【絶対に知っておきたい】プロミスの過払い金請求のデメリットは状況によって変わる

【絶対に知っておきたい】プロミスの過払い金請求のデメリットは状況によって変わる

「過払い金請求ってブラックリストにのるの?」「過払い金請求でお金は返ってくるのは知っているけどデメリットはないの?」という不安を持っている人は多いものです。

たしかに、過払い金請求をするのは、メリットばかりではありません。

過払い金請求には、デメリットになる部分もあります。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

プロミスの借金を完済したあとでも、または返済中でも過払い金請求は可能です。

過払い金請求は自分でおこなうこともできますし、司法書士や弁護士に依頼することもできます。

ただし、プロミスの過払い金請求は1回しかできません。

そのため、失敗しないように注意が必要です。

そこで、プロミスに過払い金請求をする前に、デメリットを知っておきましょう。

そうすることで、過払い金請求をしたあとに後悔せずにすみます。

また、過払い金請求に不安を抱えている人は、悩みの解消もできるでしょう。

このページでは、プロミスに過払い金請求をする際の、それぞれの状況ごとで起こり得るデメリットについて解説します。

プロミスの過払い金請求をする際の共通のデメリットとメリット

プロミスに過払い金請求をおこなうことで起こるデメリットとメリットは、状況に応じて違います。

しかし、状況に関係なく共通したデメリットとメリットもあります。

完済したケースと、まだ返済中のケースのいずれにも共通している、デメリットとメリットは2つあるので、あらかじめ知っておきましょう。

過払い金請求をおこなう前に理解しておけば、実行するかどうかの判断基準になりますし、あとで困る事態を回避できます。

プロミスの過払い金請求をするデメリット

プロミスの過払い金請求をすることで起こる共通のデメリットは、プロミスから借入ができなくなることです。

通常、完済している場合であれば、過払い金請求をしても個人の信用情報に傷がつくことはありません。

一般的にいわれているブラックリストに入るということはないのが、通常です。

しかし、貸金業者ごとでまとめている顧客の利用状況をもとに、過払い金請求をおこなった人に対して借入の対象にしないという貸金業者があります。

プロミスも、過去に過払い金請求をおこなった人には、借入の対象にしないという傾向がみられます。

ただし、あくまでプロミスだけの問題で、他の貸金業者には影響しません。

プロミス以外の貸金業者からは借入は、問題なくできます。

[rank]

プロミスの過払い金請求をするメリット

プロミスに過払い金請求をするメリットは、過去に払い過ぎた利息を取り戻せることです。

どれくらいの利息が取り戻せるかは、利用した時期や期間、利用した頻度など、さまざまな事情によって異なります。

数十万というケースもあれば、人によっては100万円を超えていたという場合もあります。

しかし、たとえ数十万円でも、ばかになりません。

それだけのお金があれば、仮に返済中の借金やクレジットカードの支払いがあっても、残金を完済できる可能性も出てきます。

預貯金にしたり、他の予算に回したりといったこともできるでしょう。

取り戻せる利息があるのであれば、請求して取り戻したほうがメリットははるかに大きいといえます。

完済したプロミスの借金を過払い金請求するデメリットとメリット

完済したプロミスの借金の過払い金請求するデメリット

すでに完済した借金に対して過払い金請求をおこなう場合でも、プロミスを利用できなくなるのがデメリットです。

これは、社内で独自にまとめているデータをもとにしているもので、信用情報機関に掲載されるということではありません。

また、たとえプロミスを利用できなくなったとしても、一時的という場合もあります。

しかし、プロミスが利用できない場合でも、他の貸金業者なら問題なく利用できるので、大きなデメリットにはなりません。

これは、借金が完済している場合の過払い金請求は、ブラックリストの対象にならないのが理由です。

過払い金請求は、ブラックリストの対象になるという話を気にしている人もいますが、完済しているものに関しては載ることはないので、心配はいりません。

ただし、過払い金請求には時効があります。

時効の成立は、借金を完済した日から計算して10年です。

時効を過ぎてしまうと、たとえ司法書士や弁護士に依頼しても、過払い金請求はできないので、注意しましょう。

[rank]

