オリコを過払い金請求した時のクレジットカードへの影響

オリコを過払い金請求した時のクレジットカードへの影響

過払い金請求をすれば、本来支払う必要がなかった利息を取り戻すことができます。

とはいえ、実際に請求手続きをした場合、メリットだけでなくデメリットもあるのではないかと不安を感じることもあるでしょう。

他にも、過払い金請求をするとクレジットカードが使えなくなるのではないかと心配になるケースも少なくありません。

ショッピングにクレジットカードを使ったり公共料金の支払いをカード決済にしている場合、クレジットカードが使えなくなれば当然生活にも大きな支障をきたします。

しかし、オリコの過払い金請求の場合、基本的に手続きを進めても他社のクレジットカードに影響を与えることはありません。

オリコ以外のクレジットカードを所有しているのであれば、問題なく使用を続けることが可能です。

ただし、一部の条件によっては使用できなくなるなどの影響が考えられるので、十分に注意が必要です。

正しい知識を持っていれば、デメリットを恐れずに過払い金請求ができるので、まずは過払い金請求の進め方やメリット・デメリットについて知識を深めましょう。

ここでは、オリコの過払い金請求とクレジットカードへの影響について詳しく紹介していきます。

オリコの過払い金請求をしても他社のクレジットカードには影響はない

過払い金請求をしてしまうと、所有しているクレジットカードがすべて使えなくなってしまうと誤解している人もいます。

そのため、過払い金が発生しているにもかかわらず手続きを進められずにいるケースも多いようです。

過払い金請求は貸金業者ごとにおこなうため、同じ職種であっても情報を共有することはできません。

つまり、オリコに過払い金請求をしたとしても、他の貸金業者には情報が伝わる心配はないのです。

オリコへの過払い金請求であれば、当然オリコのクレジットカードは使えなくなりますが、他社のカードであればこれまで通り利用を続けることができます。

クレジットカードは利便性に優れているぶん、利用できなくなると困ってしまうケースが多いのが特徴です。

オリコのクレジットカードしか持っていない場合は、過払い金請求をする前に他社のクレジットカードの発行を済ませておくという方法もあります。

ただし、クレジットカードを発行する会社がオリコの関連会社ではないことを確認しておくことがポイントです。

関連会社であれば過払い金請求に関する情報が共有されるので、カードが使用できなくなることがあります。

また、他社のクレジットカードであっても、ある一定の条件を満たせば影響を及ぼす可能性があるので注意が必要です。

他社のクレジットカードに影響を及ぼす可能性がある条件

他社のクレジットカードに影響を及ぼす条件を知っておくことで、過払い金請求後のライフスタイルもこれまでと変わらずに済むので安心です。

オリコの過払い金請求をして他社のクレジットカードに影響があるのは、ブラックリストに載ってしまったときです。

ブラックリストという言葉は一般的にそう呼ばれているだけで、実際には個人信用情報を示します。

金融機関が保有している個人信用情報には、返済が滞った事実や破産したことが金融事故情報として登録されます。

実際にブラックリストという本や物が存在するわけではありませんが、金融会社にとっては円滑に業務を進めるために欠かせない情報源であるといえるでしょう。

万が一、ブラックリストに載るようなことがあれば、他の金融会社からの借り入れができなくなってしまいます。

もちろん、クレジットカードが使えなくなったり新規発行やローンの審査が通らなくなったりといったデメリットも生じるでしょう。

通常、過払い金請求をおこなってもブラックリストに載ることはありませんが、条件によっては金融事故情報として記載されることも考えられます。

オリコの過払い金請求でブラックリストにのってしまう条件

デメリットが少ない過払い金請求ですが、ブラックリストや信用情報機関に金融事故情報が登録されてしまうという事態は避けたいものです。

信用情報機関に登録されてしまうと、会員である貸金業者や銀行が情報を共有できるので新たな借り入れやクレジットカードの利用がむずかしくなります。

では、どのような場合にブラックリストに情報が記載されるのか詳しく見ていきましょう。

まず、オリコに返済中の人が過払い金請求をした場合、発生した過払い金によって残っている借金を返済することになります。

しかし、このときに完済できないと任意整理扱いになるためブラックリストに登録されてしまいます。

任意整理とは、オリコと交渉をして借金を減額する手続きを示し、完済できなかった場合は結果的に過払い金請求が任意整理として処理されるという仕組みです。

過払い金請求をするときには、あらかじめ返還額や残債がどれくらいあるのかをしっかり確認しておきましょう。

また、オリコへの返済中に延滞や滞納が数カ月あった場合、信用情報機関に金融事故情報として登録されます。

