オリコの過払い金請求を司法書士と弁護士に相談すべき

オリコの過払い金請求を司法書士と弁護士に相談すべき

過払い金請求をしたくても、どうやって手続きを進めたらいいのかわからずに悩んでいる人も少なくありません。

どこの事務所に相談したらいいのか、また司法書士・弁護士のどちらが適しているのかわからないといった声も聞かれます。

オリコに過払い金請求をするなら、自分でおこなうこともできますが、多くの人は司法書士や弁護士に依頼しています。

司法書士や弁護士に依頼すれば、諸手続きをすべてお任せすることができるので時間と手間が省けるのが魅力です。

オリコとの交渉もスムーズに進みやすく、自分でやるよりも返ってくる過払い金が高くなりやすいといわれています。

初めての過払い金請求だとわからないことや不安なことがたくさんありますが、正しい知識を身につけながら損をしない手続きを進めていきましょう。

ここでは、オリコの過払い金請求をするうえで司法書士や弁護士に依頼するメリットやデメリット、さらに司法書士と弁護士の違いについて解説します。

また、依頼する事務所の選び方についても説明していきます。

オリコの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼するメリットとデメリット

オリコの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼するメリット

手間と時間が省ける

手続きといっても、必要な書類の準備や裁判などやらなければいけないことはたくさんあります。

すべてを自分でやるとなると時間や手間がかかってしまいます。

まず、貸金業者から取引履歴を取り寄せる手間、取引ごとに引き直し計算をする手間、さらに裁判前の和解交渉など、過払い金請求は多くの手間がかかるのが特徴です。

もし和解交渉で解決できなければ、裁判や強制執行するためにも時間御手間がかかることを頭に入れておきましょう。

これらの手続きに関する手間を自分だけで処理するとなると、時間や労力がいることは明らかです。

仕事や子育てをしている人は、過払い金請求に使える時間も限られているため、スピーディな解決を目指すなら専門家のサポートを受けましょう。

返ってくる過払い金が多くなる可能性が高い

自分で手続きをするとなると、オリコは希望額で和解してくれる可能性が低いと考えられています。

司法書士や弁護士が相手の場合、不当な和解案を提示することもほとんどないので、スムーズに希望する金額が返ってくることが多いのが特徴です。

一度示談に応じてしまうと、再度交渉することや過払い金請求をすることができなくなります。

そのため、安易に示談に応じないように注意が必要です。

あとになって金額に納得できないといったとしても、司法書士や弁護士が相手でも交渉をやり直すことはできません。

オリコに返済中の場合、貸金業者への返済や督促が止まる

貸金業者からの督促に頭を抱えている人も多いことでしょう。

そんなときには、司法書士や弁護士に依頼することで貸金業者による督促や返済を止めることができます。

月々の返済が苦しい人は緊急性が高いので、過払い金請求をするうえで重要なポイントとなるでしょう。

督促や返済を止めることで、生活を立て直すこともできます。

ただし、自分で手続きをした場合は督促や返済をストップさせることは不可能です。

くれぐれも間違えないように注意が必要です。

誰にもバレずにオリコに過払い金請求ができる

家族に知られることなく過払い金請求をしたいと思っている人も多いでしょう。

バレないように手続きを進めるのであれば、司法書士や弁護士に相談することがポイントです。

司法書士や弁護士ならオリコや裁判所からの窓口を引き受けてくれるので、自宅に電話や手紙がくる心配がありません。

また、司法書士や弁護士からの連絡や郵便物も、指定した連絡先や差出人にしてくれるなど配慮してもらうことができます。

電話や郵便物が自宅に直接届くことがないので、家族にバレるリスクを抑えられるでしょう。

オリコの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼するデメリット

