三菱UFJニコスの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼した時の費用相場

三菱UFJニコスの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼した時の費用相場

ニコスに過払い金を請求できる可能性があるなら、請求して戻してもらうほうがお得です。

しかし、中には「過払い金請求をしたいけどかかる費用が気になる」と悩んでいる人や、「できるだけ費用を抑えて過払い金請求をしたい」と考えている人もいるでしょう。

過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼すると、それだけ費用がかかるのはたしかです。

ただし、費用を払ったとしても、自分で資料をそろえて請求するより、過払い金が多く返ってくる可能性が高いことも事実としてあげられます。

つまり、費用はかかっても、ニコスへの過払い金請求は司法書士や弁護士に依頼した方が得なのです。

そうはいっても、どんな費用がかかるのか、内容を知らずに依頼するのもよい判断とはいえません。

過払い金請求をするには、どんなことが必要なのか、何に対して、どれくらいの費用がかかるのかを知っておきましょう。

さらに、相場を知っておくことで、支払う費用を抑えることができます。

費用を抑えられれば、通常よりお得に過払い金請求ができるかもしれません。

ここでは、ニコスの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼する際、どんな費用がかかるのか、そして、それぞれの相場について解説していきます。

【いくら?】ニコスの過払い金請求にかかる費用の内訳と相場

相談料

司法書士や弁護士に依頼するには、まず相談から始めます。

法律事務所に依頼するには、相談をするだけで費用がかかります。

ただし、過払い金請求の場合は、無料で相談に応じてくれる事務所がほとんどです。

または、過払い金請求に限らず、無料相談日を設けている法律事務所も多いので、上手に利用してみましょう。

無料で相談を受けているかどうかは、事務所のホームページで確認できる場合もあります。

有料の場合は、1回30分程度の相談に対して5000円ほどの費用が相場です。

中には、それ以上かかる事務所もあります。

費用については、無料相談があるのかどうか、有料の場合はいくらなのか、事前に確認してから相談しましょう。

着手金

着手金とは、過払い金請求の手続きに着手する前にかかる費用のことです。

着手金は、弁護士事務所に多い費用で、司法書士ではかからないことが多い傾向があります。

着手金は、地域や事務所、そして依頼内容に応じて費用が変わります。

過払い金請求の場合の着手金は、請求する貸金業者1社につき1〜2万円が相場です。

ニコスだけに過払い金請求をする場合は、1~2万円が着手金と考えておけばいいでしょう。

ただし、数社まとめると割引にしている事務所もあります。

ニコスの他にも過払い金請求を考えているときには、割引制度のある事務所に依頼するのもいいかもしれません。

着手金がある場合は、現金で前払いが一般的です。

ただし、分割払いに応じてくれる事務所や、過払い金が戻ってきたときに精算してくれる事務所もあります。

基本報酬

基本報酬とは、過払い金の調査からニコスとの交渉、さらに、過払い金の入金から返金手続きにいたるまでの事務手続きにかかる費用のことです。

基本報酬についても、事務所によって費用はさまざまで、基本報酬がかからない事務所もあります。

必ずかかるということではないので、基本費用についてあらかじめ確認してから依頼すると、お得に利用できるでしょう。

基本報酬がかかる場合は、貸金業者1社につき4~5万円が相場です。

たとえば、ニコスとニコスの2社なら、基本報酬は8~10万円かかります。

2社以上まとめると割引価格になる事務所もあるので、どんな報酬制度になっているか、あらかじめ確認しておくといいでしょう。

成功報酬

無事に過払い金が回収できたときに払う報酬です。

過払い金をどれくらい回収できるかは、司法書士や弁護士の交渉力にかかっています。

そのため、過払い金が回収できた場合に、回収された過払い金から○○%といった具合に、回収した金額に応じて費用を支払うのが一般的です。

成功報酬に関しては、司法書士会と弁護士会で規定があります。裁判なしの場合は回収した過払い金の20%、裁判をおこなった場合なら、回収した過払い金の25%が上限と決まっています。

