絶対に知っておきたいアコムの過払い金請求のデメリット【状況別】

絶対に知っておきたいアコムの過払い金請求のデメリット【状況別】

過払い金請求とは、アコムなどの消費者金融会社などから利息制限法の上限を超える金利が設定されている借金をしたために、返済しすぎてしまった利息を取り戻す手続きです。

過払い金請求によってお金が戻ってくるということは知っていても、何かデメリットがあるのではないかという不安や、請求をするとブラックリストにのってしまうのではないかという不安から請求することをためらっている人もいるでしょう。

そこで、過払い金請求によって生じる可能性のあるデメリットをよく知ってもらえるように解説します。 このページを見ている人は、このページもみています。

後悔するまえに過払い金請求のデメリットを知ろう

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

デメリットをよく知ったうえで請求を行えば、過払い金請求をしたことで後悔することはなくなります。

過払い金請求は消費者金融会社ごとに一度だけしか行えません。

したがって、アコムへの過払い金請求は1発勝負となりますので、慎重に行う必要があります。

過払い金請求は自分で行うこともできますが、司法書士や弁護士に依頼することも可能です。

また、アコムに対する借金を返済中である場合も完済してしまっている場合も、過払い金請求は行えます。

過払い金請求のメリットやデメリットを理解し、請求を行う際の注意点を把握して、しっかりと過払い金を取り戻しましょう。

アコムの過払い金請求をする際の共通のデメリットとメリット

過払い金請求を行う場合のデメリットやメリットは、借金の返済状況などに応じて異なります。

ただ、状況に関係なく共通して生じるデメリットやメリットもあるので、最初に説明しましょう。

アコムの過払い金請求をするデメリット

アコムに対して過払い金請求をすると、それ以降アコムから借り入れはできなくなります。

過払い金請求後にアコムから追加で借り入れをしようと考えても、アコムは過払い金請求をしてきた人に対して貸し出しは行いません。

今後もアコムを利用したいと考えている人にとってはデメリットとなります。

もっとも、他の貸金業者からの借り入れは可能ですので、アコム以外の会社を利用すれば問題ありません。

また、アコムに過払い金請求を行うと、アコムの発行するクレジットカードであるACマスターカードも使えなくなります。

ACマスターカードはカードローン機能付きのクレジットカードで、キャッシングだけでなくショッピングで便利に利用している人も多いでしょう。

しかし、アコムへの過払い金請求をするとそれ以降ACマスターカードによるショッピングもキャッシングも利用できません。

[rank]

アコムの過払い金請求をするメリット

アコムに対して過払い金請求をするメリットは、なんといっても払い過ぎてしまったお金を取り戻せることです。

過払い金は消費者金融会社が利息制限法を違反する金利で貸し出しを行ったことによって生じたものであり、本来は払う必要のなかったお金です。

つまり、過払い金請求とは自分のお金を取り戻す手続きであるといえます。

利息制限法違反の高金利に苦しみながら返済をしたのですから、しっかりと権利を行使して過払い金を取り戻しましょう。

過払い金の金額は、計算してみると予想以上に多いこともよくあることですので、取り戻さないでいるのはもったいないことです。

完済したアコムの借金を過払い金請求するデメリットとメリット

完済したアコムの借金の過払い金請求するデメリット

すでに返済が終わったアコムへの借金について過払い金請求をすると、その後新たな借り入れをアコムからすることはできなくなります。

しかし、他の貸金業者を利用することは可能ですので、大きなデメリットだとはいえないでしょう。

ただ、完済した借金の過払い金請求については注意すべき点があります。

それは、過払い金は時効によって消滅してしまうということです。

過払い金請求権には民法167条1項の消滅時効の規定が適用されるため、10年間行使しないでいると過払い金請求権自体が時効によって消滅してしまうのです。

この10年間はアコムと最後に取引をしたときから数えます。

つまり、アコムに対して借金を完済した日から10年間が経ってしまうと過払い金請求はできなくなってしまうということです。

アコムに完済した借金がある場合は、完済日から10年が経過していないか確認しましょう。

また、10年を経過していない場合でも放っておくと時効が成立してしまいますので、できるだけ早めに過払い金請求に着手することをおすすめします。

完済したアコムの借金の過払い金請求するメリット

完済したアコムの借金について過払い金請求をするメリットは、本来返済する必要がなかったお金を取り戻せることです。

払い過ぎた金額は計算してみると相当な高額になる場合もあるため、これを取り戻すことができれば経済的には大きなメリットとなります。

仮に現在金銭的に困っていて、新たな借り入れをする必要を感じているような場合であっても、過払い金を取り戻すことができれば借り入れをする必要がなくなることもあります。

過払い金請求を行うことは、経済的な生活の立て直しにも役立つのです。

[rank]

