オリコの過払い金請求はリスクが多い?意外な落とし穴と回避する方法

オリコの過払い金請求はリスクが多い?意外な落とし穴と回避する方法

オリコからの借金について過払い金請求をするべきか考えている人のなかには「過払い金請求ってよくCMでみるけどリスクはないの?」「過払い金請求って絶対に損しないの?」といった疑問を持っている人もいるでしょう。

過払い金請求をすれば返済しすぎたお金を取り戻すことができますが、いくつかのリスクがあるのも事実です。

これらのリスクを知らないで過払い金請求をすると後悔することになる可能性もあります。

リスクを事前に把握して回避しなければなりません。1つの貸金業者に対する過払い金請求は1度しかできませんのでオリコに対する過払い金請求も1度だけです。

大切な機会を活かせるようにリスクを回避し最善の方法で過払い金を取り戻しましょう。

オリコから過払い金が返ってこなくなるリスク

過払い金請求の時効が成立する

オリコから過払い金を取り戻せない原因のひとつに、過払い金請求の時効消滅があります。

過払い金請求をする権利は、借金を完済してから10年間行使しないでいると時効によって消滅してしまうのです。

時効は民法で定められており、権利が時効で消滅してしまうとその権利はなかったことになってしまいます。

したがって、過払い金請求権が時効消滅してしまうと、司法書士や弁護士であっても過払い金を回収することはできないのです。

借金を完済している場合でも、現在借金を返済中の場合でも過払い金請求はできますので、一度自分に過払い金が発生していないのかを調べてみましょう。

過払い金が発生していれば過払い金請求ができますが、完済済みの借金について発生している過払い金については特に急いで請求をしなければなりません。

完済日から10年間の時効のカウントは始まっているからです。

貸金業者が倒産する

貸金業者が倒産してしまうと過払い金は取り戻せなくなります。

貸金業法が改正され、多数の過払い金請求が行われはじめた2007年頃から現実に多くの貸金業者が倒産しました。

オリコも2007年頃には債務超過に陥っています。

しかし、オリコは株式会社みずほ銀行との関係が強く、経営は安定しています。

2017年9月時点の筆頭株主は株式会社みずほ銀行で、その持株比率は50%近くありますので、オリコが倒産する心配はありません。

オリコから返ってくる過払い金が少なくなるリスク

過払い金の計算を間違える

オリコから過払い金は返ってくるものの、その金額が少なくなってしまう原因として、過払い金の計算を間違って請求してしまうというものがあります。

過払い金の算出には複雑な利息計算をしなければならないので難しく、専門家でもない一般の人だと間違えやすいものです。

過払い金の計算を間違えて少なく見積もってしまうと、オリコから戻ってくる過払い金は少なくなります。

また、多く間違えた場合もオリコから過払い金請求を断られてしまうリスクがあります。

したがって、自分で過払い金計算をしてもそれはあくまでも目安として使い、実際の請求にあたっては司法書士や弁護士に依頼して正確な過払い金の額を計算してもらうのがおすすめです。

過払い金の調査や計算を無料で行ってくれる事務所もあるので利用すると良いでしょう。

オリコとの和解交渉で言いくるめられる

オリコは多数の過払い金請求を受けてきており、過払い金に関する交渉に慣れています。

交渉の相手が過払い金請求に関する知識のない素人だとわかると、強気の交渉でオリコに有利な条件での和解を持ち掛けようとします。

知識や経験のない人だと不利な条件で和解をさせられてしまうリスクがあるので注意が必要です。

司法書士や弁護士に支払う費用が高すぎる

オリコへの過払い金請求について司法書士や弁護士に依頼する場合、費用の高すぎる事務所に依頼してしまうと過払い金を取り戻せても手元に残るお金は少なくなってしまいます。

司法書士や弁護士に支払う必要のある費用については、日本司法書士会連合会やの指針や日本弁護士連合会の規程で上限が定められています。

司法書士や弁護士はこれらの上限に従わなければなりませんが、なかには上限を超える報酬を設定したり、違う名目や中身の不透明な手数料などを設定したりして多くの料金を支払わせようとする事務所があるのも事実です。

