レイクの過払い金請求は最大100%+利息付の返還率で回収できる

レイクの過払い金請求は最大100%+利息付の返還率で回収できる

レイクは大手消費者金融のひとつであり、多くの債務者が融資を受けています。

そのため、返済が困難になるなどの債務問題も多くなっています。

長期間返済を続けていても完済しない借金では「過払い金」が発生している可能性があります。

特に、利息制限法改正以前からの借金については返済状況を確認し、過払い金請求をおこないましょう。

ただし、時間とコストをかけて過払い金を請求しても「あまり返ってこないのではないか」と危惧する声は出てきます。

レイクの過払い金請求は選ぶ手段によって返還率が変わるため、自分に合った手段を学んでおきましょう。

過払い金請求は、最初に自分でするか司法書士や弁護士に依頼するかを慎重に決めるところから始めます。

債務者が自分で請求しても許されますが、大きな問題が出てくるのは避けられません。

できれば、司法書士や弁護士を頼ったほうが、請求はスムーズに進んでいくでしょう。

その後、話し合いによる交渉で解決するか、裁判をするかを専門家に相談します。

話し合いと裁判では、返ってくるお金の多さが変わってくるからです。

このページでは、レイクの過払い金請求の返還率の相場や、どうすれば返還率を高くできるかについて説明していきます。

レイクに過払い金請求をした返還率の相場

過払い金はグレーゾーン金利によって、債務者と貸金業者の間で法外な契約が結ばれていたときに発生します。

債務者には利息を現行の正しい利率で計算し直し、払いすぎた差額を請求する権利があります。

これは「過払い金請求」です。

レイクの過払い金請求は話し合いによる交渉だと80%、裁判をすると100%の返還率に利息がついて返ってくるのが目安となります。

「返還率」とは過払い金満額に対して、実際に返ってくる過払い金を示す割合です。

いかに返還率を高くして過払い金請求を終えられるかが、債務者にとって重要なテーマです。

たとえば、100万円の過払い金が発生している場合だと、80%の返還率で交渉が終われば、80万円が手元に返ってきます。

ただし、上記の返還率は「司法書士や弁護士に依頼したとき」が絶対条件となります。

司法書士や弁護士は過払い金請求をはじめとする債務問題において、非常に頼れる存在です。

一般人に不足している知識やノウハウを補い、貸金業者との交渉も穏やかに進めてくれるでしょう。

また、裁判に持ち込んだとしても司法書士や専門家は債務者に流れを教えてくれます。

実務的な分野は任せておけばいいので、法律にうとい債務者でも安心です。

レイクの過払い金請求を自分でした場合は返還率が低い

司法書士や弁護士に過払い金請求を代行してもらう必然性がわからない人も少なくありません。

実際、司法書士や弁護士に任せると「成功報酬」として、返還された過払い金の一部を支払う必要があります。

「自力で請求すれば費用もかからないし、過払い金がすべて手元にもどってくる」と考えるのも当然でしょう。

また、司法書士や弁護士は全国にたくさん事務所をかまえているため、どこが信頼できるのかリサーチするのも一苦労です。

その結果、誰かに依頼するよりも自分で動いたほうが、過払い金請求は早く終わるのと誤解している債務者もいます。

しかし、過払い金請求を自分ですると返還率は低くなるのが現状です。

債務者本人が過払い金請求をおこなうと、話し合いによる交渉で50%、裁判をしても70%の返還率でしか解決していない事例が増えます。

債務者の望みが叶えられないまま、交渉が終わるケースも珍しくないでしょう。

返還率が低くなる要因として「レイクは過払い金請求の交渉に慣れている」「債務者の希望する返還率はレイクに受け入れてもらえない」などのポイントが挙げられます。

レイクは債務者以上に債務問題の知識が豊富であり、交渉は難航するものだと覚えておきましょう。

レイクから100%の過払い金+利息5%付きを回収する方法

債務者の希望が必ずしも通るとは限らないのが過払い金交渉のむずかしさです。

一方で、レイクに過払い金請求をして、過払い金100%だけでなく利息までついて返還された事例もあります。

「100%と利息」を回収するためには、話し合いによる交渉だけではまず不可能です。

レイクとの裁判に持ち込み、司法によって債務者の正当性が認められなければいけません。

過払い金の発生は民法703条で規定されている「不当利得返還請求」にあたります。

裁判では、いかに「不当利得返還請求」を証明して契約条件が不当だったかを訴えるかが焦点となります。

「不当利得返還請求」が認められたとき、不当利得に対する利息は民事法定利率の年5%で請求できると定められています。

ただし、利息付で過払い金を請求するにはレイクが「悪意の受益者」だったかどうかが大きな基準です。

ここでいう「悪意」とは、レイクが「過払い金が出ることを知っていたにもかかわらず利息を得ていた」「利息制限法の改正により、利率が下がったことを知っていたのに改正前の利率を適用していた」などを指します。