返済中のアコムの借金を過払い金請求するデメリットとメリット

返済中のアコムの借金を過払い金請求するデメリット

現在アコムに返済中の借金について過払い金請求を行うことも可能ですが、その場合は十分に理解しておくべきデメリットがあります。

それは、ブラックリストにのってしまうリスクです。

アコムなどの貸金業者は、信用情報機関のデータベースを通じて顧客の信用情報を共有しています。

借金を返済しなかったり延滞を繰り返したりすると、このデータベースに「事故情報」として登録され、データベースを利用している貸金業者がこの情報を把握することになるのです。

この状態を「ブラックリストにのる」と呼んでいます。

返済中の借金について過払い金請求をすると、必ずブラックリストにのるというわけではありません。

返還される過払い金の金額が残りの借金の金額よりも大きい場合には、過払い金返還によって借金は完済になるため、信用情報に問題が生じることは避けられます。

しかし、返還される過払い金の金額が残りの債務の金額よりも小さい場合には借金は残ってしまうので、「任意整理」と呼ばれる債務整理の手続となりブラックリストにのってしまうのです。

ブラックリストにのると、アコムだけでなく他の貸金業者も新たな貸し出しを行わなくなり、クレジットカードの審査や各種ローン審査も通過しなくなります。

したがって、返済中の借金について過払い金請求を行う場合には、ブラックリストにのるリスクを良く理解したうえで行わなければなりません。

返済中のアコムの借金を過払い金請求するメリット

返済中のアコムの借金について過払い金請求をすると、返還される過払い金はアコムへの残りの借金返済に充てられます。

過払い金の金額が残債務よりも大きい場合には、借金は完済となり、余りがあれば現金で手元にお金が返ってきます。

借金を返済中だったのに借金がなくなるだけでなく、お金が入るというのは大きなメリットでしょう。

過払い金の金額が残債務の金額より小さい場合でもアコムへの債務残高は減少し、返済負担を減らすことができます。

この場合はブラックリストにのってしまいますが、そのデメリットよりも返済負担を減らせるメリットを重視したほうが、その後の生活再建に役立つ場合も多いものです。

ブラックリストにのることを承知で過払い金請求を行うべきかどうかは、経済状態に合わせて判断する必要があります。

[rank]

クレジットカードのショッピングの利用がある場合は注意

アコムに対する借金を完済したといえるためには、キャッシングでの借金を完済するだけでなく、ショッピング利用で分割払いになっている債務についてもすべて支払っていなければなりません。

たとえば、アコムから借り入れた借金をすべて返済しているとしても、ACマスターカードを利用したショッピングの支払いが残っている場合には、アコムへの借金は完済扱いにならないのです。

過払い金請求を行う場合には、返還される過払い金はまずキャッシング利用の残債に充当されます。

それでも余剰がある場合には、ショッピング利用で残っている債務に充当することになります。

これによってショッピング利用分を完済できなければ、任意整理としてブラックリストにのってしまうことになるので注意が必要です。

一方、過払い金によってショッピング利用分もすべて完済となるのであれば、ブラックリストにのることはありません。

つまり、ブラックリストにのるかどうかは、アコムに対するキャッシングの残債務とショッピング利用の残債務の合計金額と、返還される過払い金の金額を比較して判断しなければならないということです。

自分でアコムの借金の過払い金請求をするデメリットとメリット

自分でアコムの借金の過払い金請求をするデメリット

過払い金請求を専門家に依頼しないで自分で行うことは可能です。

ただし、自分で請求を行う場合のデメリットは事前に知っておいたほうが良いでしょう。

過払い金請求の手続にはたくさんの段階があります。

過払い金の有無や金額を確かめるためには正確な取引履歴を把握する必要があり、そのためにはアコムから消費貸借取引履歴という記録を取り寄せることが必要です。

次に、この取引履歴のデータを基にして、過払い金の金額を計算しなければなりません。

そのうえで、過払い金請求書を作成し、過払い金計算結果を記載した書類とともにアコムに提出します。

ここに至るまででも、過払い金請求に関する知識を吸収したり、書類の取り寄せや作成、過払い金の計算をしたりと難しいプロセスがたくさんあり、手間や時間がかかることは避けられません。

しかし、過払い金請求の本番はアコムに過払い金請求書を送ってからです。

送った過払い金の計算書に間違いがあると、過払い金の額が少なくなってしまったり、アコムが過払い金の返還を拒んできたりすることがあります。

また、正しい計算書を送っても、アコムがこちらの請求にそのまま従うことはほぼありません。

特に、相手が司法書士や弁護士などの専門家ではなく素人だとわかると非常に強気で交渉をしてくることも多く、返還する過払い金の金額を大幅に低く提案してくることもよくあります。

