プロミスの過払い金請求を司法書士と弁護士に相談すべき

プロミスの過払い金請求を司法書士と弁護士に相談すべき

過払い金請求を行う際、「どこの事務所に相談したらいいか分からない」「弁護士と司法書士、一体どっちの方がいいの?」といった悩みを抱えている人は多いです。

このことは、多くの人が過払い金請求を行う際に司法書士・弁護士に依頼しているという事実を示しているといえるでしょう。

プロミスに対して過払い金請求を行うことは自分1人でもできます。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

にもかかわらず多く人が司法書士や弁護士に依頼しているのは、それだけメリットが多いからです。

たとえば、司法書士や弁護士に依頼した場合、手続きを任せることができて時間と手間が省けます。

また、専門家を介した方がプロミスとの交渉もスムーズに進みやすく、返ってくる過払い金額も高くりやすいのです。

そこで、今回はプロミスの過払い金請求をするうえで司法書士や弁護士に依頼するメリットとデメリット、司法書士と弁護士の違い、依頼する事務所の選び方などについて詳しく説明しましょう。

プロミスの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼するメリットとデメリット

プロミスの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼するメリット

手間と時間が省ける

司法書士・弁護士に依頼する最も大きなメリットは、時間と手間を省くことができるということです。

過払い金請求を行う際には、さまざまなことを行う必要があります。

たとえば、取引履歴を入手したり、入手した取引履歴を参照したりして引き直し計算をしなければなりません。

また、裁判前に和解交渉を行う場合も、それなりの時間がかかります。

もちろん、実際に過払い金請求の裁判を起こして、その結果、強制執行が行われる場合にも手間と時間がかかります。

これらのことに日常生活を営みながら対応するのは、大変難しいといえるでしょう。

時間を割くだけでも一苦労ですし、それに加えて裁判で争うことになる以上、1つ1つの処理を正確に行わなければならないのです。

しかし、司法書士や弁護士に依頼すれば、彼らがそのようなことを一手に引き受けてくれます。

つまり、「過払い金請求」という事情におけるもう一人の自分として活動してもらうことができる、というわけです。

返ってくる過払い金が多くなる可能性が高い

プロミスは過払い金請求の案件を何度も経験してきている会社です。

その一方、こちらは今回の経験が初めてということが多いでしょう。

ということは、仮に自分1人で手続きをしても、プロミスから希望する金額で和解という結果を獲得することは難しいといわざるを得ません。

相手の方が上手であることが多いでしょう。

しかし、司法書士や弁護士に依頼をすれば、こちらもプロを味方につけることができます。

そうすれば不当な和解案を提案されることもほとんどなく、よりスムーズに希望する金額が返ってくることが多いというわけです。

プロミスに返済中の場合、貸金業者への返済や督促が止まる

現在返済や督促に追われているという人は、弁護士や司法書士に依頼をすればそれらがストップするということが大きなメリットとして挙げられるでしょう。

これは、弁護士や司法書士は受任通知を発行することができるためです。

自分で過払い金請求をした場合には受任通知をプロミスに送ることができないため、返済や督促は止まりません。

月々の支払いが苦しいという人は、過払い金請求の緊急性が高いでしょう。

そのような人は返済や督促を止めるために司法書士・弁護士に依頼する、というのもひとつの方法です。

[rank]