つまり、成功報酬の相場は、高い場合でも、大体上限の20%と25%で考えておけばいいでしょう。

通常は、相談の際に説明がありますが、ない場合には質問しておくと安心できます。

減額報酬

減額報酬は、返済中の借金が残っているときに発生する報酬のことです。

すでに、ニコスへの借金がすべて完済している場合の過払い金請求には関係ありません。

借金返済中の場合で、引き直し計算を行った結果、減少した債務額の○%を報酬とするものです。

減額報酬も、事務所によって違いはありますが、相場は減少した債務額に対して10%程度でみておきましょう。

ただし、借金返済中でも、過払い金で完済できれば減額報酬がかからない事務所もたくさんあります。

10%でも、債務額によっては大きな出費になるかもしれません。

借金が残っている人は、減額報酬がかかるかどうか、確認しておいたほうがいいでしょう。

予想外に費用がかかるという事態を回避できます。

その他の手数料

その他の手数料とは、事務手数料や、通信費、振り込み手数料などをいいます。

振込手数料などは、1回当たりの金額がはっきり出やすいですが、通信費などは1回ずつ出すのはむずかしいため、全部まとめている事務所が多い傾向があります。

1つの依頼に対して数万円かかる事務所もあれば、ほとんどかからない事務所もみられます。

過払い金請求の裁判に必要な費用

収入印紙代

過払い金請求で裁判をおこなう場合、または裁判所を通す手続きが必要となったときにかかる費用です。

裁判所に支払う手数料は、収入印紙で納付するのが原則とされています。

請求する過払い金が100万円以下の場合は、10万円につき1,000円程度、100万1円~500万円の場合は、20万円につき1,000円がかかります。

裁判所に納付するのは収入印紙ですが、司法書士や弁護士には現金で支払います。

司法書士や弁護士は、依頼者から預かったお金で収入印紙を買い、必要な書類に添付して使うのが通常の流れです。

実際に余ったお金や使わなかった収入印紙は、過払い金が回収されてすべて解決したときに返してもらえます。

郵券代(予納郵券)

