【絶対に知っておきたい】三菱UFJニコスの過払い金請求のデメリットは状況によって変わる

【絶対に知っておきたい】三菱UFJニコスの過払い金請求のデメリットは状況によって変わる

借金苦が続いている人におすすめの解決法が「過払い金請求」です。

しかし、存在は知っていても実際に請求をおこなう人は多くありません。

債務者は「過払い金請求ってブラックリストにのるの?」「過払い金請求でお金は返ってくるのは知っているけどデメリットはないの?」という不安を持っているため、行動に踏み切れないからです。

それでも、正しい知識と手順に基づいて過払い金請求をおこなえば、決してデメリットは大きくなりません。

ちなみに、ニコスの借金は完済後でも返済中でも過払い金請求が可能です。

過払い金請求では、自分でするのと司法書士や弁護士に依頼する方法の2種類があります。

ただし、ニコスの過払い金請求は1回しかできないので失敗しないようにしたいところです。

過払い金請求のデメリットを知ることで、手続きをしたあとに後悔せずにすむでしょう。

このページでは、自力でおこなう請求とプロを頼る請求、それぞれの状況毎のデメリットを紹介します。

ニコスの過払い金請求をする際の共通のデメリットとメリット

過払い金請求には、状況に関係なく共通のデメリットとメリットがあります。

デメリットの中にはどうしても避けられない種類も含まれていますが、工夫次第で損害を最小限に食い止めることも可能です。

一方で、間違った手続きをおこなってしまうとせっかくのメリットも薄まってしまうでしょう。

ニコスに過払い金請求をするなら、あらかじめデメリットとメリットを理解し、請求が終わってからパニックにならないよう冷静に作業を進めるのが大切です。

ニコスの過払い金請求をするデメリット

ニコスに過払い金請求をする大きなデメリットは「ニコスから借入ができなくなる」点でしょう。

過払い金請求は決して法律に違反した行為ではありません。

むしろ、債務者に認められた正当な権利です。

しかし、敬意はどうであれ過払い金を返還すれば、ニコス側には大きな損失が出てしまいます。

貸金業者として、自社に損害を与えた債務者と取引を継続することはできません。

請求前に利用していたニコスのカードは、過払い金が戻ると使えなくなってしまいます。

一方で、ニコス以外の貸金業者とは引き続き取引ができますし、新たにクレジット契約を結ぶことも可能です。

過払い金請求によって損害を受けたのはニコスだけであり、特別な事情がない限りは他の業者から問題視されません。

ニコスの過払い金請求をするメリット

ニコスに過払い金請求をする最大のメリットは「ニコスから払いすぎた利息を取り戻せる」ことにあります。

そもそも過払い金請求とは「グレーゾーン金利によって発生していた過払い分の利息」を返してもらうための手続きです。

かつて、ニコスを含む多くの貸金業者が違法すれすれの金利で貸付をおこなっていました。

これが「グレーゾーン金利」です。

しかし、2007年の利息制限法改正によって金利の上限は大幅に引き下げられました。

そして、かつての金利で返済を続けていたために発生した「過払い金」は債務者に返還されることが可能になったのです。

ただし、過払い金の返還は貸金業者が自主的におこなうものではありません。

過払い金を計算し、請求するのはあくまで債務者の役目です。

完済したニコスの借金を過払い金請求するデメリットとメリット

完済したニコスの借金の過払い金請求するデメリット

過払い金請求は返済中の借金だけに適応される手続きではありません。

すでに完済された借金についても、過払い金が発生していたなら請求可能です。

特に、2007年以前から返済を続けていた借金については高確率で過払い金が生まれているので、詳しく確認してみるのがおすすめです。

ニコスに過払い金を請求するとニコスカードが使えなくなるデメリットはありますが、他の貸金業者はつかえるので大きな支障はありません。

むしろ、積極的に過払い金請求した方が得です。

ただし、過払い金請求は借金を完済した日から10年で時効が成立するので注意が必要です。

多くの債務者は過払い金があることにすら気づかず、時効を迎えてしまいがちです。

また、せっかく過払い金請求をおこなおうとして準備をしていても、思いのほか手間取ってしまい結局は時効が来てしまうケースもありえます。

過払い金を請求する際には、余裕を持って手続きに取り掛かり、早めに貸金業者とコンタクトを取るようにしましょう。

完済したニコスの借金の過払い金請求するメリット