したがって、司法書士や弁護士に依頼する前に事務所のホームページなどで費用を確認し、事前に費用に関する詳細な説明を受けるようにしましょう。

司法書士や弁護士の対応方針による影響

過払い金請求をする方法には、裁判の判決を得て解決する方法と、任意交渉と呼ばれる話し合いで解決する方法があります。

裁判は時間のかかる方法ですが戻ってくる過払い金の額は多くなります。

一方、任意交渉は和解に至るまでの時間が短くなりますが戻ってくる過払い金の額は少なくなりがちです。

司法書士事務所や弁護士事務所によって過払い金請求での得意な解決方法があるため、任意交渉での解決を好む場合や裁判での解決を中心に進める事務所があります。

大切なことは、状況に合わせて必要な解決方法を採用してくれることで、自分の要望に沿って解決を目指してくれる事務所を選ぶことが大切です。

なかには、手間と時間がかかる裁判はしない方針の事務所もありますので、必要に応じて裁判をしてくれるのかなどを事前に質問して確認しておくようにしましょう。

オリコへの借金や過払い金請求がバレるリスク

オリコから借金していることを家族に内緒にしている場合には、過払い金請求によって借金の事実が家族にバレるリスクが心配な人も多くいます。

そこで、過払い金請求によって家族に借金の事実がバレてしまう理由や、家族に知られないで過払い金請求をおこなう方法を説明します。

家族や職場にバレる理由

オリコに過払い金請求をすると、オリコから自宅に書類が郵送されたり、過払い金交渉で電話がかかってきたりします。

現在もオリコに借金を返済している場合、自分で過払い金請求をするとオリコから督促状が来る場合もあります。

これらによって、オリコとの関係が家族や職場にわかってしまい借金の事実がバレてしまうのです。

また、裁判をすれば裁判所から電話や郵送で連絡も入ります。

司法書士や弁護士に依頼する場合でも、家族には知られたくないなどの事情を話しておかなければ、事務所からの連絡も入ります。

裁判所や司法書士、弁護士などと連絡を取り合っていれば家族などは何があったのかと心配になりますので借金のことを説明しなければならなくなるでしょう。

バレないようにする対策

過払い金請求を自分ですると、オリコからの連絡はすべて自分宛に届きます。

交渉も自分でする必要があるため、オリコと頻繁に連絡を取り合うことになり、家族などに知られてしまう可能性は高くなります。

これに対し、司法書士や弁護士に依頼すればオリコからの連絡はすべて司法書士や弁護士に入ります。

特に「受任通知」というものを司法書士や弁護士が出せば、オリコは債務者に督促をしたり直接連絡をしたりすることはできなくなるので安心です。

また、家族には秘密にしておきたいということを司法書士や弁護士に伝えておけば、事務所からの連絡についても配慮してもらえるでしょう。

連絡方法や連絡時間などに気をつけてくれることはもちろん、郵送物の差出人に事務所名を出さないなど工夫して対応してくれるのです。

オリコから新たな借入ができなくなるリスク

過払い金請求をすると所持しているオリコカードが解約になる

オリコに対して過払い金請求をすると、オリコカードは自動的に解約になります。

したがって、オリコから新たな借入はできなくなります。

他の貸金業者であれば利用できる

解約になるのはオリコとの関係だけで他の貸金業者には影響がありません。

したがって、他の貸金業者は引き続き利用できます。

過払い金請求後にオリコカードは作れるか

オリコに過払い金請求をしてオリコカードが自動解約になったあと、再度オリコカードを作って利用することができるかどうかは、借入をしていた際の返済状況によって異なります。

