三菱UFJニコスの過払い金請求を司法書士と弁護士に相談すべき

三菱UFJニコスの過払い金請求を司法書士と弁護士に相談すべき

ニコスでキャッシングしたことのある人は、過払い金が発生している場合があります。

過払い金請求は、自分でおこなうこともできます。

基本的には、利用した本人がニコスに対して過払い金請求をするのは、何の問題もありません。

ただし、過払い金請求をできるだけスムーズに進めるには、素人がおこなうより、司法書士・弁護士にまかせる方が安全です。

過払い金請求には、むずかしい書類も必要になるので、多くの人は司法書士・弁護士に依頼しています。

司法書士・弁護士に依頼する理由は、ほかにもあります。

ニコスとの交渉もスムーズに進みやすく、返ってくる過払い金の額が高くなりやすいということです。

しかし、司法書士と弁護士では、いったいどちらに依頼するほうがいいのか、悩む人もいるかもしれません。

ここでは、ニコスへの過払い金請求をするうえで、司法書士や弁護士に依頼するメリットとデメリットについて解説します。

さらに、司法書士と弁護士の違いや、実際に依頼する事務所の選び方についても説明しますので、自分に合った事務所を選んでみましょう。

ニコスの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼するメリットとデメリット

ニコスの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼するメリット

手間と時間が省ける

ニコスに対して過払い金請求をする前に、過払い金があるかどうかを調べなければなりません。

そのためには、ニコスに連絡をして取引履歴を入手する必要があります。

次に、取引履歴をもとにして、利息の引き直し計算をおこないます。

そして、過払い金があれば、ニコスに対して過払い金請求をし、返してもらうのが基本的な流れです。

ただし、過払い金を返してもらうには、請求するだけでなく交渉もしなければなりません。

スムーズに応じてもらえない場合は、裁判になることもありますが、裁判にいたらなくても、その前の和解交渉には時間がかかります。

さらに、万が一裁判になった場合には、裁判所で使う書類も必要ですし、強制執行するまで時間もかかり、大変です。

ただし、司法書士や弁護士に依頼すれば、こうした一連の作業や難しい書類の作成をしてもらえるというメリットがあります。

返ってくる過払い金が多くなる可能性が高い

自分で手続きをおこない、交渉をしても、ニコスは自分が希望する通りの金額では和解してくれない可能性が高いでしょう。

多くの場合、希望の金額よりも低い金額での和解案を提案してきます。

または、それ以前に、取引履歴をなかなか送ってもらえないこともあります。

ただし、交渉に慣れている司法書士や弁護士が相手の場合は、不当な和解案を提案してくることはほとんどありません。

そのため、希望する金額がスムーズに返ってくることが多いという点も、大きなメリットです。

ニコスに返済中の場合、貸金業者への返済や督促が止まる

過払い金請求をおこなう際、注意したいのが、返済中のキャッシングが残っている場合です。

司法書士や弁護士を通せば、返済や督促が止まるというメリットがあります。

しかし、一般の人が自分で過払い金請求をおこなうときには、返済や督促を止めることはできません。

特に、滞納しているような場合は、裁判所を通してニコスから一括請求されてしまうこともあるので、注意しましょう。

月々の支払いが苦しい人は緊急性が高いので、重要なポイントです。

誰にもバレずにニコスに過払い金請求ができる

司法書士や弁護士を通して過払い金請求をすると、周囲にバレにくいというメリットもあります。

これは、司法書士や弁護士が代理人になることで、ニコスや裁判所からの連絡はすべて司法書士や弁護士が窓口になるためです。

電話をはじめ、郵便物なども自宅に直接届くことはありません。

また、ニコスに連絡や裁判所に連絡や書類の提出が必要なときにも、司法書士や弁護士が代理でおこなってくれます。

同居家族に知られずに過払い金請求をしたい人にとって、バレるリスクが抑えられ、スムーズに解決できるでしょう。

ニコスの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼するデメリット

一方、司法書士や弁護士に依頼する際のデメリットもあります。

それは、司法書士や弁護士に費用を払うことです。

司法書士や弁護士の事務所によってもかかる費用は違うので、万が一返ってくる過払い金がない場合には、余計な出費で終わってしまうかもしれません。

過払い金がかなり見込める場合でも、費用を前払いする事務所だと、お金を用意しなければならないのはデメリットです。

しかし、依頼の費用は、実際に返ってきた過払い金から差し引く事務所が多く見受けられます。

その場合は、事前に費用を払う心配はありません。

ニコスの過払い金請求を依頼するうえでの司法書士と弁護士の違い

司法書士と弁護士のどちらに依頼するか決める前に、司法書士と弁護士の違いについて知っておきましょう。

司法書士は、裁判所などへ提出する書類作をおこなうことを主な業務とする、国家資格です。

一般の司法書士は、書類の作成や法律相談といった仕事に限定され、代理で交渉することはできません。

ただし、法務大臣から認定を受けた司法書士なら、140万円を超えないものであることを条件に、代理で交渉までおこなうことができます。

これに対して、弁護士は裁判所で扱う民事事件を中心に、すべての代理業務がおこなえる国家資格です。

そのため、140万円を超える金額の代理交渉や手続きをお願いしたいときには、弁護士に依頼しましょう。

実際には、司法書士事務所から弁護士事務所を紹介してもらえることもあるので、どちらに相談しても特に問題はありません。

ただし、弁護士より、司法書士のほうが費用の安い事務所が多い傾向があります。

弁護士は、少額の過払い金だと案件を受けてくれないことがある上に、受けてくれた場合でも、費用が高い事務所が多いので、手元にもどってくるお金が少なくなる可能性も出てきます。

