プロミスを過払い金請求した時のクレジットカードへの影響

プロミスを過払い金請求した時のクレジットカードへの影響

クレジットカードや、カードローンの利用が長い場合や、すでに払い終えた分の利息が高かったと感じたときには、過払い金請求を考えてみましょう。

過払い金請求をすると、それまでに払い過ぎていた利息が戻ってくる場合があります。

戻ってくる過払い金の金額によっては、残っている借金が払えるかもしれません。

このページを見ている人は、このページもみています。
過払い金請求をしたらクレジットカードが作れなくなるのか?

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

ところで、「過払い金請求をするとクレジットカードは使えなくなるの?」という疑問を持っていませんか。

他のクレジットカードへの影響を心配して、過払い金請求ができないという人もいます。

しかし、プロミスの過払い金請求をしても、基本的には他社のクレジットカードへの影響はありません。

基本的という表現を使ったのは、一部の条件では影響があるからです。

実際には、過払い金請求によって、どのような影響があるのでしょうか。

まず、過払い金請求の流れと、仕組みについて説明します。

それから、過払い金請求以外の借金の解決方法についても紹介しましょう。

さらに、プロミスに過払い金請求をすることで、他のクレジットカードへの影響について説明します。

自分ではなかなかできない、またはむずかしいと感じたときの方法についても、書いていきます。

借金で困っているときや、過払い金がありそうなときには検討してみましょう。

プロミスの過払い金請求をしても他社のクレジットカードには影響はない

結論からいえば、プロミスの過払い金請求をしても、他社のクレジットカードが使えなくなることはありません。

過払い金請求とは、すでに払い終えた分に対しておこなうものです。

過払い金があるかどうかを調べるには、まず、プロミスに問い合わせをし、「取引履歴」を送ってもらいます。

「取引履歴」には、今までに支払った明細が書かれているので、これをもとに確認すればいいのです。

払ってきた利息に対して「利息の引き直し計算」をし、払い過ぎがあるかどうかをチェックします。

そして、過払い金があれば、その金額をプロミスに請求して戻してもらうというのが、過払い金請求の全体の流れです。

過払い金請求には、時効があります。

そのため、払い過ぎの可能性がある場合には、早めの対処を考えましょう。

しかし、一定の要件を満たすと、他社のクレジットカードにも影響を及ぼす場合があります。

要件によっては、他社のクレジットカードが使えなくなることが出てくるかもしれません。

クレジットカードが使えないと、困る場面がいくつか出てきます。

たとえば、携帯料金の支払いやショッピングなどに使えなくなることもあります。

どんな要件があれば他社のクレジットカードにも影響が出るのか、知っておきましょう。

[rank]