誰にもバレずにプロミスに過払い金請求ができる

借金を抱えているということや、過払い金請求をした、ということを誰にも知られたくない、という人も司法書士や弁護士に依頼するとよいでしょう。

というのは、司法書士・弁護士に依頼すればプロミスや裁判所からの連絡窓口が依頼した事務所になるためです。

また、依頼した事務所からの連絡や郵送物に関しては、指定した連絡先にしてもらったり、差出人を配慮してもらえたりします。

電話や郵送物が自宅に直接届く心配もなくなるため、周囲にバレるリスクを抑えることができるでしょう。

プロミスの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼するデメリット

一方、弁護士や司法書士に依頼するのにはデメリットもあります。

それは、依頼するためには費用がかかるということです。

とりわけ仕事のできる司法書士や弁護士の場合、それだけ費用も高くなります。

とはいうものの、多くの場合、前もって費用を用意しておかなければならないというわけではありません。

なぜなら、多くの事務所では返ってきた過払い金から依頼料を差し引くというケースが多いためです。

事前に費用を用意できないという人も、まずは相談してみるとよいでしょう。

プロミスの過払い金請求を依頼するうえでの司法書士と弁護士の違い

司法書士と弁護士はどこが違うのかということを説明していきます。

司法書士や弁護士の違いは、司法書士の場合は債務額が140万円を超える案件だと代理で交渉(代理訴訟)ができないということです。

一方、弁護士にはそのような制限はありません。

つまり、債務額が少ない人は司法書士・弁護士のどちらにも依頼することができますが、債務額が140万円以上の人は弁護士にしか依頼できないということです。

無料相談などの場所では、司法書士事務所から弁護士事務所を紹介してもらえる、ということもあります。

また、一般的には、司法書士よりも弁護士の方が依頼料は高くつく事務所が多くといわれています。

弁護士の場合、事務所によっては少額の過払い金だと案件を受けてくれないこともあるでしょう。

たとえ、少額の過払い金で依頼を受けてもらえたとしても、依頼料が高いため、手元に戻ってくるお金が少なくなってしまう可能性があります。

結局のところ、自分の状況にあった司法書士や弁護士を選ぶことが大事だといえるでしょう。

そこで、ここからは司法書士や弁護士の選び方についてご紹介します。

プロミスの過払い金請求を依頼する司法書士や弁護士の選び方

プロミスの過払い金請求ができる司法書士や弁護士はたくさんいます。

ただし、依頼する事務所を間違えてしまうと、過払い金請求をしても満足できる金額を得ることができません。

どの事務所を選ぶのかということが、いくら戻ってくるかの重要なポイントとなるのです。

そこで、事務所を選ぶ際には一体どこを見ればよいのかということをお伝えします。

[rank]

口コミ・評判や事務所のホームページを見てみる

まずチェックするべきポイントは、ホームページです。

口コミや評判だけで判断せず、事務所のホームページにどのような情報が記載されているかを確認しましょう。

通常、司法書士・弁護士事務所のホームページでは、その事務所が得意な業務を全面に押し出しています。

ホームページを見て、過払い金請求ではなく他の業務が得意分野であった場合は、もう少しその事務所について調べた方がよいでしょう。

得意分野が異なる場合、期待した結果が得られない可能性があるためです。

いくらほかの分野で実績を挙げているからといって、過払い金請求においても同じことがいえるというわけではありません。

過払い金請求の実績として数字をホームページにあげている事務所は、実力がある可能性が高いです。

プロミスの過払い金請求の実績があるか確認する

また、過払い金請求に得意な事務所であるというだけでなく、プロミスの過払い金請求をした実績がどれだけあるかということも重要なポイントになります。

というのは、過払い金請求は貸金業者によって対応や交渉の難易度が違うためです。

どれだけ他の貸金業者で過払い金請求の実績があっても、プロミスへの過払い金請求の経験がなければ不安です。

もしもホームページで確認できない場合には、電話などで相談した際に聞いてみるのがよいでしょう。

相談の際にかかる費用や期間についての説明してくれる

実際に相談した際には、費用や期間が大体どれくらいかかるのかということを丁寧に説明してくれるどうかが重要なポイントです。

なぜなら、口コミや評判サイト、事務所のホームページに記載されている金額と、実際の金額が異なる場合があるためです。

トラブルを避けるためにも、具体的な費用や期間については必ず確認するようにしましょう。

とりわけ多いトラブルが、過払い金請求の手続きが終わった後によく分からない費用が引かれてしまっているというものです。

そのような場合、返ってきた過払い金が想定していたよりも少なかった、ということになりかねません。

プロミスに対して過払い金請求の裁判まですることを考えてくれる

プロミスに対する過払い金請求の場合、裁判まで発展することで返還率が高くなります。

一方、裁判まで発展してしまうと、それだけ解決までの期間は長くなってしまいます。

依頼する前には自分がスピード解決を求めるのか、それとも、時間がかかってもよいので取り戻す過払い金を多くしたいのかをあらかじめ決めておくことが大切です。

そして、その要望を叶えようという姿勢があるかどうかが重要なポイントとなります。

なぜなら、事務所によっては最初から裁判をせずに話し合いによる交渉でスピード解決をモットーとするところもあるからです。

司法書士や弁護士に依頼した場合にかかる費用と相場

相談料

相談料とは、司法書士や弁護士に相談するだけでかかる費用のことです。

過払い金請求の場合、ほとんどの事務所が無料で相談を受けつけています。

しかし、事務所によっては相談料として5000円程度の費用がかかる場合もあります。

無料で相談できるのか、あるいは有料なのかということを相談前に確認しておくようにしましょう。

[rank]

