プロミスの過払い金請求はリスクが多い?意外な落とし穴と回避する方法

プロミスの過払い金請求はリスクが多い?意外な落とし穴と回避する方法

「払いすぎた利息は過払い金請求で戻ってきます」などとテレビCMなどでよく耳にします。

もちろんお金が返ってくるのは嬉しいですが、話が上手すぎるような気もしますよね。

CMでは過払い金請求のリスクやデメリットを耳にしませんが、実は過払い金請求には、事前に知っておかなければ後悔するリスクがあります。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

例えば、過払い金請求をしたせいでブラックリストにのってしまい、ローンが組めなくなったり、クレジットカードの審査が通らなくなったりなんてこともあり得ます。

おまけにプロミスへの過払い金請求は一度しかできないので、慎重に考えなければなりません。

ただ、脅かすようなことを言いましたが、そんなことになるのは、一部のケースだけです。

多くの場合には信用情報に傷はつきませんし、本当にお金が返ってくるだけで、デメリットがないことがほとんどです。

事前に知っておけばリスクを回避することができるので、最善の方法で過払い金を取り戻しましょう。

プロミスから過払い金が返ってこなくなるリスク

過払い金請求の時効が成立する

プロミスに限らず、過払い金請求には時効があります。

完済してから10年が過ぎると、時効が成立してしまい過払い金請求はできなくなってしまいます。

時効成立後は司法書士や弁護士に依頼したとしても過払い金の回収はできなくなります。

プロミスに返済中であっても、完済後であっても、過払い金請求はできるので、まずは一度自分に過払い金が発生していないか調べてみてください。

もし過払い金があれば、過払い金請求を考えましょう。

完済後であれば時効が成立する前に急いで過払い金請求をしてください。

電話してその日に返金されるわけではないので、時効まで余裕があったとしても早めにおこなうことをオススメします。

返済中であれば、リスクがある場合もあるので、もう少し読み進めてください。

貸金業者が倒産する

貸金業者が倒産すると過払い金請求できなくなるので、過払い金が発覚した時点で少しでも早く行動を起こした方が良いでしょう。

しかし、プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのカードローンであり、比較的経営が安定しているため、すぐに倒産する心配はまずないでしょう。

いずれにしても早めに過払い金請求をするに越したことはありません。

[rank]

プロミスから返ってくる過払い金が少なくなるリスク

過払い金の計算を間違える

過払い金請求は、「過払い金請求します」と宣言をすれば、あとは相手が勝手におこなってくれるわけではありません。

自分の取引履歴から、利息制限法の上限から超えている分を計算し、その金額を正式な手続きを踏んで請求することで払いすぎた利息が返ってくるというものです。

その計算はむずかしく、ここを間違えてしまうと過払い金が少なくなったり、逆に多く請求してしまったりするとプロミスに過払い金請求を断られる可能性もあります。

自分でした計算はあくまで目安として、過払い金がありそうだとわかった時点で司法書士や弁護士に正確な過払い金の額を計算してもらうのがオススメです。

過払い金の調査や計算が無料の事務所もありますので、上手に活用してください。

プロミスとの和解交渉で言いくるめられる

過払い金請求は人生でそう何度も経験することではありません。

こちらは基本的に素人です。

ところがプロミスは何度も過払い金請求をされているので、交渉にも慣れています。

交渉相手が過払い金請求に関する知識を持っていない素人だと、上手く言いくるめてプロミスに有利な条件で和解させられてしまう危険性もあります。

やはり司法書士や弁護士に依頼した方が安心です。

司法書士や弁護士に支払う費用が高すぎる

司法書士や弁護士に依頼した場合の過払い金請求にかかる費用が気になるところですが、日本司法書士連合会や日本弁護士連合会によって上限が定められているので、基本的には法外な金額が請求されることはありません。