さらに、アコムから提案される返還額に納得がいかず交渉も前に進まないとなれば、訴訟を起こして解決を目指すしかありません。

しかし、その場合は裁判所に提出する訴状の準備はもちろんのこと、法廷への出廷も必要となります。

裁判は平日の昼間に行われるため、出廷するために仕事を休む必要もあるでしょう。

このように、自分で過払い金請求を行うことには多大な労力と時間が必要となります。

自分でアコムの借金の過払い金請求をするメリット

自分で過払い金請求をすることのメリットは、司法書士や弁護士に支払う報酬が不要となることです。

ただ、自分で過払い金請求をすると専門家に依頼する場合に比べて大幅に過払い金の金額が低くなる可能性が高いことも事実です。

したがって、返還される過払い金の額を考えると、報酬を支払っても専門家に依頼したほうが経済的に得になることがほとんどです。

[rank]

司法書士や弁護士にアコムの借金の過払い金請求を依頼するデメリットとメリット

司法書士や弁護士にアコムの借金の過払い金請求を依頼するデメリット

司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼することのデメリットは、報酬を支払わなければならないことです。

しかし、専門家に依頼すれば過払い金の返還率が高くなることが多いので、トータルでみるとデメリットにはならないこともよくあります。

また、報酬を支払うこと以外に司法書士や弁護士に依頼することにデメリットはありません。

司法書士や弁護士にアコムの借金の過払い金請求を依頼するメリット

司法書士や弁護士に過払い金請求を依頼することのメリットはたくさんあります。

まず、過払い金請求に関する手続のほとんどすべてを司法書士や弁護士が代理で行ってくれるため、自分で手間や時間をかける必要はまったくなくなります。

アコムからの消費貸借取引履歴の取り寄せから、過払い金請求の計算、アコムへの請求手続きや返還額の交渉など、面倒な手続の一切に自分が関わる必要はありません。

また、依頼を受けた司法書士や弁護士は、アコムに対して「受任通知」というものを送ります。

受任通知を受けたアコムは、債務者に返済の督促をすることはできなくなるため、督促に悩まされていた人にとっては非常に大きなメリットです。

自分で過払い金請求をする場合には督促を止めることはできません。

さらに、司法書士や弁護士が交渉すると、自分で交渉する場合に比べて過払い金の返還率が大幅に高くなります。

特に、過払い金請求に関して知識や経験が豊富で請求実績が多数あるような事務所であれば、アコム側も不当な和解案を提案してくることはありません。

事務所の実力を知っていれば無駄な交渉をしても意味がないことはわかっているからです。

一方、自分で過払い金請求をすると、アコムからの交渉の連絡などはすべて自分で受けなければなりません。

郵便物などもすべて自宅に届きます。

頻繁にアコムと連絡を取り合っていると、家族や周囲の人たちに過払い金請求をしていることがわかってしまい、隠していた借金がわかってしまう可能性もあります。

これに対して司法書士や弁護士に依頼をすれば、アコムから自分に直接連絡が入ることはありません。

また、司法書士や弁護士からの連絡方法も、周囲にわからないように時間帯や連絡先について配慮してくれるので安心です。

過払い金請求をするなら司法書士や弁護士に相談すべき

過払い金請求をするなら司法書士や弁護士に相談するのが最も良い方法です。

まず、完済している借金の場合、10年の消滅時効が完成してしまう危険性があるので急いで過払い金の有無を確認しましょう。

過払い金がある場合には急いで過払い金請求の手続きに入らなければなりません。

10年の期間経過前に過払い金請求をすれば時効期間の進行を止める「中断」という効果を得ることができます。

ただし、裁判上の請求を行わない限り中断の効果は一時的なものでしかなく、6カ月を経過すると再び残りの時効期間が進行してしまうので注意が必要です。

一方、裁判で請求を行えば完全に時効を中断させることができます。

したがって、時効完成が近づいている場合には、ただちに司法書士や弁護士に依頼して訴訟を提起してもらうようにしましょう。

また、返済中の借金について過払い金請求をする場合には、返還される過払い金の額を正確に見込んでブラックリストにのるかどうかを判断しなければなりません。

過払い金の正確な計算も司法書士や弁護士に依頼したほうが安心です。

さらに、延滞が続いているような場合には、ブラックリストにのることを承知で過払い金請求を含めた任意整理を行ったほうが、生活再建に役立つ場合もあります。

これらの判断も司法書士や弁護士にアドバイスを求めながら行うのが得策です。

過払い金請求を自分で行うことは、手間や時間がかかり、返還額も少なくなってしまうデメリットの多い方法です。

また、過払い金請求を多数受けているアコムの担当者と有効な交渉を行うことは一般の人にとっては非常に難しいことでしょう。

これに対し、過払い金請求に精通した司法書士や弁護士に依頼すれば、多くの過払い金を取り戻すことができて、報酬を支払った分以上のお金が手元に残ります。

過払い金に精通している司法書士や弁護士は、過払い金についてよくわからないという人の相談も常に受け付けています。

過払い金が生じているのかどうか自分ではよくわからない場合でも、司法書士事務所や弁護士事務所の無料相談を利用すれば過払い金請求をするべきかどうかは簡単にわかります。

まずは気軽に相談してみることをおすすめします。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事