三菱UFJニコスの過払い金請求の対応・返還率・期間 完全成功マニュアル【最新情報】

三菱UFJニコスの過払い金請求の対応・返還率・期間 完全成功マニュアル【最新情報】

ニコスに対して利息を払い過ぎている人がいる

ニコスは大手消費者金融会社のひとつとして有名であり、三菱UFJフィナンシャル・グループの傘下にある企業です。

キャッシングやカードローンを利用したい時に、ニコスの名前が浮かんでくる人も多いでしょう。

審査スピードの早さや申し込みの手軽さから人気の消費者金融になりました。

しかし、ニコスには、貸付の際の金利を29.2%に近い金利に設定していた時期がありました。

利息制限法が改正された現在、29.2%の金利は違法にあたります。

利息制限法によって、賃金業者が債務者に課すことのできる金利は「15%~20%」と定められています。

違法な金利で返済した人の中には利息を払い過ぎているケースが見られます。

こうした払い過ぎ利息を「過払い金」と呼び、ニコスに返還を請求できます。

この手続きを「過払い金請求」と呼びます。

しかし、過払い金請求は必ず成功するとは限らないうえ、方法によってはデメリットも生じます。

そのため、過払い金があってもニコスへの請求をためらっている人は少なくありません。

この記事では、ニコスに過払い金請求をする人、しようか迷っている人に向けて失敗しないための情報をお届けします。

ニコスから利息を取り戻せる過払い金請求とは

かつて、多くの貸金業者は違法な金利で貸付をしていました。

これを「グレーゾーン金利」と呼びます。

しかし、2010年施行の法改正によって貸金業者は金利の引き下げをすることとなりました。

たとえば、ニコスは29.2%に近いグレーゾーン金利を設定していた時期があります。

しかし、出資法の上限金利は現在、違法な金利とみなされます。

そのため、ニコスは2007年に金利を引き下げました。

ただし、グレーゾーン金利で返済していた人は利息を支払いすぎています。

それが「過払い金」です。

その過払い金を貸金業者に請求して取り戻すのが「過払い金請求」です。

過払い金請求によって返還された額を残債に充当すれば、借金は楽になります。

もちろん、完済した借金の過払い金も請求可能です。

ニコスの過払い金請求の対象となる人と現状の対応

ニコスで過払い金が発生している対象期間は2007年までに借入をした人です。

2007年まではグレーゾーン金利が貸金業者の間で横行しており、ニコスも例外ではありませんでした。

ニコスの過払い金請求の対象となる人は徐々に減ってはいますが、まだたくさん残っています。

そして、自分に過払い金があるのを気づかないまま過ごしている人も少なくありません。

ニコスに完済した人、返済中の人にかかわらず過払い金が発生している可能性は十分にあるのです。

ニコスの過払い金請求への対応

過払い金を請求されたら、返還するのは貸金業者側の義務です。

しかし、中には返還を渋ったり、反論してきたりする業者も珍しくありません。

ちなみに、ニコスの過払い金請求への対応は比較的良好です。

話し合いによる交渉(任意交渉)だと約8割、裁判をすれば満額回収に加えて利息の返還が期待できるでしょう。

ただし、上記の返還率はあくまで目安です。

ニコスもできる限り損失は抑えたいので、少しでも過払い金請求に不備があれば、返還率を下げるための交渉を持ちかけてきます。

過払い金の返還率は、過払い金請求を自分でするか司法書士や弁護士に依頼するかで変わります。

少しでも返還率を上げたいなら司法書士や弁護士に任せるのが賢明でしょう。

いくら?ニコスで過払い金が発生しているか自分で計算してみる

過払い金請求をする前にまずは自分に過払い金があるか確認しなければいけません。

過払い金は自分で計算することも可能です。

一般的な流れとしては、ニコスから取引履歴を取り寄せて、それをもとに引き直し計算をおこないます。

取引履歴とは、返済日や返済額、金利などがすべて書かれているデータです。

そして、引き直し計算にはエクセルの使えるパソコンとインターネット上で公開されている無料計算ソフトが必要です。

基本的には数字を入力するだけでソフトが自動計算してくれますが、現在返済中であったり、途中で追加の借入、延滞・滞納していたりした場合、計算が複雑になります。

過払い金の計算を間違えると、返ってくる過払い金が少なくなったり、ニコスに過払い金請求を断られたりする可能性が出てきます。

自分で計算した結果はあくまで目安として、正確な計算は司法書士や弁護士に相談するのがおすすめです。

過払い金の計算までは無料で請け負ってくれる事務所もあるので、まずは気軽に連絡を取ってみましょう。