相場は着手金と報酬金の4万円に加え、成功報酬として返還金額の20%程度です。

ところが事務所によっては上限を超える報酬を設定してきたり、よくわからない手数料などで費用を多くとろうとしたりするようなところも存在します。

依頼する前に費用を詳しく聞いておき、事務所のHPで費用ページを確認しておくことが重要です。

事前に調べておいた金額と違う金額を提示された際は、理由を詳しく聞き、納得できなければ別の事務所を探しましょう。

口コミなどを見ておいてもいいですね。

司法書士や弁護士の対応方針による影響

過払い金請求の決着のつき方には2パターンあります。

1つは裁判を起こして解決する方法、もう1つは任意交渉といって、裁判を起こす前に話し合いで交渉し、和解する方法です。

これはどちらも一長一短で、どちらが良いかはその時の状況やその人の要望によって変わります。

裁判をすれば手間と時間はかかりますが、過払い金の返還率は高くなりやすいです。

一方で任意交渉は若いまでのスピードは速いですが、過払い金の返還率は低くなりやすいです。

時間と手間をかけてでもガッツリ取り返したいという人もいれば、パッと終わらせてこの問題をできるだけ早く解決させたいという人もいるでしょう。

司法書士や弁護士も事務所によって得意とする対応が違うため、任意交渉での解決を好んでいる事務所もあれば、裁判での解決を得意とする事務所もあります。

事務所はたくさんあるので、自分の要望に合わせた事務所に依頼することが大切です。

最初に自分の要望を伝えて、その通りにしてくれるのかどうか、事前に質問しましょう。

プロミスへの借金や過払い金請求がバレるリスク

自分が借金をしているということはバレたくないものです。

ところが過払い金請求をすることで、借金をしていたことがバレるリスクもあります。

なぜバレるのか、そしてバレないためにはどうすればいいのか、解説していきます。

家族や職場にバレる理由

過払い金請求をすることでプロミスから書類が郵送されたり、電話がかかってきたりします。

実家に住んでいて親にバレたくない、結婚していて配偶者や子どもに知られたくない、という方でも仕事中に郵送や電話があるとどうしようもありません。

また返済中の過払い金請求の場合でもプロミスからの催促は止まりません。

裁判まで進んだとしたら裁判所からも連絡がきますし、依頼した司法書士や弁護士に事情を話さなければ、同様に連絡が来ます。

こういった理由でバレてしまいます。

[rank]

バレないようにする対策

まずバレたくない人は、司法書士や弁護士に依頼してください。

その場合、プロミスや裁判所からの連絡はすべて司法書士や弁護士にいきます。

おまけに、返済中だったとしても催促が止まります。

あとは司法書士や弁護士からの連絡ですが、こちらはあらかじめ事情を説明しておけば郵送物の差出人名や連絡先、連絡時間などを配慮してくれます。

プロミスから新たな借入ができなくなるリスク

過払い金請求をすると所持しているプロミスカードが解約になる

プロミスに過払い金請求するとプロミスカードが自動で解約されてしまうので、プロミスから新たな借り入れはできなくなります。

最初にプロミスへの過払い金請求は一度しかできないといったのはこれが理由です。

また、ポケットバンクやアットローンはプロミスと合併しているので、ポケットバンクやアットローンのカードも解約となることも覚えておいてください。

他の貸金業者であれば利用できる

解約となるのはプロミス、ポケットバンクやアットローンだけなので、他の貸金業者であれば利用できます。

ですか、すでに借金を完済している場合、ほとんどデメリットはありません。

プロミスに過払い金請求をしてお金を取り返し、今後また借り入れが必要な場合はプロミスやポケットバンク、アットローン以外を利用しましょう。

過払い金請求後にプロミスカードは作れるか

過払い金請求をしてしまうと、プロミスカードが自動的に解約になってしまいますが、もう一度新しくプロミスカードを作ることができればプロミスを利用することもできます。

過払い金請求した後にもう一度プロミスと契約できるかは借入していた時の返済状況が重要で、優良顧客として認められていれば再契約できる可能性もあります。

しかし、滞納や延滞をしている場合は難しく、過払い金請求をする前よりも審査はきびしくなります。

他にも貸金業者はあるので、特別な事情がなければプロミスにこだわる必要はないでしょう。

クレジットカードが使えなくなるリスク

他社のクレジットカードには影響なし

すでに所持している他社のクレジットカードにはまず影響はありません。

そもそも過払い金請求は「払いすぎた利息を返してもらう」という当然の権利なので、基本的にはプロミス以外への影響はありません。

過払い金請求後にクレジットカードは作れるか

過払い金請求は当然の権利なので、それ自体はまったく影響ありません。

しかし、借金を返していっている段階で、滞納や延滞がある場合は信用情報に傷がついている可能性があるので、過払い金請求以外の理由でクレジットカードが作れないことはあります。

[rank]

ブラックリストにのるリスクがある

過去には過払い金請求をするとブラックリストにのり、どの金融機関からも5~7年間ローンが組めなくなったり、クレジットカードの審査が通らなくなったりしていました。

しかし平成22年に法改正がおこなわれ、過払い金請求は信用情報にのらないことになりました。

ですから、基本的には過払い金請求をすることでブラックリストにのることはありません。

しかし、あるケースではブラックリストにのるリスクがあるので、注意してください。

そのケースについて説明します。

プロミスに返済中で過払い金が借金より少ないとブラックリストにのる

注意しなければならないのは、「借入残高が過払い金より多く、過払い金請求をしても借金が0にならない場合、任意整理になる」という点です。

任意整理はプロミスと借金の減額を交渉する手続きのことで、これをしてしまうとブラックリストにのり、プロミス以外でもローンが組めなくなったり、クレジットカードの審査が通らなくなったりします。

