レイクの過払い金請求はリスクが多い?意外な落とし穴と回避する方法

レイクの過払い金請求はリスクが多い?意外な落とし穴と回避する方法

過払い金請求という文言自体は、CMで見ることも多くなりました。

それらを見る限り、過払い金請求はお金を取り戻せるとてもいい方法に思えるかもしれません。

しかし、一方で「過払い金請求とCMでよく見るけどリスクはないのか」「過払い金請求は絶対に損をしないのか」という疑問の声もあります。

結論からいえば、過払い金請求にリスクやデメリットが全くないわけではありません。

なかには、事前に知っていなければ後悔するリスクもあります。

しかし、これは逆に言えば事前に知識として知っておくことで後々の後悔やリスクを避けられる場合もあるということです。

レイクへの過払い金請求は一度しかできません。

そのため、可能な限りリスクを回避して、最善の方法で過払い金を取り戻すことが重要です。

レイクから過払い金が返ってこなくなるリスク

過払い金請求の時効が成立する

何よりも覚えておきたいのは、レイクからの過払い金が返ってこなくなるリスクについてとなります。

このリスクとは、すなわち時効です。

過払い金の請求にも時効があり、これを過ぎると過払い金請求は絶対にできなくなってしまいます。

この時効は、完済後10年です。

つまり、完済してから10年を過ぎると時効が成立して過払い金請求ができなくなってしまうということです。

この時効が成立してしまうと、司法書士や弁護士やなどの専門家であっても過払い金を回収することはできません。

レイクに返済中・完済後のどちらでも過払い金請求はできるので、とにかく一度自分に過払い金がないか調べてみることが大事です。

もし過払い金が発生していれば、過払い請求が必要です。

とくに完済している借金は、時効の関係があるので急いで確認しましょう。

貸金業者が倒産する

借金をしていた賃金業者が倒産すると、請求相手がいなくなるため、当然ながら過払い金請求はできなくなります。

しかし、レイクの場合は株式会社新生銀行のカードローン商品であり経営が安定しているため倒産する心配はないでしょう。

このため、賃金業者が倒産して過払い金請求が不可能になる、という心配はレイクの場合はいりません。

それでも不安な場合は、レイクの経営状況をたまにチェックしておくといいかもしれません。

レイクから返ってくる過払い金が少なくなるリスク

過払い金の計算を間違える

まず前提として、過払い金の計算はむずかしいものだということを覚えておきましょう。

慣れた人なら数時間程度で終わる作業でも、慣れない人であればそれ以上の時間がかかるどころか、計算違いをしてしまうことも珍しいことではありません。

過払い金の計算は引き直し計算というのですが、これを間違えると過払い金が少なくなることもあれば、過払い金請求自体をレイクに断られる可能性さえあります。

そのため、自分でした計算結果はあくまで目安として、司法書士や弁護士に正確な過払い金の額を計算してもらうのがおすすめです。

過払い金の調査や計算が無料となっている事務所もあるので、調べてみるといいでしょう。

レイクとの和解交渉で言いくるめられる

過払い金請求をし、和解交渉に入ったとき、交渉相手はレイク側の担当者になります。

そして、担当者もプロなので、過払い金請求の交渉に慣れているのです。

交渉の相手が過払い金請求に関する知識をもっていない素人だと、レイクに有利な条件で和解させられてしまうでしょう。

そのため、交渉に臨む際はあらかじめ自分の希望する条件を明確にしておき、何が何でも譲れないラインを定めておく必要があります。

そのうえで「絶対にここは譲らない」と強気な態度を崩さないことが大事です。

そういった自信がない場合は、司法書士・弁護士に依頼するといいでしょう。

司法書士や弁護士に支払う費用が高すぎる

司法書士や弁護士に依頼する場合、当然費用がかかります。

過払い金請求にかかる費用は、日本司法書士連合会や日本弁護士連合会によって上限が定められています。

たとえば、弁護士の場合、過払い金報酬の上限は、訴訟しない場合であれば最大20%、訴訟をする場合であれば最大25%といった具合です。

しかし、なかにはこの上限を超える報酬を設定したり、日当交通費などよくわからない手数料で費用を多くとろうとしたりする事務所もあります。

これを回避するには、依頼する前に費用を詳しく聞いておくことや、事務所のHPで費用ページを確認することが重要です。

ひとつの事務所だけに足を運ぶのではなく、複数の事務所を見て回ると比較検討ができるので、それもおすすめの方法となります。

司法書士や弁護士の対応方針による影響

また、費用は司法書士や弁護士の対応方針にも影響されます。

過払い金請求には裁判をして解決する方法と、話し合いによる交渉(任意交渉)の2通りがありますが、どちらも一長一短です。

