場合には当然すべてを自分自身で行わなければなりませんが、司法書士や弁護士に依頼をすればすべての手続を任せてしまうことができます。

1.取引履歴をアコムから取り寄せる

過払い金請求をするには、過払い金の有無を確認したり、過払い金の金額を計算したりしなければなりません。

そのためには借り入れや返済の状況に関する正確なデータが必要となります。

このデータは、アコムから取引履歴を取り寄せることで把握することができます。

取引履歴とは、借り入れをした際の利率、借り入れ金額や日付、返済金額や返済日などが記録されているものです。

貸金業法第19条の2は、貸金業者に顧客の取引履歴を保管し、顧客から開示請求があればこれに応じなければならないという義務を定めています。

したがって、アコムに請求すれば取引履歴の開示を受けることが可能です。

アコムから取引履歴を取り寄せる方法には、有人店舗の窓口に行って直接受け取る方法と、お客様相談センターに電話して郵送してもらう方法があります。

お客様センターの問合せ先は、アコムの公式サイトに提示されている0120-07-1000です。

取引履歴を請求するには、アコム所定の申請書と本人確認書類の提出が必要です。

発行手数料は基本的に無料となっています。

また、取引履歴を受け取るまでにかかる時間は、窓口での受け取りであれば2時間程度、郵送での受け取りの場合は2~4週間程度かかります。

[rank]

2.過払い金の計算(引き直し計算)をする

取引履歴を取り寄せたら、その情報をもとに過払い金の計算をします。

問題となっている借金を、利息制限法の上限金利で計算し直して過払い金の金額を算出することを「引き直し計算」と呼びます。

引き直し計算には複雑な金利計算が必要なため、通常はパソコンを使って行います。

インターネット上では無料の利息制限ソフトが公開されており、その多くはエクセルのテンプレートを利用しているため、エクセルの使えるパソコンがあれば引き直し計算を行えます。

利息計算ソフトはデータを入力しさえすればすぐに計算結果がわかるため、慣れている人であれば引き直し計算は数時間で終わります。

しかし、過払い金請求や利息計算の知識がない人が行う場合には、時間がかかるのはもちろん、間違った内容を入力するなどして間違った計算結果となることがあるので注意が必要です。

引き直し計算を間違えると返還される過払い金の額が少なくなってしまう場合や、計算間違いを指摘されてアコムから過払い金請求を断られてしまう場合もあります。

したがって、引き直し計算は誤りのないように細心の注意を払っておこなわなければなりません。

引き直し計算の結果は引き直し計算書に記載し、過払い金請求書とともにアコムに提出することになります。

3.アコムへ過払い金返還請求書を送る

引き直し計算によって過払い金の金額がわかったら、アコムに過払い金返還請求書と引き直し計算書を内容証明郵便で送付します。

内容証明郵便は、「いつ・だれが・どこに・どんな内容で」手紙を出したのかを日本郵便株式会社が証明してくれる郵便です。

内容証明郵便を送れば、アコムが「過払い金返還請求書なんて届いていない」と言い逃れすることはできません。

確実に請求を行ったことを後日証明できるため、過払い金返還請求書の送付には内容証明郵便を利用するのです。

過払い金返還請求書に記載する事項は以下のとおりです。

  1. 日付
  2. アコム株式会社
  3. アコムの代表名
  4. 自分の名前
  5. 自分の住所
  6. 自分の連絡先電話番号
  7. 自分の振込口座名
  8. 自分の口座番号
  9. 過払い金の返還を求める意思を表示する文言(例「利息を引き直し計算した結果、○○円の過払い金があることが判明したので返還の請求をする」という内容を記載)
[rank]

4.アコムの担当者と電話等で話し合いによる交渉(任意交渉)

アコムに過払い金返還請求書が届いたら、アコムから話し合いによる交渉の連絡がきます。

交渉する内容は、請求した過払い金に対する返還率、返還日、支払い方法などです。

アコムからの提案に納得ができるのであれば過払い金の返還に進みますが、納得できず話し合いも前に進まないなら訴訟を提起して解決を目指すしかありません。

5.過払い金請求返還訴訟の提起(裁判)

任意交渉では話し合いがまとまらず和解に至らない場合には、裁判を起こすしかありません。

訴訟を提起する際には、裁判所に対して訴えの内容を述べた訴状や証拠説明書、取引履歴や引き直し計算書、過払い金請求をする貸金業者の情報が書かれた代表者事項証明書(登記簿謄本)を提出することが必要です。

裁判が始まると月1回のペースで口頭弁論が開かれます。

自分で訴訟を行う場合には、口頭弁論の日には法廷に出廷しなければなりません。

裁判は平日に開かれるため、仕事をしている人は休みを取らなければならないことも多いでしょう。

ただ、自分で任意交渉を行っていた人であっても、裁判を提起することになると司法書士や弁護士に依頼をする人も多いのが現実です。

司法書士や弁護士に依頼すれば、訴状や証拠説明書の作成、出廷なども含めすべて任せることができます。

裁判が始まると必ず判決を得て解決しなければならないというわけではなく、アコムとの間で話し合いによる交渉も続きます。

訴訟提起前には強硬だったアコムも、裁判が始まると態度が軟化して大幅な譲歩をしてくることが少なくありません。

和解に至るか勝訴判決を得れば、過払い金の返還が決まります。

6.和解または判決で勝訴することでアコムから過払い金が返還

裁判で勝訴判決を得るか、話し合いによる和解が成立すれば過払い金は返ってきます。

判決や和解の成立から実際に過払い金が返還されるまでの期間は2~4カ月が目安です。

ただ、この期間は判決や和解の内容によって左右されるので、あくまで参考程度の期間と理解してください。

司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼している場合は、返還される過払い金は一旦事務所の口座に入金されます。

その中から事務所への報酬分が引かれた残額が依頼者の口座に入金されるというのが通常の流れです。

アコムから過払い金を早く回収したいのか多く取り戻したいのかが重要

アコムに対して過払い金請求を行う際には、少しでも早く過払い金を取り戻したいのか、時間がかかっても戻ってくる過払い金の金額にこだわるのかによって、とるべき手段が異なります。

任意交渉による和解であればスピード解決は可能ですが、返還される過払い金の額は少なくなってしまいます。

一方、裁判をすれば過払い金の100パーセント回収も可能で、さらに過払い金発生時から5パーセントの利息を付して返してもらうことも可能です。

戻ってくる過払い金の金額に関しても、解決までの期間に関しても、司法書士や弁護士に依頼するほうが自分で過払い金請求を行うよりも有利です。

過払い金請求の知識や経験の豊富な司法書士や弁護士は、貸金業者との交渉力、裁判を有利に進めるための法的な知識などを持っています。

過払い金請求を考えるなら、司法書士や弁護士にまずは相談するのがおすすめです。

司法書士や弁護士に依頼する際には自分の要望をはっきり伝えることが大切です。

少しでも早く解決したいのか、それとも時間はかかっても少しでも多く過払い金を取り戻したいのかをはっきり伝えましょう。

そうすれば、司法書士や弁護士が最適な手段を適切に選んでくれます。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事