返済中に滞納や延滞をせず有料顧客として認められていたのであれば再契約できる可能性はあります。

一方、滞納や延滞があると再契約はむずかしいでしょう。

もっとも、貸金業者は数多くあるためオリコにこだわる理由はありません。

他の貸金業者を利用すれば良いでしょう。

クレジットカードが使えなくなるリスク

他社のクレジットカードには影響なし

オリコに過払い金請求をしても、他社のクレジットカードには影響がなく、それまでと同じように使うことができます。

過払い金請求後にクレジットカードは作れるか

オリコに過払い金請求をしても他社のクレジットカードには影響はないため、過払い金請求後に新たにクレジットカードを作ることは可能です。

ただし、滞納や延滞などの情報は貸金業者が信用情報機関を通じて共有しているため、借金の滞納や延滞があるとさまざまな貸金業者がその情報を知ることになります。

ブラックリストにのるリスクがある

信用情報機関に事故情報が載るのは、借金の滞納や延滞がある場合です。

したがって、借金をきちんと完済していればブラックリストに載ることはありません。

また、返済中の借金について過払い金請求をしても、返ってくる過払い金を残りの借金返済に充当して完済になる場合にもブラックリスクに載ることはありません。

この場合も完済扱いになるからです。

しかし、返済中の借金について過払い金請求をする場合には、きちんと注意をしておかなければブラックリストに載ることがあります。

過払い金請求をすることに伴う大きなデメリットになりうることですから、下記の注意点をよく確認するようにしましょう。

オリコに返済中で過払い金が借金より少ないとブラックリストにのる

オリコに返済中の借金の残りの額よりも戻ってくる過払い金の額が少ない場合には「任意整理」になります。

任意整理というのは、返済が難しくなった債務者の借金額を減らすように債権者と交渉する手続です。

したがって、任意整理も事故情報の一種として信用情報に登録されブラックリストに載ることになります。

このような事態を防ぐためには、過払い金の計算を正確にすることが必要です。

返ってくる過払い金の額と残りの借金を正確に比較できれば、過払い金で借金を完済できるかどうかを判断できます。

ただ、過払い金の計算は複雑で、知識や経験がないと時間もかかり計算を間違える危険もあります。

この点、司法書士や弁護士に計算を依頼すれば早くて正確ですのでおすすめです。

ブラックリストにのるとどうなる?

ブラックリストに載ると、多くの貸金業者に事故情報が共有されてしまいます。

そのため、オリコだけでなく他の貸金業者の対応にも大きな影響が出てしまいます。

まず、任意整理でブラックリストに載ってしまうと、約5年間はオリコだけでなく他の貸金業者からも新たな借入はできなくなります。

また、クレジットカードの作成もできなくなり、ショッピングローンやカーローンなど各種ローンの審査も通りません。

また、滞納や延滞でブラックリストに載ってしまうと、借金を完済するまではリストに載り続けます。

過払い金を充当してもオリコへの借金が完済にならない場合、ブラックリストに載ることを避けるなら過払い金請求をしないという方法もあります。

ただ、ブラックリストに載ることを承知のうえで過払い金請求をしたほうが良い場合もあります。

新たな借入ができなくなるとしても、現実にある借金の額を減らすほうが生活再建に役立つこともあるのです。

借金を返済するために新たな借金をするという悪循環に陥ると、借金は雪だるま式に増えて一生借金を返し終わることができないという可能性もあります。

苦しい借金生活を続けるよりも、思い切って任意整理をして借金に依存した生活から抜け出すという決断が大切です。

ブラックリストに載ると新たな借入はできなくなるため、借金依存から離れられるというようにプラスに考えることも可能でしょう。

まずは司法書士や弁護士に過払い金がいくらあるか相談してみる

過払い金請求をするには、過払い金が発生しているのかどうか、また過払い金の金額はいくらになるのかを確認することが大切です。

司法書士や弁護士に相談して過払い金の計算をしてもらいましょう。

過払い金の相談や計算だけであれば費用のかからない事務所もあります。

過払い金の金額を確認して、請求をすることに伴うリスクの説明を受けてから依頼をすれば良いでしょう。

不安な点は何もかも質問する姿勢が大切です。

過払い金請求の手続を始めてからリスクについて考えるのではなく、手続に入る前にリスクを把握することが大切です。

きちんとリスクを把握して対策をしておけば、ノーリスクで過払い金を取り戻すことも可能なのです。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事