着手金

着手金とは、過払い金請求の手続きに着手する前にかかる費用です。

着手金は弁護士に依頼した場合はかかる事務所が多いですが、司法書士に依頼した場合にはかからないこと事務所の方が多いです。

着手金の相場は1~2万円です。

中には弁護士であっても着手金が無料、という事務所もあるので、いくらになるのかをあらかじめ確認しておきましょう。

基本報酬

基本報酬とは、過払い金の調査からプロミスとの交渉、過払い金の入金から返金手続きに至るまでの事務手続きにかかる費用です。

この基本報酬についても、かかる事務所もあればかからない事務所もあります。

基本報酬がかかる場合、相場は貸金業者1社につき4~5万円です。

たとえば、プロミスとポケットバンキングの2社の過払い金請求を依頼する場合、8万~10万円かかります。

成功報酬

成功報酬とは、過払い金が回収できた場合に、その回収された金額に応じて支払う司法書士や弁護士に支払う費用です。

成功報酬については司法書士解と弁護士会によって上限が決まっています。

裁判にまで発展した場合には25%、裁判に至らなかった場合には20%が成功報酬の上限です。

相場はおおむね上限である20%と25%です。

減額報酬

減額報酬とは、借金返済中で引き直し計算を行った結果、減少した債務額から報酬分を支払う費用です。

減額報酬の相場は、減少した債務額の10%となります。

仮に借金返済中であっても、その借金を過払い金で完済できれば減額報酬がかからないという事務所も多く見られます。

現在返済中だという人は、減額報酬がいくらになるのかをよく確認しておきましょう。

その他の手数料や実費

その他の実費がかかる場合もあります。

たとえば書類の発行手数料や事務手数料、通信費、振り込み手数料などがその代表的なものとして挙げられます。

実費については、いくらかかるかは事務所や案件によって大きく異なるため、相場価格を算出することはできません。

数万円かかる事務所もあれば、ほとんどかからない事務所もあるというのが実状です。

プロミスの過払い金請求の裁判をした時に必要な費用

収入印紙代

過払い金請求が裁判にまで発展した場合、その裁判を行うために費用がかかります。

まずかかるのが、裁判所に支払う手数料です。

手数料は収入印紙で納付します。

この手数料は、請求する金額によって換わります。

請求する過払い金が100万円以下の場合には10万円につき1000円程度、100万1円~500万円場合は20万円につき1000円程度となります。

つまり、請求金額が50万円であれば手数料は5000円、請求金額が200万円の場合は15000円が手数料です。

郵券代(予納郵券)

郵券とは、訴状の副本を裁判所から貸金業者へ郵送するために、告訴する原告側がいったん負担する郵送費用のことです。

郵券代がいくらかかるのかということは、その裁判によって異なります。

そのため、通常は最初にいくらかの金額を一括で支払います。

そして、もしも余れば残りの金額が返還され、裁判に勝つことで貸金業者に請求することが可能です。

通常、1つの貸金業者に対して過払い金請求の裁判する場合は約6000円が目安となるでしょう。

代表者事項証明書の発行手数料

法人に対して過払い金請求の裁判をする際には、原告側が相手方の登記事項証明書を訴状に添付する必要があります。

この登記時効証明書の代わりとして使用できるのが、代表者事項証明書です。

代表者事項証明書とは貸金業者の商号や本店住所、代表者氏名などが記載されている書類です。

代表者時効証明を発行する際には、発行手数料が必要になります。

代表者事項証明書は法務局で取得でき、1通につき600円程度の費用がかかります。

訴訟手数料・日当交通費等

そのほか、司法書士や弁護士の中には、過払い金請求の裁判をするにあたって、別で費用を請求してくる事務所があります。

多く見られるものとしては、訴訟手数料として貸金業者1社につき5万円というものや、裁判所への出廷1回につき1万円などです。

しかし、そういった訴訟手数料や日当交通費などの費用がかからない事務所もたくさんあります。

そういった実費がかかる事務所なのか、あるいはそうでない事務所なのかということを、依頼する前にしっかり確認しておきましょう。

依頼する事務所は実際に相談して比較するのがオススメ

実際のところ、費用はかかるもののプロミスの過払い金請求を行う際には司法書士や弁護士に依頼する方がメリットは多いといえるでしょう。

ただし、どこの事務所に相談してもよいわけではありません。

あらかじめ、しっかりと選ぶことが重要です。

まずはインターネット上で公開されている口コミや評判、事務所のホームページを確認しましょう。

また、それらだけで決めてしまうのではなく、実際に相談してみるのがおすすめです。

相談料が無料の事務所も多くあるので、実際に司法書士や弁護士と話してみて、信頼できるかどうかを見極めるのも必要です。

司法書士や弁護士は「先生」と呼ばれることが多いです。

しかし、相談者は司法書士や弁護士にとってサービスをお客様です。

だからといって横柄な態度をとっていいわけではありませんが、相談者側が必要以上に卑屈になることもありません。

依頼したい司法書士や弁護士が実績とノウハウを持っており、しっかり相談者の話を聞いてくれるかどうかを見極めることが、過払い金請求を成功するための重要なポイントといえるでしょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事