三菱UFJニコスを過払い金請求した時のクレジットカードへの影響

三菱UFJニコスを過払い金請求した時のクレジットカードへの影響

「過払い金請求するとクレジットカードは使えなくなるの?」と疑問を持っている人は多いでしょう。

クレジットカードを作ると、「信用情報機関」に個人データが登録されます。

もしも信用を失うような行為を働いてしまった場合、情報機関のデータは更新されてクレジットカードが使用できなくなるのは事実です。

しかし、大手貸金業者やカード会社に過払い金請求しても、影響がない可能性もあります。

たとえば、ニコスの過払い金請求をしても基本的には他社のクレジットカードには影響は出ません。

ニコス以外のクレジットカードは問題なく使ったり、新たに作成したりすることもできるでしょう。

ここで「基本的に」と書いたのは、一部の条件で影響があるからです。

また、信用情報機関がデータを書き換える基準は明示されているわけではありません。

ケースバイケースの事例が適用されているため、「絶対に信用情報に傷がつかない」と言い切れる過払い金請求はないと覚えておきましょう。

それでも、「必ずクレジットカードが使えなくなる」という心配は正しくありません。

なるべく生活を変えずに過払い金請求をおこなうため、ここでは、ニコスと過払い金請求のクレジットカードへの影響を説明していきます。

この記事を書くにあたって参考にしたサイト

 

↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓  ↓

ニコス(日本信販)の過払い金の返還率と返還される期間の目安

ニコスの過払い金請求をしても他社のクレジットカードには影響はない

結論から述べると、ニコスの過払い金請求をすることで他社のクレジットカードが使えなくなるようなことはありません。

理由としてはまず、「ニコスの過払い金請求に対して他社は利害関係にないから」です。

ニコスに過払い金請求をおこなうと、ニコスとの取引はもうできなくなってしまう可能性は大いにあります。

しかし、それはあくまでもニコスと債務者の話であり、他社には何の影響も与えていません。

正当な契約によって結ばれている他社のクレジットカードなら、問題なく使い続けられるでしょう。

過払い金請求をおこなったからといって、他社から言及されることもまずありません。

しかし、一定の条件を満たすと他社のクレジットカードにも影響を及ぼす場合も出てきます。

カード会社が一番恐れているのは、債務者が返済を終えないまま、返済不可能な状態に陥ってしまうことです。

カード会社が危険だと判断した債務者については、契約内容に準じて取引を停止する権利が認められています。

万が一、カードが使用できなくなると、債務者は借入が新たにできないまま、ローンだけを返済していく状況になってしまいます。

そうならないためには、どのような行為がカード会社に危険視されるのかを知っておきましょう。

他社のクレジットカードに影響を及ぼす可能性がある条件

ニコスの過払い金請求をして他社のクレジットカードに影響があるのはブラックリストに載ったときです。

ブラックリストに載るとニコスだけでなく他の貸金業者からの借入ができなくなります。

クレジットカードが使えなくなったり、新たなカードの作成やローンの審査が通らなくなったりするなどの弊害が起こるでしょう。

とはいえ、「ブラックリスト」という文書が本当にあるわけではありません。

「ブラックリストに載る」とは言葉のあやであり、実際は「信用情報機関の個人データにネガティブな履歴が記載される」ことを指します。

誰かが貸金業者や金融機関から借入をおこなうと、自動的に信用情報機関へと登録されます。

信用情報機関のデータは業界内で共有されており、債務者が新たに融資を求めてきたときには必ず、業者がデータをチェックします。

データに目立った経歴がなければ、何回でも新たに融資は受けられます。

しかし、過去、貸金業者にとってマイナスな行為を働いた人物には履歴が残り、「ブラックリスト入り」を果たしてしまうのです。

ブラックリストに載った債務者は、原則として新たに融資を受けられません。

ブラックリストに関係なく融資をおこなっているところもありますが、ヤミ金など不審な業者であるリスクが高いでしょう。

ニコスの過払い金請求でブラックリストにのってしまう条件

ブラックリストとは信用情報機関にネガティブな履歴が登録されることです。

この履歴を「事故情報」といいます。ニコスへの過払い金請求が事故情報となることがあるので注意しましょう。

まず、返還された過払い金は残っているニコスの借金の返済へあてるのが普通です。

過払い金の方が多かったとき、残債が消えて借金が完済となります。

しかし、過払い金の返還だけでは借金が完済できなかったうえ、なおも返済が困難であれば次の手段を考えなくてはいけません。

過払い金で借金を完済できなかった債務者は、任意整理という手段を選択することもあります。

そして、任意整理はブラックリストに載る確率が非常に高い手続きです。

任意整理とは、ニコスと直接交渉して借金を減額する方法です。

交渉を受け入れるかどうかはニコス側の「任意」に委ねられますが、妥協して利息をカットするなどの対応をしてくれるのが一般的です。

しかし、ニコス側には損失が出るために「事故情報」に該当してしまいます。

また、ニコスへの返済を延滞や滞納を数カ月していると信用情報機関に事故情報として登録されます。

延滞でブラックリストに載るとニコスの借金を完済するまで履歴が消えないので、気をつけましょう。

クレジットカードはキャッシング枠のみが過払い金の対象

クレジットカードを利用したすべての消費活動が過払い金請求の対象になるわけではありません。

クレジットカードのキャッシング枠のみ過払い金請求の対象です。

過払い金請求とは、「グレーゾーン金利」によって長期間返済を続けた結果発生した、過払い分の利息を取り戻すための手段です。

そのため、キャッシング枠で融資を受けた場合にのみ、請求できるのが一般的です。

「ショッピング枠」は借入をおこなったのではなく、カード会社に「お金を立て替えてもらった」という認識なので、グレーゾーン金利とは無縁だといえます。

ただし、ショッピング枠の利用がある人は、キャッシング枠で発生した過払い金をショッピング枠の返済にあてるのがルールです。

そのうえで、返済にあてた過払い金が余れば手元にお金が返ってきます。

ただし、ショッピング枠での利用が激しい人は、過払い金を充当しても足りず、結局、ローンの義務が消えません。

クレジットカードを作ったときは計画的に利用する意識がまず大切ですが、自分の利用状況をしっかりと把握するようにしましょう。

そして、少しでも有利な状況で過払い金請求をするのがおすすめです。

取引履歴を開示してもらうと、返済状況や金利は判明するので、借金を把握し切れていない人は一度確認してみるのも効果的です。

ショッピング枠の利用がある場合は要注意

クレジットカードで過払い金請求の対象となるのはキャッシング枠のみです。

ショッピング枠は借金ではなく立替金であり過払い金の対象にはなりません。

そして、過払い金を差し引いても完済できないと結局は任意整理となってブラックリストに載ってしまいます。

ブラックリストに載ると前述の通り、ニコスだけでなく他の貸金業者からも借入ができなくなったりクレジットカードが使えなくなったりします。

また、新たなクレジットカード作成やローンの審査も通りにくくなるでしょう。今後の経済活動に多大な影響が出るので、できる限り避けたいところです。

対策としては、ショッピングの利用がある債務者は過払い金請求をする前に完済させるようにしましょう。

ショッピング枠の返済を優先していき、キャッシング枠を残すようにすると過払い金請求に成功しやすくなります。

完済までいかなくても、ショッピング枠を少額にできれば、過払い金請求をしたときにローンが残りません。

また、自身のカードの利用方法についても見直してみましょう。

ショッピング枠は便利なうえ、「お金を立て替えてもらっている」という自覚を持ちにくいので、つい頻繁に利用してしまいがちです。

しかし、実際にはショッピング枠を使えば使うほど完済から遠のいているのです。

「カード作成時から身の丈にあった限度額を設定する」「現金とバランスよく使い分ける」など、ショッピング枠をふくらませない工夫を怠らないようにしましょう。

ニコスに過払い金請求をした後にクレジットカードを作る

ニコスに過払い金請求をしても他社のクレジットカードに影響はないので、新たに作るカードの審査にも影響はありません。

ただし、ブラックリストに載っている場合は審査が通らない可能性が高いでしょう。

「過払い金請求ではブラックリストに載らない」と信じすぎると、審査の段階になって裏切られます。

心当たりがある人は、事前にブラックリストを確認しておきましょう。

本人であれば、信用情報機関に問い合わせると個人データを開示してくれます。

ただし、「ブラックリスト」という言葉は情報機関に通じないので、口にしない方が無難です。

また、ニコスのカードを再度作る場合はより審査がきびしくなります。

過払い金請求は債務者に認められた当然の権利であるものの、カード会社からすれば「損失を出した」ことに変わりがありません。

そのため、過払い金を返還した相手は、カード会社内の「ブラックリスト」に加わってしまいがちです。

過払い金請求をした人は、同じ会社に固執せず、他社でカードを作り直すようにしましょう。

過払い金請求をする前にまずは過払い金の計算をしよう

ニコスに過払い金請求をするにはまず過払い金を調べる必要があります。

過払い金を計算するには、まず取引履歴をニコスから取り寄せなくてはいけません。

そして、取引履歴の利率を調べ、利息制限法に準じた正当な利息を支払ってきたかどうかをチェックします。

もしも金利が不当だったなら、現行の法律に基づく利率にあてはめて、正しい返済額を計算します。

「実際に支払った返済額」から「正しい返済額」を差し引いた金額が過払い金です。

しかし、過払い金の計算は複雑でむずかしい作業です。単に数字を追うだけでなく、利息制限法についての知識も求められます。

しかも、取引履歴をなかなか渡してくれないケースも珍しくありません。

取引履歴が債務者に渡ってしまうと、過払い金請求に踏み切られる可能性があるために、わざと先延ばしにする業者があるのです。

とはいえ、過払い金の計算を間違えると過払い金が減ったりニコスに過払い金請求を断られたりします。

過払い金請求をおこなうだけの時間が取れない人、仕組みがむずかしくて困り果てた人は司法書士や弁護士に相談するのが簡単で楽です。

司法書士や弁護士は法律の専門家であり、過払い金問題には慣れています。請求においても、さまざまな疑問に答えてくれるでしょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事