過払い金の計算方法、過払い金を請求するときの目安

過払い金の計算方法、過払い金を請求するときの目安

過払い金請求をする際はまず、過払い金が現在いくらあるのかを知る必要があります。過払い金の金額を知るためにまず一番に必要となるのが、過払い金の計算です。

これまでにいくらの過払い金が発生しているのかを割り出し、その金額を貸主側に請求することになります。この計算は、引き直し計算と呼ばれ、過払い金として請求する金額を確かめる、とても重要な計算です。

引き直し計算をする際には、以下の情報が必要となります。

・いつ、幾ら借りたのか ・いつ、いくら返済したのか ・返済の際に、利子をいくら支払ったのか ・(完済している場合)いつ完済したのか

アコムの過払い金は過払い金回収額No1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これからアコムに過払い金請求をしようと思っている方は、アコムに過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。過払い金の回収額がNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

過払い金の計算には取引履歴が必要

上記のような過去の借り入れに関する詳細な情報をすべて完璧に記憶している人は居ないでしょう。過払い金請求には確実な情報が必要となりますので、過払い金の引き直し計算の際には貸金業者との取引履歴が必要となります。

取引履歴とは、貸金業者が把握している、お金を借りる側の人とのこれまでのお金の貸し借りの記録がすべて記録されたものです。これは、お金を借りている人の権利として貸金業者か側に請求し、取得することが可能であるとされています。過払い金請求をする際はまず、貸金業者に連絡をし、取引履歴を送ってもらいましょう。

ですが、当然の権利とはいえ取引履歴を取り寄せる際に、「何のために使いますか」などと聞かれても、「過払い金請求をするため」と答えるのはやめておきましょう。

過去には、「過払い金請求するために取引履歴を下さい」と申し出た人に対して、貸金業者側が取引履歴の開示を拒否をするという事案が多く報告されていました。

現在は取引履歴を請求された場合開示しなければならないということが厳格化されているので、拒否される事案はそこまで多くありません。ですがわざわざ請求するための理由を述べる必要もありませんので、目的は言わなくて良いと言えるでしょう。

アコムの過払い金は過払い金回収額No1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これからアコムに過払い金請求をしようと思っている方は、アコムに過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。過払い金の回収額がNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

取引履歴をもとに引き直し計算をする

取引履歴を手に入れることができたら、それをもとに、「引き直し計算」と呼ばれる計算を行います。これは言葉通り、過去に実際支払った利息から、本来支払うべきだった額を引き、その差額=過払い金を計算する方法です。

単純な計算ではあるものの、1つ1つ手動で計算していくのは骨が折れる作業です。 インターネットで「引き直し計算 ソフト」などで検索すると、無料で引き直し計算が簡単にできるソフトを利用することができますので、自分で計算する場合にはぜひ利用してみましょう。

また、より確実かつ効率的なのは、弁護士や司法書士などの専門家に依頼することです。過払い金請求を依頼すると費用が必要になりますが、引き直し計算のみの場合、無料サービスをしている弁護士や司法書士も少なくありませんので、ぜひ利用してみましょう。無料で引き直し計算をしてもらった後、過払い金請求を続けて依頼することも可能です。

アコムの過払い金は過払い金回収額No1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これからアコムに過払い金請求をしようと思っている方は、アコムに過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。過払い金の回収額がNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

引き直し計算をする際の注意点

この計算によって割り出された金額を過払い金として請求することになりますので、ミスが許されません。もし引き直し計算で何か間違いあると判明した場合は、過払い金請求ができなくなってしまったり、請求することができるはずだった過払い金の金額が少なくなってしまうこともあります。

引き直し計算において最も複雑で、気をつけるべき点は、一連取引と分断取引の違いです。これら2つの違いを見極め、しっかりとした根拠をもとに主張することが必要とされます。まず一連取引とは、同じ貸金業者から完済した後ふたたび借り入れをした際に、それら2度の借り入れを同じ流れであり、同じ契約であるとみなす考え方です。

反対に分断取引では、同じ貸金業者から一度めの借金を完済した後に、ふたたび借り入れをした際は、それぞれ別の契約であるとし、一度めの借り入れと、それを完済した後の2度めの借り入れは、別々の取引であるとみなす考え方を指します。

一連取引か分断取引かにより、過払い金として請求することのできる金額が大きく変わることもあります。これらを見極める際には確認すべきポイントは、契約書の有無と、完済から再び借り入れをするまでの期間です。

一度完済した後、2度め、3度めの借り入れをした際に、その都度新たな契約書を交わしていたか否かが判断基準の1つとなります。

最初に一度契約書を交わしたきりで、その後再び借り入れをする際にも、一度めの契約書を引き続き利用した場合は、同じ契約が続いているとみなされ、一連取引であるとされやすいです。 反対に、2度め3度めと借り入れをするたびに新たに契約書を交わしていた際には、1つ1つの借り入れが別の契約であるとされ、分断取引であるとみなされやすくなります。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事