他社のクレジットカードに影響を及ぼす可能性がある条件

プロミスの過払い金請求をして他社のクレジットカードに影響が出るのは、ブラックリストにのったときです。

ブラックリストにのると、プロミスだけでなく、他の貸金業者からの借入もできなくなります。

他の貸金業者とは、カードローンなどもすべて含んだものです。

車を買うときのカーローンにも影響します。

その他には、スマホの機種変更もできなくなるかもしれません。

ただし、スマホの機種変更をするときには、一括での現金払いなら問題なくできます。

クレジットカードが使えなくなったり、新たなカードの作成やローンの審査が通らなくなったりします。

引っ越しをするときにも、保証協会の利用ができなくなる可能性も考えておきましょう。

ただし、ブラックリストにのってしまうのは、一定の期間だけです。

どれくらいの期間のるかは状況によって変わりますが、ブラックリストから外れてしまえば、またクレジットカードを契約することができます。

カーローンの利用や、カードローンの契約にも問題は出ません。

プロミス以外の貸金業者の利用もできるようになります。

ブラックリストにのるのは一時期だけの問題ですが、その間はクレジットカードやローンなどに影響は出てしまいます。

プロミスの過払い金請求でブラックリストにのってしまう条件

ところで、ブラックリストとは実際にはどのようなものでしょうか。

実は、ブラックリストと呼ばれるリストが存在しているわけではありません。

ブラックリストとは、信用情報機関に事故情報が登録されることをいいます。

この場合の事故情報とは、返済をする上で起こったトラブルなどのことです。

たとえば、滞納したときにも事故として扱われるので、その事実が信用情報機関に登録されます。

プロミスの過払い金請求でブラックリストにのるケースは、プロミスに返済中の借金が残っている場合です。

過払い金があると、戻してもらった過払い金を借金の返済にそのままあてることもできます。

残っている借金が、過払い金より少なければ、残金が出ないので、問題はありません。

しかし、過払い金をあてても、借金を完済できない場合には、任意整理をおこなうことになります。

任意整理とは、プロミスと交渉して借金を減額してもらうことで、これによってブラックリストにのってしまうのです。

プロミスへの返済を、延滞したり滞納したりしている場合も、数カ月で信用情報機関に事故情報として登録されます。

延滞や滞納で、いったんブラックリストにのると、返済が正常なペースに戻っても数カ月間はのり続けます。

または、借金を完済するまでのり続けることもあるので、注意しましょう。

クレジットカードはキャッシング枠のみが過払い金の対象

クレジットカードの過払い金請求をするときには、クレジットカードについているキャッシング枠のみが過払い金請求の対象になります。

キャッシング枠の利用がない人や、そもそもキャッシング枠がついていないクレジットカードの場合は、過払い金請求の対象になりません。

クレジットカードの場合は、キャッシング枠で発生したものかどうかを確認しましょう。

ただし、ショッピング枠の利用がある場合には、キャッシング枠で発生した過払い金を、ショッピング枠の返済にそのままあてることになります。

ショッピング枠の返済にあてても、過払い金が余るようなら、そのお金は手元に戻ってくるというのが流れです。

クレジットカード会社にもよりますが、基本的には、余った分の過払い金は指定の口座に入金してもらえます。

もちろん、ショッピング枠の利用がない場合は、過払い金は全額そのまま手元に戻ってきます。

過払い金が戻ってくるタイミングは、クレジットカード会社によって異なるので、直接確認しましょう。

すでに払ったお金から戻してもらえるものなので、プロミスのようなカードローンや貸金業者に限らず、クレジットカードのキャッシングの利用があれば、過払い金請求を考えたほうが得です。

[rank]

ショッピング枠の利用がある場合は要注意

クレジットカードで過払い金請求の対象になるのは、キャッシング枠のみです。

ショッピング枠が過払い金請求できないのは、理由があります。

それは、ショッピングは借金ではなく立替金だからで、そのため過払い金請求の対象になりません。

ショッピング枠の利用があれば、過払い金をそのまま返済にあてることになりますが、注意したいのは、過払金で完済できないケースです。

過払い金だけをあてにしなくても、他に払えるお金があるなら問題はないでしょう。

しかし、過払い金でも完済できず、他に払えるお金がない場合には、任意整理をするしかありません。

その結果、事故情報として信用情報機関に登録され、ブラックリストにのってしまうのです。

ブラックリストにのると、この前で説明した通り、プロミスだけでなく他の貸金業者からも借入ができなくなったりクレジットカードが使えなくなったりします。

新たにクレジットカードを作ろうとしても、ブラックリストになっている間は審査が通りません。

他のローンも同じです。

審査が通らないのは、クレジットカードやローンの審査には信用情報機関の情報が利用されるからで、ブラックリストに入っている間はずっと続きます。

ショッピングの利用がある方は、過払い金請求をする前に完済させておくか、金額を減らしておくようにしましょう。

過払い金で完済できるだけの金額まで抑えておけば、完済ができずにブラックリストにのるというリスクを防げます。

プロミスに過払い金請求をした後にクレジットカードを作る

プロミスに過払い金請求をしても、他社のクレジットカードには影響が出ません。

そのため、新たにクレジットカードを作りたい場合でも、審査に影響しないので、安心できます。

携帯電話の分割払いや、カーローンの審査にも影響はしません。

もちろん、利用中のクレジットカードの限度額に制限がかかることもなにもないので、安心して過払い金請求ができます。

ただし、プロミスへの過払い金請求とは別に、なんらかの遅延や滞納でブラックリストにのっている場合は別です。

その場合は、新規のクレジットカードやローンの審査が通らない可能性が高くなります。

もしも、新規のクレジットカードの審査が通らなかったり、携帯電話の分割払いが通らなかったりしたら、他に遅延や滞納がないか考えてみましょう。

また、遅延や滞納をしてしまったときには、数カ月程度様子をみたほうがいいかもしれません。

プロミスの過払い金請求だけではクレジットカードなどの審査に影響しないので、他の可能性を考えてみる必要があります。

過払い金請求をする前にまずは過払い金の計算をしよう

過払い金請求をおこなう前に、実際に過払い金が発生しているのかを調べなければなりません。

調べるには、プロミスや貸金業者、またはクレジットカード会社に連絡をして、過去の取引履歴を開示してもらう必要があります。

その上で、実際に支払った利息と、本来払うべき利息を計算し、その差額を出していきます。

ただし、慣れていない人がおこなう場合、スムーズに進むとは限りません。

ひとつは、計算がむずかしいということです。

計算を間違ってしまえば、正しい過払い金は戻ってこないでしょう。

さらに、うまく交渉ができなければ、プロミスやクレジットカード会社に過払い金請求そのものを断られることもあります。

取引履歴をなかなか送ってくれなかったり、過払い金請求までたどりつけても、なかなかお金を戻してもらえないかもしれません。

過払い金請求に応じてもらえるとしても、専門的な計算でむずかしくて分からないという場合は、司法書士や弁護士に相談するほうが簡単です。

過払い金請求は、実際にやってみると時間がかかることもあります。

忙しくて時間がなかなか取れないときにも、専門家に相談してみましょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事