メリットが大きい司法書士や弁護士への依頼ですが、ひとつだけデメリットがあります。

自分で手続きをする場合、費用がかかることはありませんが、専門家のサポートを受けるとなると依頼にかかる費用や成功報酬を支払わなければなりません。

つまり、費用が発生するという点が、唯一のデメリットといえるでしょう。

ただし、帰ってきた過払い金から費用を差し引く事務所が多いので、事前に費用を支払う心配はありません。

オリコの過払い金請求を依頼するうえでの司法書士と弁護士の違い

司法書士と弁護士のどちらに依頼するべきか悩む人もたくさんいますが、まずはそれぞれの違いについて知っておくと良いでしょう。

弁護士はすべての過払い金請求に対応できるのに対して、司法書士は債務額によって対応できなこともあるのが大きな違いです。

司法書士が対応できるのは、債務額が140万円を超えない過払い金請求になります。

司法書士は140万円を超えてしまう案件に対しては、代理で交渉(代理訴訟)することができません。

司法書士と弁護士のどちらに依頼するかは、訴訟額がひとつのポイントになります。

しかし、司法書士事務所から弁護士事務所を紹介してもらえることもあるので、どちらに相談しても良いでしょう。

費用の面でいえば、司法書士よりも弁護士のほうが安い費用で対応してくれるところが多いといえます。

弁護士事務所よりも司法書士のほうが費用を抑えられると思われがちですが、実際に裁判や諸手続きにかかる費用を比較してみると、トータル費用が安い弁護士事務所もたくさんあることがわかります。

一方で、弁護士は少額の過払い金だと案件を受けてくれないことも少なくありません。

たとえ少額の過払い金請求を引き受けてくれたとしても、費用が高ければ手元に戻ってくるお金が少なくなることも考えられるでしょう。

損することなく確実に過払い金を受け取るためには、自分の状況に合った司法書士や弁護士を選ぶことが大切です。

ここからは、司法書士や弁護士の選び方について解説していきます。

オリコの過払い金請求を依頼する司法書士や弁護士の選び方

オリコの過払い金請求ができる司法書士や弁護士はたくさんいます。

しかし、依頼する事務所選びを間違えると満足できる過払い金を得るのはむずかしくなるでしょう。

事務所選びは過払い金請求を進めるうえでとても重要なので、事務所を探す際のポイントを押さえておく必要があります。

まずは、知っておきたい事務所選びのコツを紹介していきます。

口コミ・評判や事務所のホームページを見てみる

事務所を選ぶときには、口コミや評判だけで判断せずに事務所のホームページを確認することが大切です。

事務所のホームページでは、得意な業務を前面に押し出していることが多いので、過払い金請求の対応力を見極めることができます。

もし気になる事務所が過払い金請求だけでなく他の業務中心である場合は、もう少しその事務所について調べたほうが良いでしょう。

実績として数字をあげている事務所は、実力がある可能性が高めです。

オリコの過払い金請求の実績があるか確認する

過払い金請求が得意な事務所はたくさんあるので、そのなかでもオリコに対して過払い金請求をしたことがあるかどうかが重要になります。

過払い金請求は貸金業者によって対応力や交渉の難易度に差があります。

そのため、どれだけ他の貸金業者に対する実績があったとしても、オリコへの過払い金請求の経験がなければ不安な面も出てくるでしょう。

ホームページだけでわからなければ、電話で相談した際にいろいろと聞いてみてはいかがでしょうか。

相談の際にかかる費用や期間についての説明してくれる

相談したときに費用や期間がどれくらいかかるのか、さらにオリコへの過払い金請求について詳しく説明してくれるかどうかにも注目しましょう。

また、口コミや評判サイトと事務所のホームページに記載されている金額や内容が違うこともあるので、絶対に確認しておくことがポイントです。

過払い金請求手続きが終わってから、よくわからない費用が引かれていたり返還額が少なかったりといったトラブルを避けるためにも、事前にしっかりリサーチしておく必要があります。