ニコスの借金を完済後に過払い金が発覚すれば、当然請求は可能です。

完済した過払い金を請求するメリットは「払いすぎたお金が返ってくる」ことです。

大きな借金になればなるほど生活を圧迫し、さまざまな支障をきたしがちです。

過払い金が返還されれば、生活を改善して気持ちの余裕を持つことも可能でしょう。

また、過払い金を別のローンに充当できれば、現在の生活もかなり楽になります。

金銭的に困っている状況であれば、新たな借入をせずに過払い金で解決できるのも大きなメリットです。

ここで注意したいのはやはり「時効日」です。

完済してからかなりの年月が経っていれば時効が目前に迫っているケースもありえます。

ニコスは損失を防ごうとして、さまざまな手段を駆使し交渉を長引かせようとする恐れがあります。

債務者側に十分なノウハウ準備がなければ、ニコスの術中にはまってしまうでしょう。

過払い金請求では、ニコスに対抗できるだけの「交渉力」が求められます。

返済中のニコスの借金を過払い金請求するデメリットとメリット

返済中のニコスの借金を過払い金請求するデメリット

返済中の借金で過払い金が発覚した場合、返還された過払い金を残債に充当して完済へと近づけます。

たとえば、過払い金が残債よりも大きい額であれば完済が実現するのでニコスへの返済義務は消失するでしょう。

ただし、過払い金が返済中の借金より少ないと「任意整理」という手続きに切り替わります。

任意整理とは、「貸金業者との交渉によって返済可能な額にまで条件をゆるめてもらう」という手続きです。

任意整理は借金を減らせるかわりに「ブラックリストにのる」可能性が出てきます。

「ブラックリストにのる」とは信用情報機関の履歴にマイナスな履歴が刻まれた状態を指す言葉です。

ブラックリストにのるとニコスだけでなく他の貸金業者の利用ができなくなるデメリットが現れます。

また、クレジットカードやローンの審査も通らなくなり、日常生活に大きなダメージを受けます。

貸金業者にとって任意整理は過払い金返還以上の損失を受ける選択肢なので、同業種間で債務者に低評価が下されてしまうのです。

返済中のニコスの借金を過払い金請求するメリット

それでも、返済中の借金に対してニコスに過払い金請求をするメリットはあります。

やはり、過払い金で借金が減らせるのは大きなポイントでしょう。

過払い金請求が受け入れてもらえば問題なく借金は完済できますし、たとえ任意整理になったとしても状況が有利になるのに変わりはありません。

長期間にわたって返済を続け、生活レベルが引き下げられるくらいなら「ブラックリストにのってもいいから過払い金請求をしたい」という人もいます。

債務者は自身の生活状況や残債を考えて、過払い金請求に踏み切りましょう。

過払い金が返済中の借金よりも多かった場合、借金を完済させることができるうえに余った過払い金は手元に戻ってきます。

余ったお金で他社の借金を返すのもいいですし、将来のために貯金してもいいでしょう。

一方で、ニコスが条件どおりの返還率で過払い金を支払ってくれるとは限りません。

交渉が長期化することも視野に入れ、手続きはスムーズにこなしていきましょう。

自分でニコスの借金の過払い金請求をするデメリットとメリット

自分でニコスの借金の過払い金請求をするデメリット

自力でニコスとの過払い金請求をおこなおうとする人もいます。

しかし、手間と時間がかかるのは見逃せないデメリットです。

過払い金請求では、手続きに必要な書類の準備や、過払い金に関する情報収集、ニコスとの交渉などに追われてしまうからです。

特に、過払い金請求に慣れていない素人は勉強しながら作業を進めていくので、決して順調にはいかないでしょう。

しかも、自力で過払い金請求をおこなうと、過払い金の返還率が低くなる傾向が顕著です。

過払い金の計算を自分でしなくてはいけないので、間違えると過払い金が少なくなったりニコスに過払い金請求を断られたりします。

また、過払い金の計算を何度も間違っているうちに請求の時効日が成立する恐れもあるのです。

また、ニコスは交渉の相手が知識のない素人だと都合のいいように言いくるめて返還率が低くしてきます。

たとえニコスが勝手な言い分を主張してきても、法的な知識にうとい債務者であれば何が正しいのか見抜けず、言いなりになってしまうでしょう。

ニコスの主張をいちいち調べているとまた時間がかかってしまい、ニコスが有利に交渉を運んでいきます。

そのうえ、裁判をすることになれば、かかる手間と時間が増えて平日に仕事を休んで裁判所へ行く羽目になります。