裁判の場合、かかる期間は長くなりますが、過払い金の返還率は高くなります。

任意交渉の場合、和解までのスピードは早くなりますが返還率は低くなりやすい傾向があるのです。

裁判と任意交渉では、必要なスキルが微妙に違います。

そして、司法書士や弁護士は事務所によって得意とする対応が違うため、任意交渉での解決を好んだり、逆に、裁判での解決を得意としたりするのです。

ここで大事なのは、自分の要望に合わせた事務所に依頼することです。

たとえば裁判に持って行きたい場合は、ことが裁判に至っても対応してくれるのかといったことを依頼前に質問しておくことが重要となります。

そして、そのためには自分が望む解決の形をあらかじめ決めておく必要があるでしょう。

返還率を重視するなら裁判を、なるべく早く解決したいなら和解を選ぶのが良いです。

レイクへの借金や過払い金請求がバレるリスク

レイクに過払い金の請求をしたい場合、その多くの人が請求することを誰にもバレたくないと考えます。

過払い金請求をするということは、そもそも借金をしているということですから、もしその借金を周囲に内緒でしていた場合、トラブルの種になってしまうのを避けたいのです。

しかし、現実には過払い金請求をすると家族を始めとする周囲の人にもバレてしまうケースが多いといえます。

その理由と、バレずに済むための方法について見ていきましょう。

家族や職場にバレる理由

まず、家族や職場にバレる理由ですが、これはレイクからの督促状や書類の郵送、または電話が主となります。

また、裁判に至れば、裁判所から郵送や電話という形で連絡がくるので、それもバレる要因になるでしょう。

さらに、司法書士や弁護士に依頼した場合、相手方に「周囲に内緒にしたい」という事情を話さなければ、同様に連絡がきます。

まとめると、家族や職場などの周囲に過払い金請求がバレてしまう理由は、レイク・裁判所・司法書士(弁護士)事務所からの連絡が主といえるでしょう。

バレないようにする対策

過払い金請求が周囲にバレてしまうケースでは、主に司法書士・弁護士などの専門家に依頼するのではなく、自分で過払い金請求を行っている場合が多いといえます。

つまり、過払い金請求を自分でする場合は周囲にバレる可能性が高いのです。

これを防ぐためには、司法書士や弁護士に依頼したときに事情を話して配慮してもらうことが必要となります。

たとえば、依頼することでレイクや裁判所からの連絡はすべて司法書士や弁護士にいくようにすることも可能です。

また、司法書士や弁護士は事前に秘密にしたいことを伝えておけば、郵送物の差出人名や連絡先に配慮してくれます。

レイクから新たな借入ができなくなるリスク

過払い金請求をすると所持しているレイクカードが解約になる

レイクに過払い金請求をした場合、次回以降レイクから新たな借入ができなくなるリスクもあります。

これは、レイクに過払い金請求をするとレイクカードが自動的に解約となるためです。

ちなみに、旧コーエークレジットはレイクと合併しているので、旧コーエークレジットのカードも解約となります。

つまり、こちらも自動的に使用不可となってしまうのです。

今後もレイクを利用する予定があるのであれば、過払い金請求は少し検討した方がいいかもしれません。

しかし「請求の時効もあるし…」と迷う場合は、ほかの賃金業者と比べて本当にレイクを利用し続けるのが今後の最善なのかということを確認する必要があるでしょう。

その結論に基づいて、過払い金請求をするかどうかを決めるといいです。

他の貸金業者であれば利用できる

レイクに過払い金請求をして解約となるのはレイクだけなので、他の賃金業者であれば問題なく利用することができます。

レイクに過払い金請求をする場合、そして次回以降も賃金業者を利用する予定がある場合は、あらかじめいいところを見つけておくといいでしょう。

過払い金請求後にレイクカードは作れるか

レイクに過払い金請求をした後、レイクカードは自動的に解約となりますが、もう一度契約できる場合もあります。

しかし、これには借入していた時の返済状況が重要です。

たとえば、滞納や延滞をせずに優良顧客として認められている場合は再契約できる可能性があります。

逆に、滞納や延滞を繰り返していたのであれば、残念ですが再契約はむずかしいでしょう。

だからといって、レイクと再契約できないからといって悲観する必要はありません。

世間に賃金業者は多くあるので、レイクにこだわり過ぎることなく、自分に合った業者を柔軟に選び取っていくことが大事です。

クレジットカードが使えなくなるリスク

他社のクレジットカードには影響なし

レイクに過払い金請求をしていても、所持している他社のクレジットカードにはまったく影響はありません。

そのため、過払い金請求前後でも他社のクレジットカードは何の問題もなく使用することができます。