「悪意の受益者」が債務者に提示していた条件は強制力を失うので、債務者に有利な判決が下されやすくなります。

返還率を高くするには過払い金請求の裁判が必要

ただし、前述にもあったように過払い金を利息付で回収するには裁判をしなければいけません。

話し合いによる交渉では、レイクからは80%ほどの返還率が上限となってしまうからです。

「80%」はあくまで上限であり、実際にはそれ以下の返還率で決着することもありえます。

債務者が過払い金を「返還率100%と利息付」で回収したいなら裁判を辞さないようにしましょう。

ただし、一般人の債務者にとって裁判はハードルが高い場所です。

まず、裁判では専門的な法律用語が当然のように飛び交います。

レイクは専門家を雇用するだけの余裕があるので、裁判にも難なく対応できますが、一般人の知識ではむずかしい場合もあります。

仮に、債務者にとって不利な供述がなされていたとしても、気づかないまま裁判が進行していく場面も出てくるでしょう。

また、自力で臨む裁判では書類や証拠も自分で集めざるをえません。

しかし、裁判の書類には「提出期限」「提出の手順」などが決められており、ともすれば「無効」扱いにされます。

せっかく勝てた裁判も、債務者の知識不足によって敗れるリスクは無視できません。

一般人が自力で裁判に挑むのは、可能な限り避けたい選択肢です。

レイクとの過払い金請求を話し合いによる交渉で和解するメリット

過払い金の返還率だけ見れば裁判をするのが賢明です。

ただし、債務者のなかには「とにかく早くお金が必要」「返済のストレスからすぐにでも解放されたい」という人もいます。

スムーズにレイクとの交渉を終えて過払い金を返してもらうには、「話し合い」による和解を目指すのもひとつの方法です。

司法書士や弁護士に依頼すると、裁判の期間は短縮できます。

それでも、約4カ月から6カ月程度はかかるのが目安になるでしょう。

一方、話し合いによる交渉で和解すれば最短で約3カ月で決着がつき、過払い金が戻ってきます。

話し合いによって和解を目指す手段を「任意交渉」といいます。

任意交渉は、ほかにも「信用情報機関にマイナスな履歴が残らない可能性がある」「家族や会社に借金をしている事実がばれにくい」などのメリットがあり、多くの債務者がおこなっている選択です。

ただし、任意交渉の際にも司法書士や弁護士の存在は重要です。

任意交渉に臨むには、レイクに取引履歴を請求して過払い金の計算をおこなわなくてはいけません。

しかし、この作業は非常に複雑であり、素人ではミスを犯しがちです。

作業に慣れている専門家の手を借りましょう。

返還率ではなく早期解決を優先させるなら、任意交渉がおすすめです。

レイクの過払い金請求は高い返還率を望むと時間がかかる?

レイクに過払い金請求をすると、交渉がまとまるまでには最短でも3カ月、長くて1年以上が必要とされます。

ただし、これらの期間はあくまで目安なので参考程度にとどめましょう。

借入状況や返済状況によっては、レイクが難色を示して交渉は長引きます。

また、裁判に持ち込んだ場合も、関係者のスケジュールによって法廷が調整されるので、予想以上に進行が遅れることも普通です。

ただし、逆に決着までの時期が早まるときもあります。

話し合いによる交渉で和解と裁判をして解決の違い

過払い金請求において、話し合いによる交渉、つまり任意交渉で決着したケースだと最短で3カ月の時間を要します。

一方、裁判したケースでは約5カ月が目安です。

ただし、いずれも司法書士や弁護士に依頼するのが前提条件です。

債務者本人が請求をおこなうと、より時間はかかるでしょう。

裁判をするとなると、ほとんどの債務者が司法書士や弁護士に依頼する傾向にあります。

任意交渉までは自分でしていても、裁判になってから司法書士や弁護士に依頼するケースも珍しくありません。

裁判になると、レイク側も専門家を代理に立てて争う準備を整えてきます。

「話し合い」とは違う次元で、主張のぶつかり合いになると一般人では太刀打ちできません。

司法書士や弁護士の助けは必須でしょう。

話し合いによる交渉は解決スピードが早く、裁判は金額重視

レイクは基本的に任意交渉の場合だと、過払い金の返還率を100%には設定してくれません。

多くても80%程度が上限になるでしょう。

100%の返還率に加えて利息まで回収したいなら裁判をおこなうことが条件です。

司法書士や弁護士に相談して、裁判に備えましょう。

ただし、司法書士や弁護士によっては裁判を嫌い、早期解決を信条としています。

理由としては「裁判をおこなって負けると名前に傷がつく」「裁判の経験が少ない」「早期解決して早く成功報酬が欲しい」などのポイントが挙げられます。

しかし、あくまでも「返還率100%」にこだわる債務者とは相容れません。

過払い金を少しでも多く取り返したいなら、裁判にも躊躇しない司法書士や弁護士に依頼しましょう。

債務者側の要望は早い段階で伝え、意志のすり合わせを図るのが重要です。

レイクの過払い金請求は司法書士や弁護士に依頼

レイク相手に過払い金請求をすると、最大で返還率100%と利息付での回収が実現します。

返還される金額にこだわりがある債務者は、司法書士や弁護士に依頼して裁判をするようにしましょう。

仮に自力で過払い金請求をおこなうと、レイクとの交渉は困難になります。

司法書士や弁護士に依頼するメリットは返還率の高さだけに限りません。

過払い金請求の交渉を数多く手がけてきた司法書士や弁護士は、スムーズに手続きを終えて、債務者の要望に合った結果へと導いてくれます。

レイクも司法書士や弁護士相手には、往々にして態度を軟化させがちです。

たとえば、過払い金を計算するには「取引履歴」を取り寄せなければいけませんが、本人が請求するとレイクから先延ばしにされることもあります。

取引履歴が分からないと正確な過払い金がわからず、任意交渉や裁判の準備を整えられません。

しかし、司法書士や弁護士の請求に対しては、レイクもすみやかに対応してくれます。

また、裁判が始まっても依頼人はむずかしい手続きを自分でおこなわずに済み、過払い金が返ってくるのを待っているだけの状態となります。

まずは、無料相談制度を実施している司法書士や弁護士に相談してみて、債務者の悩みを聞いてもらうところから始めましょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事