整理してみましょう。

  1. 借金を完済していればまったく問題ありません。すぐに過払い金請求をしましょう。
  2. 返済中でも借入残高よりも過払い金が多く、過払い金申請をしたら借金が0になる場合も大丈夫です。出来るだけ早く過払い金請求をして借金をなくしてしまいましょう。
  3. 返済中で、過払い金申請をしても借金がまだ残っているときはブラックリストにのります。ブラックリストにのってでも借金を減らすのか、もう少し借金を返済してから過払い請求をするのか考えましょう。
  4. この3パターン、完済後の方は問題ありませんが、返済中の方は自分がどちらかわかりませんよね。

    過払い金の計算を正確におこなうことで、過払い金請求をすれば借金が完済できるのか、完済できずブラックリストにのるのかがわかります。

    この計算を素人がおこなって、うっかりブラックリストにのってしまうのは不安ですよね。

    司法書士や弁護士に依頼すれば正確で早いので安心です。

    ポケットバンクやアットローンに借入を返済中の場合

    ポケットバンクやアットローンはプロミスと合併している会社です。

    この2社に借り入れをしている場合、しっかり計算して、過払い金でプロミスの借金が無くなる場合でも、プロミスに過払い金請求をすると問題がおきる可能性があります。

    それは過払い金をポケットバンクやアットローンの返済にも充てられてしまうことです。

    プロミスの借金はなくなっても、過払い金がポケットバンクやアットローンの借入よりも少ないと任意整理となりブラックリストにのってしまいます。

    これはプロミスの借金を完済済みの場合でも注意が必要です。

    過払い金請求をする前にポケットバンクやアットローンの返済額を確認して、完済できるようであれば手続きをしましょう。

    ちなみに、アットローンは合併前に低金利で貸し出しをしていたため過払い金は発生しませんが、ポケットバンクの借入でも過払い金が発生する可能性があるので、こちらの借入がある場合はあわせて計算してみてください。

    ブラックリストにのるとどうなる?

    任意整理でブラックリストにのると約5年間はプロミスだけでなく他の貸金業者からも新たな借入ができず、ローンが組めなくなったり、クレジットカードの審査が通らなくなったりします。

    また、任意整理だけでなく滞納や延滞をしてもブラックリストにのり、借金を完済させるまでのり続けるので注意が必要です。

    借入残高よりも過払い金が少ない場合は、過払い金請求をしても借金が完済できず、任意整理とみなされてブラックリストにのると言いましたが、そのリスクを覚悟してでも実際に借金は減るので、やってみる価値はあります。

    そこから5年間は新しい借金はできなくなりますが、借金を返すための借金は雪だるま式に借金が増えるだけなので、いっそのこと新しく借入ができない状況をつくってしまうのも悪くないかもしれません。

    まずは司法書士や弁護士に過払い金がいくらあるか相談してみる

    返済中の場合は特に過払い金請求をするには、まずは自分の過払い金を確認することが重要です。

    それによって、ノーリスクで借金がなくなることもあれば、ブラックリストにのってしまうこともあります。

    これを自分でおこなうのは相当なリスクが伴います。

    司法書士や弁護士に相談して過払い金の計算をしてもらいましょう。

    その際に起こりえるリスクは何かも質問すれば、しっかり答えてくれます。

    手続きをしてからリスクについて考えるのではなく、事前に対策をして、最善の方法で過払い金請求をおこなってください。

    過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

    • No.1
    • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
    • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

      • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
      • 過払い金の回収金額がNo1
      • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
      • 全国に8ヶ所の事務所
      • 無料の出張相談も可能
      大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
      東京事務所 0120-065-039
      名古屋事務所 0120-068-027
      福岡事務所 0120-069-034
      広島事務所 0120-067-009
      岡山事務所 0120-070-146
      仙台事務所 0120-131-025
      札幌事務所 0120-678-027

      公式サイトへ

    • No.2
    • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
    • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

      • 過払い返還額累積90億円以上
      • 月の相談件数約500件
      • 全国に8ヶ所の事務所
      • 出張相談可能
      • 相談料・初期費用0円
      • 秘密厳守
      相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

      公式サイトへ

    • No.3
    • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
    • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

      • 資料無しで相談可能
      • 全国どこでも相談できる
      • 手持ちの費用無しでもOK
      • 相談無料
      • 成功報酬型
      • 年中無休365日相談受付
      相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

      公式サイトへ

    • No.4
    • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
    • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

      • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
      • 24時間365日の相談可能
      • 全国対応
      相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

      公式サイトへ

関連記事