延滞でブラックリストに載ってしまうと、完済するまで情報が削除されることはありません。

クレジットカードはキャッシング枠のみが過払い金の対象

クレジットカードと一言でいっても、内容はキャッシング枠とショッピング枠の2種類にわかれています。

キャッシング枠は、クレジットカードを作成するときに決めた上限額の範囲内で現金を借りることができる機能です。

一方で、ショッピング枠は買い物の支払いを一時的にカードで支払い、次月に1カ月間に使用した金額が口座から引き落とされます。

過払い金請求をするなら、キャッシング枠だけが手続きの対象であることを理解しておきましょう。

ただし、キャッシング枠とショッピング枠のどちらも使用している場合は、過払い金請求によって発生した返還額をショッピング枠の返済に充てることになります。

返済に充てたうえで過払い金が余れば、その金額が手元に返ってくるシステムです。

キャッシング枠とショッピング枠の違いや過払い金請求の対象について知っておくことで、手続きをスムーズに進められるだけでなくブラックリストに載るリスクも回避することができるでしょう。

ショッピング枠の利用がある場合は要注意

クレジットカードを長く使っているという人は、もしかしたら自分にも過払い金が発生しているのではと思いがちです。

しかし、実際に過払い金の対象となるのはキャッシング枠のみなので、まずは自身のクレジットカードの使い方から確認してみましょう。

ショッピング枠が過払い金請求の対象にならない理由は、取引内容が借金ではなく立替金としてみなされるためです。

利用した額は次月に口座から引き落とされるため、借金とは異なると考えられています。

キャッシング枠に対して過払い金請求をしたとして、返還額でキャッシング枠の残債を完済できなければブラックリストに載ってしまうため注意が必要です。

また、ショッピング枠での利用があれば同時に相殺できないと、こちらもブラックリストに登録されてしまうことを頭に入れておきましょう。

ブラックリストに載るということは、前述にある通りオリコだけでなく他の貸金業者からも借り入れができなくなるということです。

それに加えて、クレジットカードの利用や新規作成はもちろん、ローンの審査も通りにくくなってしまうというリスクも伴います。

そのため、ショッピングの利用がある人は、過払い金請求をする前に完済しておくか極力減らしておくことがポイントです。

損することなく過払い金を手にするためにも、安易に手続きを開始させるのではなく、メリットとデメリットを正しく理解したうえで始めるように心がけましょう。

オリコに過払い金請求をした後にクレジットカードを作る

クレジットカードは利便性に優れているので、過払い金請求をした後に新規作成をしたくなることもあるでしょう。

オリコに過払い金請求をしたとしても、他社でのクレジットカード作成に弊害はありません。

もちろん、新たにカードを作る際の審査に影響することもないので安心して申請することができます。

ただし、過払い金請求手続きのなかで何らかの理由によってブラックリストに載ってしまった人は、審査がきびしくなる可能性が高いといえるでしょう。

また、再びオリコでクレジットカードを作成しようとすると、審査がきびしくなる傾向にあります。

過払い金請求後にクレジットカードを利用する可能性があるのであれば、ブラックリストに載らずに手続きが完了できるように慎重に進めなければいけません。

過払い金請求後は借金やクレジットカードの借り入れをしないという人であれば、ブラックリストを恐れる必要はありません。

ただし、住宅ローンや車購入のローンが将来発生しかねないという人は注意しましょう。

また、新たにクレジットカードを作りたいのであれば、オリコ以外に申請を出したほうがスムーズです。

過払い金請求をする前にまずは過払い金の計算をしよう

過払い金請求手続きをするにあたって、まずは過払い金が発生しているかどうか確認する必要があります。

過払い金の有無やどれくらいの返還額が見込めるかは、貸金業者から取引履歴を取り寄せることで調べることが可能です。

電話や書面で取引履歴の開示請求をおこない、1件ずつ取引履歴の引き直し計算をしていきます。

パソコンや無料配布されているソフトを使って作業をするだけなので、インターネット環境が整っていれば誰でも計算できます。

最終的にマイナス表記された金額が過払い金であるため、残債やショッピング枠の利用状況と照らし合わせながら手続きを検討していきましょう。

とはいえ、長期間の借り入れや追加借り入れが頻繁にあった場合は、そのぶん引き直し計算もむずかしくなりがちです。

計算が間違っていると過払い金が減ったりオリコに過払い金請求を断られたりすることもあるので、慎重に計算しなければいけません。

過払い金請求をしたいものの、自分で引き直し計算ができないという場合は、司法書士や弁護士に相談してみましょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事