完済したプロミスの借金の過払い金請求するメリット

完済した借金に対して過払い金請求をおこなうメリットは、過去に払い過ぎたお金が返ってくるということです。

もしも、金銭的に困っている状況であれば、新たな借金をしなくても、過払い金で解決することもできます。

過払い金請求ができると思っていなかった人であれば、思わぬ臨時収入が入るので、喜びはさらに大きいでしょう。

旅行費用や引っ越しの費用にあてられるかもしれません。

どれくらいのお金が返ってくるかにもよりますが、自由に使える臨時収入が入ってくるので、その分、心にも余裕ができます。

プロミスは完済できていても、他の貸金業者に借金が残っている場合は、その返済あてることも可能です。

場合によっては、抱えている借金が解決できることもあります。

家庭を持っている人なら、家族のために使ったり家計の不足を補ったりすることもできます。

そのまま預金しておけば、急な出費への備えにもなるでしょう。

返済中のプロミスの借金を過払い金請求するデメリットとメリット

返済中のプロミスの借金を過払い金請求するデメリット

まだプロミスに返済中の場合は、過払い金請求をすることで、さまざまなデメリットが出てきます。

プロミスに返済中の借金がある場合は、過払い金があっても、残りの借金返済にあてられることになります。

過払い金で残金のすべてが返済できるなら、心配はいりません。

過払い金請求をすることで、残っている借金がなくなる場合があるからです。

ただし、残っている借金より、過払い金の額が少ないときは注意が必要です。

過払い金が少なくても、預貯金など、不足部分を補えるお金があればいいですが、用意できない場合は、任意整理という手続きに進むと考えたほうがいいでしょう。

任意整理をおこなうと、ブラックリストにのる可能性が出てきます。

ブラックリストにのると、プロミスだけでなく、他の貸金業者の利用ができなくなります。

ブラックリストにのった場合、クレジットカードやローンを新規で契約したくても、ほぼ審査は通りません。

返済中に過払い金請求をおこなう場合は、上記の点が大きなデメリットです。

[rank]

返済中のプロミスの借金を過払い金請求するメリット

プロミスに返済中の借金が残っている場合でも、場合によってはメリットになります。

まず、残っている借金を、過払い金によって減らせることです。

仮に、過払い金だけでは足りない場合でも、手持ちのお金で払える金額であれば、借金がすべて解決できます。

過払い金が返済中の借金よりも多ければ、借金を完済させることができるうえに、余った過払い金は手元に戻ってきます。

借金の残りを完済しても、さらに手元に戻ってくる過払い金があれば、それだけ心の余裕につながるでしょう。

余った過払い金をそのまま預貯金にしておけば、大きな出費が必要なときに借金をする必要がありません。

戻ってきた過払い金の額が大きければ、預貯金の他にショッピングや旅行費用などまわすことも可能です。

欲しかったのにあきらめていたものを購入したり、ちょっとぜいたくをしたりと、楽しい使い方ができるかもしれません。

借金の返済がなくなれば、その分、生活にも余裕が生まれます。

自分でプロミスの借金の過払い金請求をするデメリットとメリット

自分でプロミスの借金の過払い金請求をするデメリット

プロミスへの過払い金請求は、自分でおこなうこともできます。

ただし、多くのデメリットが考えられるので、あらかじめ知っておくといいでしょう。

まず、手間と時間がかかることです。

そもそも、過払い金があるかどうかを調べるには、プロミスに取引履歴を請求するところから始めなければなりません。

取引履歴をスムーズに送ってくれない場合もあるので、時間がかかることもあります。

仮に、すぐ送ってくれたとしても、正しい利息を出すために「利息の引き直し計算」が必要です。

この計算が正しくできないと、過払い金があるかどうかさえ、分かりません。

過払い金の計算を自分ですることになるので、間違えると過払い金が少なくなったりプロミスに過払い金請求を断られたりすることもあります。

この最初の段階で、実際にはむずかしいといえます。

すでに完済している場合でも、または返済中の借金が残っている場合でも、過払い金に関する正しい情報収集をした上で判断をするのは、素人にはむずかしい内容が多いでしょう。