そうなれば、「職場に借金の事実が発覚するか」「裁判のスケジュールを遅らせてもらうか」のいずれかを選ばなくてはいけません。

どちらも債務者にとっては望ましくない事態だといえるでしょう。

自分でニコスの借金の過払い金請求をするメリット

自力でニコスに過払い金請求をしたとき、司法書士や弁護士に支払う費用がかからないのはメリットです。

司法書士や弁護士はさまざまな報酬を請求してくるので、せっかく過払い金が戻ってきたとしても債務者の生活が潤わないリスクはあります。

しかし、素人が過払い金請求をおこなっても、そもそもの返還率は低くなりがちです。

結果的に、司法書士や弁護士に報酬を支払ったときよりも損をするケースは珍しくありません。

また、法律事務所の料金体系はさまざまであり、良心的な費用で仕事を請け負ってくれているところもたくさんあります。

「安い事務所」が「優良な事務所」とは言い切れませんが、少なくとも費用にこだわるのであれば、「自力」に固執する必然性は薄いといえます。

司法書士や弁護士にニコスの借金の過払い金請求を依頼するデメリットとメリット

司法書士や弁護士にニコスの借金の過払い金請求を依頼するデメリット

ニコスに過払い金請求をするとき、司法書士や弁護士に頼むと支払うべき費用がかかるのはデメリットです。

しかし、もっとも債務者にとって恐れるべき事態は「過払い金が返ってこないこと」「返ってきたとしても返還率が低すぎること」です。

司法書士や弁護士に依頼すれば、返還率は素人が請求したときよりも高くなるのが普通です。

最悪の事態を逃れるためには、始めから司法書士や弁護士のサポートを借りるのもひとつの方法でしょう。

司法書士や弁護士にニコスの借金の過払い金請求を依頼するメリット

ニコスに過払い金請求をおこなうとき、司法書士や弁護士がいれば手間と時間を大幅に短縮できます。

司法書士や弁護士がほとんどの手続きを代理でおこなってくれるので、債務者が自らおこなう手続きが軽減されます。

スピードと正確性、両方の面でメリットがあるでしょう。

しかも、司法書士や弁護士の働きによって返済に対する督促を止めてもらえます。

返済の義務を忘れて、過払い金請求に集中できるのはうれしいポイントです。

ちなみに、自分で過払い金請求をする場合は督促も続きます。

司法書士や弁護士からの連絡で「家族や職場に借金がバレてしまう」と悩んでいる人もいるでしょう。

しかし、過払い金請求に関する話は、連絡先や時間帯を配慮してくれます。

問題があるときは自宅に書類を郵送することも控えてくれるので、早めに「請求を秘密にしてほしい」旨を伝えておきましょう。

ニコスや裁判所からの連絡も司法書士や弁護士にいくので安心です。

過払い金の返還率が高いのも司法書士や弁護士ならではのメリットです。

自分で請求するときはニコスも強気に出てきますが、専門家に対しては態度を軟化せざるをえません。

また、過払い金の計算やニコスとの交渉力についても信頼が置けるので、返還率も期待できます。

事務所を選ぶときは、過払い金請求の実績があり、交渉プランが具体的なところを選びましょう。

交渉で優位に立てればニコスも不当な和解案を出すことがなく、自分でやるよりも良い結果が実現します。

過払い金請求をするなら司法書士や弁護士に相談すべき

ニコスの借金が完済している人は時効期限があるのですぐに過払い金請求をするべきです。

時効が成立してしまえば、司法書士や弁護士であっても過払い金を取り戻せません。

また、返済中の人は過払い金請求によってブラックリストにのる可能性があるので、まずは自分に過払い金がいくらあるのかを調べましょう。

過払い金が少なく借金が残る状況でも、滞納や延滞が続いているのであれば任意整理をして借金を減額した方が良いケースもありえます。

ただし、過払い金請求は自分でするとデメリットが多いのが難点です。

過払い金の知識があり、交渉力に自信がなければ成功しにくいでしょう。

そもそも、過払い金を計算するだけでも法律の専門知識、計算力に長けていなくてはいけません。

計算ソフトなどを使えば素人でも過払い金を自動算出できますが、入力する数字を間違えるのはよくある話です。

司法書士や弁護士であれば安心して過払い金請求を任せることができ、費用がかかったとしても自分で請求するより高い返還率で交渉を終えられます。

まずは、司法書士や弁護士に自分の状況を相談してみることをおすすめします。

多くの事務所が無料相談のチャンスを設けているので、気軽に連絡してみましょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事