どのくらい?ニコスの過払い金請求にかかる期間と返還率の相場

ニコスの過払い金請求にかかる期間は最短4カ月です。

返還率は70~100%で、利息が加わるのが相場です。

ただし、これらの数字はあくまで目安でありすべての人が4カ月で満額返還されるわけではありません。

個々人の返済や借入状況によって返還率は変化するので気をつけましょう。

過払い金請求の解決方法には話し合いによる交渉(任意交渉)と裁判をする方法の2つがあります。

任意交渉ではかかる期間が短いのがメリットですが、返還率が低くなりがちです。

逆に裁判ではかかる期間は長くなる傾向にありますが、返還率は100パーセントに近づきます。

また、返還率10%に加えて利息の返還までも望めるケースが出てきます。

ニコスに過払い金請求で知っておくべきデメリットとリスク

ニコスの過払い金請求をすると、払い過ぎたお金(過払い金)が返ってくるメリットがあります。

借金に苦しんでいる人にとっては「救いの手」となりますし、すでに完済している人も生活状況を改善するきっかけになるでしょう。

しかし、状況によっては過払い金請求のデメリットやリスクも生まれます。

過払い金請求をした後で損失が出てパニックになる人は珍しくありません。

知っておかないと後悔するので、事前にしっかり学んでおきましょう。

時効期限をむかえると過払い金請求ができない

ニコスの過払い金請求は、ニコスと最後に取引した日から10年をすぎると時効が成立します。

時効が成立すると司法書士や弁護士でも過払い金を回収することはできません。

ちなみに、「最後に取引した日」とは、「借金を完済した日」を指します。

ニコス側も時効日を把握しているので、過払い金請求をおこなっても意図的に対応を先延ばしにしてくることがあります。

また、過払い金の計算などに手間取ってしまっても時効日は近づいてくるので注意しましょう。

ニコスから借入ができなくなる

ニコスに過払い金請求をおこなうと、所持しているニコスカードが解約扱いになり、借入ができなくなります。

過払い金請求は合法的に認められた債務者側の権利ですが、それでもニコスからすれば「損失を受けた事実」には変わりありません。

過払い金請求をおこなった債務者はニコスのデータベースに名前を残してしまい、今後の取引でストップがかかるのです。

ただし、他の貸金業者であれば基本的に利用可能です。

ニコス以外のクレジットカードを作ったり、ローンを組んだりするのは認められるでしょう。

ブラックリストにのる可能がる

貸金業者から借金をすると、「信用情報機関」に登録されます。

そして、債務状況についての履歴が更新されていくのです。

信用情報機関にネガティブな履歴が残ることを俗に「ブラックリストにのる」と表現します。

過払い金請求では基本的にブラックリストにのることはありません。

しかし、一定の条件で過払い金請求から任意整理に切り替わってしまうと、ブラックリストにのる可能性が高くなります。

ブラックリストにのるとニコスだけでなく他の貸金業者からも新たな借入が認められません。

クレジットカードやローンの審査も通過しないので、今後の経済活動に大きな支障をきたします。

過払い金請求を手続きする際には、しっかりと状況を把握しながらプロセスを進めていきましょう。

ニコスの借入を返済中の方

ニコスからの借入を返済中で過払い金請求をする場合、ブラックリストにのる可能があります。

ただし、発生した過払い金を相殺させて、返済中の借金を完済できればブラックリスト入りは避けられるでしょう。

一方、過払い金を相殺させても、借金が残ると過払い金請求ではなく任意整理とみなされます。

貸金業界において、「任意整理」は「過払い金請求」よりもネガティブな情報です。

任意整理をおこなった債務者は高確率でブラックリストにのるでしょう。

日本信販・マイベスト・DCカードからの借入を返済中の方

ニコスへの過払い金請求で「ブラックリスト入り」を避けるには、ニコスだけに注意していても危険です。

ニコスの関連グループとの関係にも注意を払っておきましょう。

たとえば、ニコスは日本信販・マイベスト・DCカードと合併しています。

日本信販・マイベスト・DCカードからの借入を返済中で、ニコスの過払い金請求をする場合は慎重になりましょう。

なぜなら、ニコスで発生した過払い金は返済中の日本信販・マイベスト・DCカードの借入と相殺させるのが基本的な流れだからです。

過払い金でこれらの借入を相殺させて完済できれば問題ありません。

しかし、完済できずに日本信販・マイベスト・DCカードの借入が残るとブラックリストにのります。

日本信販・マイベスト・DCカードも過払い金請求の対象となる

日本信販・マイベスト・DCカードも過払い金が発生していると報告されています。