過払い金請求後にクレジットカードは作れるか

レイクへの過払い金請求は、他社のクレジットカードには影響がありません。

そのため、他社のカードであれば問題なく作ることができます。

過払い金請求後であっても、これは変わりません。

このため、過払い金請求によりクレジットカードが作れなくなるという心配はまずしなくて大丈夫でしょう。

ただし、借入時に滞納や延滞があった場合は、残念ですがカードの作成がむずかしくなる場合もあります。

クレジットカードも一時的とはいえ借金には違いないため、信用がなければ作ることはできないのです。

ブラックリストにのるリスクがある

ブラックリストには、借金を完済していればのることはありません。

また、たとえ請求時点で返済途中であっても、過払い金で完済できればこの場合もブラックリストにのることはないでしょう。

しかし、場合によってはブラックリストにのるリスクがあるケースもあります。

これを回避するために、下記のことは必ず確認しておきましょう。

レイクに返済中で過払い金が借金より少ないとブラックリストにのる

過払い金請求時点でまだ借金が返済途中であった場合、さらに過払い金が返済中の借金よりも少ないと、任意整理となります。

ちなみに、任意整理とはレイク(賃金業者)と借金の減額を交渉する手続きのことです。

このときに、過払い金の計算を正確に行えば、過払い金で借金を完済できるか判断することができます。

任意整理は、実際に返金する額を減らす手続きであるため、任意整理と過払い金の計算をうまく行うことで両者を差し引きゼロにすることが可能となるでしょう。

なお、先程も少し触れましたが、この過払い金の計算は慣れていない人にはむずかしいものです。

過払い金の計算をする際、慣れていない人は司法書士や弁護士に依頼するのが正確なうえ早いのでおすすめです。

旧コーエークレジットに借入を返済中の場合

旧コーエークレジットは、レイクと合併している会社です。

この会社に借入がある場合、レイクに過払い金請求すると旧コーエークレジットの借入にも影響を出します。

ちなみに、過払い金を旧コーエークレジットの返済にあてることも可能です。

ただし、過払い金が旧コーエークレジットの借入よりも少ないと任意整理となり、ブラックリストにのってしまうので注意しましょう。

これを避けるには、過払い金請求をする前に旧コーエークレジットの返済額を確認しておく必要があります。

そして、完済できる見込みがあれば過払い金請求の手続きに移りましょう。

ブラックリストにのるとどうなる?

任意整理でブラックリストにのってしまうと、約5年間はレイクだけでなく他の貸金業者からも新たな借入ができません。

また、クレジットカード作成やローンの審査も通らなくなってしまいます。

さらに、実は任意整理だけでなく滞納や延滞をしてもブラックリストにのるのです。

こちらの場合だと、借金を完済するまでのり続けます。

つまりその間クレジットカード作成もローンの利用もできなくなるということです。

しかし、ブラックリストにのってでも借金を減らした方がいい場合もあります。

それが自転車操業です。

新たな借入ができなくなるということは、自転車操業もできなくなるということです。

借金を返済するために新たな借金をしていると一生返し終わりませんし、雪だるま式に借金が増えていくことになります。

そうして苦しい借金生活を続けるくらいなら任意整理をして、借金に頼る生活から抜け出すことも重要でしょう。

ブラックリストにあえてのることで新たな借金の契約を不可能にし、自転車操業状態から抜け出すといったようにプラスに考えることもできます。

もし、自転車操業か、それに近い状態にあるのなら、ブラックリストにあえてのるという方法もあることを覚えておいても損はないでしょう。

まずは司法書士や弁護士に過払い金がいくらあるか相談してみる

過払い金請求をする際は、まず自分の過払い金がどれほどあるかを確認することが重要です。

なぜなら、過払い金の額によって、和解の方が得か、裁判の方が得かを判断できるからです。

特に、借金がまだ返済途中の場合は、過払い金の額がその後の債務管理に直結していくいくので非常に重要となります。

しかし、繰り返しになりますが、自分で過払い金を計算するのはむずかしいので、計算をする場合は司法書士・弁護士といった専門家に相談して任せるのがいいでしょう。

その際、折角の機会と思って、過払い金の額を確認したうえで請求の際に起こりえるリスクは何かということも質問するといいです。

過払い請求の手続きをしてからリスクについて考えるのではなく、事前に十分な対策をしておくことで、ノーリスクで過払い金を取り戻すこともできます。

過払い金請求をする際は、入念な下準備をしてのぞむといいでしょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事