オリコに対して過払い金請求の裁判まですることを考えてくれる

オリコの過払い金請求は、裁判をすることで返還率が高くなる傾向にあります。

自分がスピード解決を求めるのか、もしくは返還額を多くしたいのかを明確にして要望をかなえてくれる事務所であるかどうかを見極めましょう。

最初から裁判をせずに話し合いによる交渉でスピード解決をモットーにする事務所もあるので、ニーズに合っているかどうかしっかりチェックする必要があります。

司法書士や弁護士に依頼した場合にかかる費用と相場

相談料

相談料とは、相談するだけで発生する費用です。

過払い金請求の場合はほとんどの事務所が無料で相談に応じています。

ただし、すべての事務所が無料というわけではなく、5000円ほどの費用がかかるところもあるので、あらかじめ確認しておきましょう。

着手金

過払い金請求の手続きに着手する際には、着手金が発生します。

弁護士事務所ではかかるところが多いものの、司法書士の場合はかからないことのほうが多いでしょう。

着手金の相場は、およそ1万円~2万円となっています。

基本報酬

基本報酬とは、過払い金の調査からオリコとの交渉、さらに過払い金の入金から返金手続きまでの事務手続きにかかる費用を示します。

基本報酬がかからない事務所もありますが、相場は貸金業者1社につき4万円~5万円です。

2社に対して過払い金請求をするとなると、8万円~10万円かかる計算になります。

成功報酬

過払い金が回収できたときに回収額に応じて支払う費用を成功報酬といいます。

裁判なしの場合、司法書士会と弁護士会で成功報酬の上限は20%、裁判ありなら25%と決められています。

成功報酬の相場は、大体上限の20%~25%です。

減額報酬

借金返済中に引き直し計算をおこなった結果、減少した債務額に応じて減額報酬が発生します。

相場は減少した債務額の10%ですが、借金返済中でも過払い金で完済できれば減額報酬がかからない事務所も多いのが特徴です。

その他の手数料や実費

書類の発行手数料や事務手数料、通信費や振り込み手数料など手続きにかかる諸費用も頭に入れておきましょう。

ほとんどかからない事務所もありますが、数万円請求されるところもあります。

依頼する際には、その他の手数料や実費がどれくらいかかるかもしっかり確認しましょう。

オリコの過払い金請求の裁判をした時に必要な費用

収入印紙代

裁判をするとなれば、裁判所に支払う手数料として収入印紙を購入し納付する必要があります。

請求する過払い金が100万円以下の場合は、10万円につき1000円程度、100万1円~500万円の場合は20万円につき1000円ずつ高くなっていく仕組みです。

郵券代(予納郵券)

聞きなれない費用かもしれませんが、訴状の副本を裁判所から貸金業者へ郵送するためにいったん負担する郵送費用のことです。

郵券代は余れば返還され、さらに裁判に勝った場合は貸金業者に請求することができます。

金額は各裁判所によって異なりますが、貸金業者1社に対して過払い金請求の裁判をする場合は、6000円程度の郵券代が必要です。

代表者事項証明書の発行手数料

過払い金請求の裁判をおこなうとなると、代表者事項証明書が必要になります。

代表者事項証明書には、貸金業者の商号や本店住所、代表者氏名などが記載されています。

法務局で取得できますが、1通につき600円程度の発行手数料がかかることを知っておきましょう。

訴訟手数料・日当交通費等

司法書士や弁護士のなかには、過払い金請求の裁判をするにあたって、別で費用を請求する事務所もあります。

訴訟手数料として貸金業者1社につき5万円や裁判所の出廷1回につき1万円など、細かく費用を請求されることもあるでしょう。

しかし、訴訟手数料や日当交通費等の費用がかからない事務所もたくさんあるので、十分確認したうえで依頼することが大切です。

依頼する事務所は実際に相談して比較するのがオススメ

できるだけ費用を安く済ませたいと思って自分で過払い金請求に挑戦する人もいます。

しかし、専門知識がない状態で貸金業者に立ち向かってもしっかり対応してもらえないことも少なくありません。

費用はかかりますが、オリコの過払い金請求は司法書士や弁護士に依頼するほうが得られるメリットが多いといえるでしょう。

司法書士や弁護士であればどこの事務所に依頼しても同じと考えている人もいますが、費用や対応力などさまざまなポイントを比較しながら自分に合ったところを選ぶ必要があります。

インターネット上で公開されている口コミや評判すべてが真実とは限りません。

事務所のホームページを確認したり実際に電話で相談したりしながら、信頼できるところを探して依頼しましょう。

無料相談をおこなっている事務所もあるので、まずは司法書士や弁護士と話してみて信頼できるかどうか見極めることが大切です。

司法書士や弁護士は「先生」と呼ばれることが多い職業ですが、依頼者や相談者はサービスを受ける側であることを忘れずに、横柄な態度をとる司法書士や弁護士であれば依頼をやめることも検討しましょう。

実績とノウハウを持ち、しっかりと相談者の話を聞いてくれる事務所に依頼するのが一番です。

もちろん、最終的に損することなく過払い金を手にすることも大切ですが、そこに至るまでの対応力やコストも考えながら手続きを進めていきましょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事