しかし、これらの業者では、過払い金請求の窓口がありません。

日本信販・マイベスト・DCカードの過払い金はニコスへ請求するのが鉄則です。

もしもこれらの業者に直接請求してしまうと、反応がないまま長い時間が過ぎていく可能性もあります。

過払い金請求では、時効を成立させないためにもスピードが重要です。

最初から、正しい窓口とコンタクトを取るように心がけましょう。

どこに相談?過払い金請求を自分でするのか、司法書士や弁護士に依頼するのか

過払い金請求は自分ですることも、司法書士や弁護士に依頼することもできます。

自力で過払い金請求をおこなった方が、金銭的に負担が減ると考える人は少なくありません。

また、「人に指図されるのが苦手」だという人も自力で過払い金請求を進めがちです。

ただし、自力で過払い金請求をおこなうデメリットも見逃せない内容なので、事前に確認しておきましょう。

過払い金請求はどんな方法で進めるにせよ、それぞれのメリットとデメリットを知ってから決めるのがおすすめです。

過払い金請求を自分でするメリットとデメリット

自力で過払い金請求をおこなえば、司法書士や弁護士に支払う報酬がなくなります。

そのため、返された過払い金の全額が手元に返されるのはメリットだといえるでしょう。

ただし、返ってくる過払い金が少なくなったり、返還されるまでにかかる期間が長くなったりします。

自分で過払い金請求をした場合は話し合いによる交渉(任意交渉)で返還率50%、返還までの期間6カ月以上が目安です。

裁判をしても返還率70%を超えにくいですし、期間も7カ月から最長で1年以上かかるケースも見られます。

また、ニコスや裁判所からの連絡によって家族にバレる可能性が高いのもデメリットです。

周囲に秘密で借金をふくらませてしまった人はトラブルに巻き込まれるでしょう。

過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼するメリットとデメリット

司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼すると、自分でするよりも返還率が高く、期間も短くなる可能性が高まります。

目安としては最短4カ月、裁判の場合でも5カ月ほどです。

返還率は70~100%で、利息も加わるのが相場です。

手間がかからず、ほとんどの手続きを専門家に任せられるのも大きなメリットでしょう。

仕事や家事に支障をきたさず手続きを進めてもらえます。

そのうえ、司法書士や弁護士は返済中の支払いや督促を止めてくれます。

家族に内緒で手続きができるので、借金の事実を隠し通せるでしょう。

デメリットとしては、司法書士や弁護士に払う費用がかかることです。

ただし、料金体系は事務所によりますし、成功報酬以外は受け取らない事務所も少なくありません。

「どこの事務所がいいかわからない」人は口コミや評判をもとに探してみましょう。

それでも、いざ仕事を頼まなければ本当に信頼できるか判断できないのはデメリットです。

事務所のHPを見てみるなどしてリサーチは入念におこなうようにしましょう。

そのうえ、無料相談を利用してみて信頼できる事務所を比較検討するのがおすすめです。

過払い金請求はほとんどの人が司法書士や弁護士に依頼している

過払い金請求の多くは司法書士や弁護士に依頼されています。

理由としては「かかる手間」「時間」「個人ではむずかしい」などのポイントが挙げられます。

自力で過払い金請求をして、いくら費用が安くなったとしても返ってくる金額が安くなれば意味はありません。

司法書士や弁護士は知識にも交渉力にも長けているので、希望に近い返還率を達成してくれます。

一時的に費用がかかったとしても、長い目で見れば得することが多いといえます。

いくらかかる?ニコスの過払い金請求にかかる費用

ニコスに過払い金請求をする費用とは、「司法書士や弁護士に依頼したときにかかる費用」だけではありません。

書類の郵送代をはじめ、自分で請求した場合でも費用は少しかかります。

裁判をすると当然かかる費用もふくらみます。

収入印紙代、郵券代、代表者事項証明書の取得代などを念頭に置いておきましょう。

一方、司法書士や弁護士に依頼した場合にかかる費用は相談料・着手金・基本報酬・成功報酬などが挙げられます。

相談料や着手金は無料の事務所が多く、過払い金の調査や計算まで無料で請け負ってくれることもあります。

過払い金の計算はとりあえず司法書士や弁護士に任せてみましょう。

そのうえで、信用できそうな相手ならそのまま請求も依頼する流れがおすすめです。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事