そのため、自分の状況にあった司法書士や弁護士を選ぶことが大切です。

ニコスの過払い金請求を依頼する司法書士や弁護士の選び方

ニコスの過払い金請求に応じている司法書士や弁護士はたくさんいます。しかし、依頼する事務所を間違えると、満足できるだけの過払い金が返ってこないかもしれません。

返ってくる過払い金の額だけでなく、交渉や解決に時間がかかることもあるので、事務所選びは重要です。

できるだけ有利に進めるために、事務所を見つける際のポイントについて教えます。

口コミ・評判や事務所のホームページを見てみる

口コミや評判を参考にするのもひとつの方法ですが、それだけで判断してはいけません。

まず、事務所のホームページを見てみましょう。

事務所のホームページでは、その事務所が得意として業務を前面に出していることが多く、依頼の判断基準にできます。

過払い金請求を得意としていないようであれば、その事務所について調べたほうがいいかもしれません。

通常は、過去の実績を掲載していることが多いので、実績として数字をあげている事務所なら、実力がある可能性が高いでしょう。

ニコスの過払い金請求の実績があるか確認する

得意な業務として過払い金請求をあげていなくても、ニコスに過払い金請求をしたという実績があることが重要です。

過払い金請求は、貸金業者によって対応や難易度が違います。

そのため、他の貸金業者への実績ではなく、ニコスに対して過払い金請求をしたという実績があることがポイントなのです。

どれだけ他の貸金業者で実績があっても、ニコスへの過払い金請求の経験がなければ不安だと考えたほうがいいでしょう。

ホームページで分からない場合には、電話で相談し、問い合わせてみるのも良い方法です。

相談の際にかかる費用や期間についての説明してくれる

実際に相談した際には、費用や期間についての説明をどのようにしてくれるかも、ポイントにしましょう。

過払い金請求にかかる期間については、具体的に出すことは難しい場合もありますが、おおよその目安を出すことはできます。

また、口コミや評判投稿サイト、事務所のホームページに記載されている金額と違う場合があるので絶対確認は必要です。

過払い金請求の手続きが終わったあとに、よくわからない費用が引かれてしまい、返ってきた過払い金が少ないといったトラブルもあるので、注意しましょう。

質問に対してていねいに回答してくれるかどうかは、重要な判断ポイントです。

ニコスに対して過払い金請求の裁判まですることを考えてくれる

ニコスの過払い金請求は、裁判をすることで返還率が高くなる傾向があります。

事務所に相談するときには、スピード解決を優先して和解で解決するか、それとも、取り戻す過払い金を多くしたいのかを決めておきましょう。

相談したときに、自分の要望をかなえる姿勢があるかどうかも重要な判断ポイントです。

最初から裁判をせずに、話し合いによる交渉でスピード解決をモットーとする事務所もあります。

自分では返還率を高くすることを優先したいのに、裁判を避けることしかすすめない事務所は、注意したほうがいいかもしれません。

司法書士や弁護士に依頼した場合にかかる費用と相場

相談料

相談だけでも、費用がかかる事務所もあります。

ただし、過払い金請求の場合は、ほとんどの事務所が無料相談を設けています。

ホームページに掲載されていることも多いので、あらかじめ確認しておいたほうが安心できます。

弁護士事務所の場合は、30分で5000円程の費用がかかる事務所も多いので、ホームページに記載がない場合は、相談前に確認したほうがいいでしょう。

着手金

着手金とは、過払い金請求の手続きに入ってもらう前に、払わなければならない費用のことです。

主に弁護士事務所を利用するときにかかりますが、司法書士事務所の場合、かかる事務所はほとんどありません。

過払い金請求の着手金相場は1~2万円程度ですが、実際には事務所や地域によってさまざまです。

あらかじめ聞いておき、納得できたら依頼しましょう。

基本報酬

基本報酬とは、過払い金の調査からニコスとの交渉、さらに、過払い金の入金から返金手続きまでの事務手続きにかかる費用のことです。

ただし、基本報酬がかからない事務所もあります。

基本報酬の相場は、貸金業者1社につき4~5万円程度です。

たとえば、ニコスとそれ以外の貸金業者の2社なら、8万~10万円かかります。

成功報酬

成功報酬とは、過払い金が回収できた場合に、回収された過払い金から○○%という具合に、回収した金額に応じて支払う費用のことをいいます。

成功報酬に関しては、司法書士会と弁護士会で上限が決められており、裁判なしでは20%、裁判ありでは25%が上限です。