過払い金を戻してもらうための請求書を送れたとしても、プロミスとの交渉には、時間がかかります。

特に、交渉はかなりむずかしく、自分でおこなう場合は過払い金の返還率が低くなるかもしれません。

プロミスは、交渉の相手が知識のない素人だと都合のいいように言いくるめてくることが多く、返還率を低くしてくることが多いからです。

さらに、交渉がスムーズに進まず裁判をすることになれば、かかる手間と時間はさらに増えます。

裁判が開かれるのは平日なので、仕事を休んで裁判所へいかなければならなりません。

しかも、1回や2回では終わらない場合もあり、長引けばそれだけデメリットになります。

[rank]

自分でプロミスの借金の過払い金請求をするメリット

自分でプロミスに過払い金請求をおこなう際は、メリットもあります。

一番のメリットは、司法書士や弁護士に支払う費用がかからないことです。

依頼する事務所によっては、着手金と、その他に成功報酬もかかりますが、その分もすべて無料になります。

費用としてかかるのは、裁判所に支払う手数料と、自分の交通費など実費だけになり、かなり安く実現できます。

ただし、費用がかからなくても、返還率が低くなる可能性があるのは否定できません。

その上、裁判所に提出する書類に不備があれば、その先に進むことができず、時間がかかることもあります。

結果的に、司法書士や弁護士に依頼した方が得をする可能性が高いでしょう。

司法書士や弁護士にプロミスの借金の過払い金請求を依頼するデメリットとメリット

司法書士や弁護士にプロミスの借金の過払い金請求を依頼するデメリット

プロミスへの過払い金請求を、司法書士や弁護士に依頼するときのデメリットもあります。

どのような事情で依頼する場合でも、依頼には費用がかかるので、それがデメリットです。

経済的に余裕がない人にとって、費用の捻出は大きな負担になるでしょう。

司法書士や弁護士にプロミスの借金の過払い金請求を依頼するメリット

過払い金請求を司法書士または弁護士に依頼するのは、メリットが多いといえます。

何より、手間と時間がかかりません。

司法書士や弁護士は、ほとんどの手続きを代理でおこなってくれるのが仕事です。

一番のメリットは返済と督促が止まることで、特に滞納しているときは、司法書士や弁護士のメリットを感じる人は多いかもしれません。

返済や督促は、自分で過払い金請求をおこなう場合はとめられないので、この点は注意しておきましょう。

プロミスとの交渉も、認定を受けた司法書士や弁護士がすべて代行してくれます。

通常、司法書士は代理で交渉をすることはできませんが、法務大臣から認定を受けている司法書士であれば、代理交渉が可能です。

プロミスや裁判所からの連絡は、認定司法書士や弁護士にいくので、借金や過払い金請求をしていることが、周囲にバレにくいメリットもあります。

裁判所やプロミスの窓口はすべて認定司法書士または弁護士が代理人になるので、何かあったときに報告をもらうだけです。

また、司法書士や弁護士からの連絡は、連絡先や時間帯を配慮してくれるので、職場や家族に知られる心配もありません。

法律の知識を持ったプロが交渉するため、過払い金の返還率が、自分でおこなうより高いのもメリットです。

さらに、過払い金請求の実績がある事務所を選んで依頼すれば、高い交渉力が見込めるので、プロミスも不当な和解案をだすことがなく、自分でやるよりも有利な返還率が期待できます。

過払い金請求をするなら司法書士や弁護士に相談すべき

プロミスに借金をした経験のある人で、すでに完済しているなら、過払い金の可能性を考えてみましょう。

過払い金請求は時効期限があるので、可能性があるなら、すぐに過払い金請求をすべきです。

ただし、返済中の人はブラックリストにのる可能性があるので、まずは自分に過払い金がいくらあるのか調べることが重要といえます。

ただし、過払い金が少なく借金が残る状況でも、滞納や延滞が続いているのであれば、任意整理をして借金を減額した方が良いこともあります。

過払い金請求は自分でおこなうこともできます。

しかし、デメリットが多く、過払い金の知識や交渉力がなければ、むずかしいのが現実です。

自分では自信がない人でも、司法書士や弁護士であれば任せることができます。

費用を払う必要はありますが、自分でするよりも多く過払い金が取り戻せるでしょう。

過払い金があるが、自分ではどうしていいか分からない、または、過払い金自体があるかどうか調べることができない、そんな場合は悩むより相談することで解決できます。

まずは、司法書士や弁護士に、自分の状況をそのまま相談してみることから始めましょう。

費用の問題も含め、とにかく相談することが重要です。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事