訴状の副本を、裁判所から貸金業者へ郵送するために、いったん負担する郵送費用のことです。

郵券代はあらかじめ預けておきますが、余れば収入印紙同様に返還されます。

司法書士や弁護士を通して、あらかじめ預けておく裁判費用などのことを、予納金または予納郵券といいます。

裁判をおこなうときは、裁判の結果次第では、負けたほうが裁判費用の負担を命じられることがあります。

毎回必ずということではありませんが、裁判に勝つことで、貸金業者に郵券代も請求することが可能です。

金額は各裁判所によって異なりますが、1つの貸金業者に対して過払い金請求の裁判をおこなう場合は、約6,000円がかかります。

代表者事項証明書の発行手数料

過払い金請求の裁判をおこなう際、ニコスの代表者事項証明書が必要です。

代表事項証明書は司法書士や弁護士事務所で代わりにとってもらえますが、その発行手数料は依頼者が払わなければなりません。

代表者事項証明書には、貸金業者の商号や本店住所、代表者氏名などが記載されています。

代表者事項証明書は法務局で取得でき、費用は、1通につき600円程度です。

代表者事項証明書の取得費用は、裁判にかかる費用の中では安いものですが、実費でかかるお金は、すべて現金で前払いをするのが原則とされています。

実際には、細かい費用をまとめて払うことも多いので、合計でどれくらいになるか計算しておきましょう。

訴訟手数料・日当交通費等

裁判所に出廷するときの交通費は、依頼者が支払うことになっています。

ニコスの所在地にある裁判所で裁判をおこなうことになれば、そこまでの交通費が必要です。

遅くとも、裁判所に行く前には払わなければなりません。

また、交通費以外に、過払い金請求の裁判をするにあたって、別に日当として費用を請求してくる司法書士や弁護士もいます。

訴訟手数料として貸金業者1社につき5万円や、裁判所への出廷1回につき1万円といった費用を設定していることもあります。

通常裁判になって、さらに長引くことになると、それだけ費用がふくらむかもしれません。

しかし、訴訟手数料や日当交通費などの費用を個別にとっていない事務所もたくさんあるので、依頼する前に確認しておきましょう。

司法書士や弁護士に支払う費用を抑える方法

過払い金請求を司法書士または弁護士に依頼すれば、それだけ費用がかかるのはたしかです。

しかし、できるだけ支払う費用を抑えることもできます。

費用をやすくする方法としては、着手金や相談料がかからない事務所を選ぶのもいいでしょう。

または、過払い金の調査や計算が無料の事務所を探すのも費用の節約になります。

過払い金があるかどうかを調査するだけでも、費用がかかるのが一般的です。

そんな中でも、過払い金の調査をして過払い金が発生しなければ、一切、費用はかからない事務所もあります。

よく分からないまま相談して、思わぬ費用がかかることのないように、不明なことは、電話やメールで初めに聞いておきましょう。

司法書士と弁護士はどちらが安い

一般的に、司法書士が安くて弁護士は高いというイメージを持たれがちですが、必ずそうということではありません。

高い司法書士もいれば、安い弁護士もいます。

着手金がかかる司法書士もいますし、弁護士だからといって、着手金がかかるとは限りません。

しかし、相談料や基本報酬などを見ていくと、司法書士事務所ではかからない事務所が多いのは事実です。

費用の安さだけでいうなら司法書士のほうが安く依頼できる事務所は多いものの、依頼する事務所を費用だけで選ぶのは注意したほうがいいでしょう。

また、司法書士事務所だからといって、安いと思い込んでしまうのも注意が必要です。

どの事務所に過払い金請求の依頼をしたらいいか迷ったときは、複数の事務所に相談して比較してみましょう。

無料相談を設けている事務所なら、複数に相談しても費用はかかりません。

また、有料相談の事務所でも、あらかじめ実績をホームページで確認し、過払い金請求が得意であれば、相談してみるのもいいでしょう。

ニコスの過払い金請求を自分ですると費用は抑えられるがデメリットが多い

ニコスの過払い金請求をするときに、一番費用がかからないのは自分でおこなうことです。

自分でやる場合は、最低限の費用で済みます。

しかし、裁判所に支払う費用や、代表者事項証明書の取得費用などの他、交通費など、費用をゼロにすることはできません。

また、費用よりも、過払い金請求を自分でするにはデメリットが多いといえます。

なにより、利息の引き直し計算というむずかしい準備も必要ですし、他にも資料の取得や書類の作成など、手間と時間がかかります。

一番のデメリットは、返済中の借金が残っている場合です。

貸金業者からの督促や返済は、一般の人では止めることはできません。

止められるのは、法律事務所を通した場合だけです。

この部分を誤解していると、過払い金請求どころか、その間も督促が続くことになり、家族など周囲にバレるリスクが高まります。

また、残っている借金の額によっては、一括返済を要求されることもあるでしょう。

ニコスが先に裁判所を通して督促してくれば、払わなければならない事態も出てきます。

仮に、返済中の借金がなく、交渉に進めた場合でも、返ってくる過払い金が少なくなる可能性は高いといえます。

交渉の相手が素人だと、ニコスは、低い返還率での和解を求めてくることがあるので、安心はできません。

費用を抑えるために自分で過払い金請求をしても、結果的に損をする可能性は十分あります。

費用が安いだけで依頼する司法書士や弁護士を決めてダメ

過払い金請求をするときは、できるだけ費用を抑えたほうが得です。

しかし、だからといって、ニコスの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼する場合、費用の安さだけを重視して選んでもいけません。

ニコスから過払い金を多く取り戻すには、交渉力や実績が大切です。

過払い金請求の経験が多く、さらに、交渉力の高い事務所なら、それだけ高い返還率が期待できます。

多少費用が高くても、その分返還率が高ければ、費用をかなえますし、手元にも過払い金がたくさん戻ってくるので、問題ないということです。

費用が安くても、実績がなく、交渉や回収がうまくできなければ、それだけ返還率も下がります。

そうなると、結果的に損をするかもしれません。

費用だけでなく、交渉力や実績、さらに信頼性など総合的にみて判断しましょう。

そのためには、過払い金請求が得意かどうかを調べ、直接話してみることも大切です。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事