成功報酬の相場は、大体上限の20%と25%と考えておいたほうがいいでしょう。

減額報酬

減額報酬とは、借金返済中で引き直し計算を行った結果、減少した債務額の○%を報酬とするものです。

相場は、減少した債務額の10%ですが、借金返済中でも過払い金で完済できれば減額報酬がかからない事務所もあります。

過払い金があれば、実際には減額報酬がかからない事務所は多いので、依頼するときに聞いてみたほうが安心できます。

その他の手数料や実費

書類の発行にかかる事務手数料や通信費、振り込み手数料などは実費として別途支払わなければなりません。

実費については、数万円かかる事務所もあれば、ほとんどかからない事務所もあります。

実費がかかるかどうかはホームページに記載している事務所もみられますが、あらかじめ預けておくことも多いので、かかる場合はおおよその目安を聞いておくといいでしょう。

ニコスの過払い金請求の裁判をした時に必要な費用

収入印紙代

過払い金請求で裁判をおこなう際には、費用がかかります。

裁判所に納める手数料で、通常は収入印紙で納付します。

ニコスに請求する過払い金が100万円以下の場合は、10万円につき1,000円程度、100万1円~500万円の場合は、20万円につき1,000円程度の印紙が必要です。

印紙代は、事務所に現金で支払います。

立て替えや後払いに対応しているケースはなく、前払いが一般的なので、あらかじめ用意できるようにしておきましょう。

郵券代(予納郵券)

訴状の副本を裁判所から貸金業者へ郵送するために、いったん負担する郵送費用のことです。

通常は、かかりそうな金額を前もって事務所に預けておきます。

郵券代は余れば返還されますが、裁判に勝つことで、貸金業者に請求することが可能です。

裁判にかかる金額は各裁判所によって異なりますが、過払い金請求の裁判をする場合は、1つの貸金業者に対して約6,000円かかります。

何社も過払い金請求の裁判をおこなうなら、貸金業社の数だけかかると考えておきましょう。

代表者事項証明書の発行手数料

過払い金請求の裁判をする際には、訴訟を起こす相手の代表者事項証明書の発行が必要で、その手数料がかかります。

代表者事項証明書とは、貸金業者の正確な称号や本店住所、代表者氏名など基本的な情報が記載されている書類のことです。

代表者事項証明書は、法務局におもむき、あらかじめ用意されている「会社法人用登記事項証明書交付申請書」に記入して申請すれば取得できます。

発行してもらうには、1通につき600円程度の費用がかかります。

訴訟手数料・日当交通費等

司法書士や弁護士の中には、過払い金請求の裁判をするにあたって、別で費用を請求してくる事務所があります。

訴訟手数料がかかる場合には、貸金業者1社につき5万円、裁判所への出廷1回につき1万円といった金額設定をしているケースが多く見受けられます。

訴訟手数料や出廷手数料がかからない場合でも、交通費などの実費はかかるのが一般的です。

ただし、訴訟手数料や日当、交通費などにいたっても、いっさい費用がかからない事務所もたくさんあります。

依頼する前に、どこまで費用がかかるのかを確認しておきましょう。

依頼する事務所は実際に相談して比較するのがオススメ

費用はかかりますが、ニコスの過払い金請求は司法書士や弁護士に依頼する方がメリットは多いです。

貸金業社を相手に、実際に自分で交渉をおこなうには、難しいと考えたほうがいいでしょう。

むずかしい計算や、書類の作成もすべて代理でやってもらえるので、面倒な手間もかかりません。

ただし、どこの事務所に相談してもいいというわけではなく、どこの事務所に依頼するかで、結果は左右されます。

できるだけ高い返還率の過払い金を考えるなら、事務所をしっかりと選ぶことが重要です。

インターネット上で公開されている口コミや評判、そして、事務所のホームページの情報は、ひとつの判断基準になります。

しかし、口コミやホームページの情報だけでなく、気になったら実際に相談してみましょう。

相談料が無料の事務所もあるので、実際に司法書士や弁護士と話してみると、信頼できるかを見極めることはできます。

司法書士や弁護士は「先生」と呼ばれることが多いですが、サービスを受けるお客として接してくれる人を選びましょう。

もちろん、客だからという理由で、横柄な態度をとっていいということではありません。

依頼者を1人の相談者として親身に話を聞いてくれること、そして、実績とノウハウを持った事務所に依頼するのが一番です。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事