【絶対に知っておきたい】レイクの過払い金請求のデメリットは状況によって変わる

【絶対に知っておきたい】レイクの過払い金請求のデメリットは状況によって変わる

「過払い金請求」をすることで、余分に払っていた利息が戻ってくるということを知ったものの、返済している最中だとブラックリストにのるのではないかと不安な人も多いかもしれません。

また、すでに完済しているのに話を蒸し返すのはデメリットがあるのではないかと思う人もいるでしょう。

レイクからお金を借りた場合、返済中であっても完済後であっても、過払い金請求は可能です。

ただし、レイクへの過払い金請求は1回しかできないので、失敗しないようにすることが重要です。

過払い金請求は自分ですることも、司法書士や弁護士に依頼することもできます。

1回しかできないのであれば、より成功率の高い方法を選びたいところです。

また、1回しかできないということは、過払い金請求をすることで何らかのデメリットも発生します。

そこで、レイクに過払い金請求をする上でのメリットとデメリットを把握して、状況ごとに何がベストかを考えてみましょう。

レイクの過払い金請求をする際の共通のデメリットとメリット

まず、レイクへの過払い金請求をする場合にはどのような状況であっても共通するデメリットがあることを知っておきましょう。

最大のメリットは、過払い金請求の最大の目的である払い過ぎた利息が返ってくるという点です。

デメリットは今後の借り入れの制限です。

それぞれ詳しく見ていきましょう。

レイクの過払い金請求をするデメリット

レイクに過払い金請求を行うと、当然のことながらレイクから借り入れができなくなります。

おそらく、レイクで借り入れをした人はレイクのカードを所持しているでしょう。

そのカードは利用停止になります。

たとえ完済した後でまた借り入れをしようとしても、新たにカードを作ることもできないでしょう。

しかし、他社に関しては借り入れに制限がかかることはなく、クレジットカードでもローンでも通るようです。

ただし、他社での借り入れが可能かどうかは状況によって変わることもあるので、注意が必要だということを覚えておきましょう。

レイクの過払い金請求をするメリット

借金をすると返す際に利息がかかるのは当然です。

実は金利が高く設定されていた頃があり、それを法改正後の金利に計算し直すと、かなりの利息を払い過ぎていた事実が明らかになる場合があるのです。

過払い金請求の最大の目的は、払い過ぎた利息を取り戻すことです。

レイクへ過払い金請求をするメリットとは、その払い過ぎた利息を取り戻せる点にあります。

払い過ぎた分を取り戻すことで、元本の返済に充てることもできますし、手元のお金にも余裕ができるかもしれません。

こうした理由から、過払い金を請求する行為は、本来払う必要のなかった額の利息を取り戻せるという点でメリットが大きいのです。

完済したレイクの借金を過払い金請求するデメリットとメリット

完済したレイクの借金の過払い金請求するデメリット

前述の共通するデメリットと同様に、完済したレイクの借金に対する過払い金を請求した場合、その後レイクが利用できなくなります。

しかし、他の貸金業者を利用することはできます。

レイクが使えなくなるという点はデメリットかもしれませんが、万が一のときに選択肢が残っているという点を考えれば、すべてがデメリットではないかもしれません。

ただし、完済している場合は時効に注意が必要です。

完済した日から10年たつと時効が成立します。

すでに完済している人は、まず完済日を確認することから始めてみましょう。

また、時効がまだだとしても、手続きなどに時間がかかる場合があるので、まだ時間に余裕があるかどうかも確認することが重要です。

完済したレイクの借金の過払い金請求するメリット

完済している場合でも、最大のメリットは払い過ぎたお金が戻ってくるという点です。

もし、金銭的に困っている状況であれば、新たに借り入れをしないで済むかもしれません。

また、他社へ借り入れをしている場合は、この過払い金を返済に充てることもできます。

このような点からも、すでに完済していても時効がまだ成立していないなら過払い金請求を行った方がメリットは大きいのです。

返済中のレイクの借金を過払い金請求するデメリットとメリット

返済中のレイクの借金を過払い金請求するデメリット

すでに完済している人と返済中の人では、デメリットにかなりの違いが出てきます。

返済中の人の場合は、ブラックリストにのる可能性があるのです。

まず、返済中の借金に対して過払い金の額が少ない場合、単純に過払い金が返還されるわけではなく、任意整理という手続きに変わります。

任意整理とは、利息を計算し直し、その利息をカットして元本のみにしたうえで分割返済するという和解を行うことです。

任意整理を行った場合、まずは今後レイクから借り入れができなくなります。

この点は完済している人と同じですが、返済中の場合はブラックリストにのる可能性があり、そうなると他の貸金業者の利用もできなくなるのです。

また、クレジットカードやローン審査も通らなくなります。

そのため、このような手続きで借金を返済もしくは完済できたとしたとしても、後の住宅や自動車購入のローン審査で引っかかってしまう可能性があるのです。

返済中のレイクの借金を過払い金請求するメリット

返済中の場合も、完済している場合と同様に借金が減らせるというメリットがあります。

とくに過払い金が返済額よりも多ければ、それに充てることができるのです。

また、返済に充ててそれでも余れば、手元にお金が残ることになります。

もちろん、手元にお金が残ったうえで他社への借り入れがあれば、そこの返済にも充てられるでしょう。

このように、レイクの借金を返済中で過払い金を請求した場合でも、返済の負担を軽くすることができるのです。

自分でレイクの借金の過払い金請求をするデメリットとメリット

自分でレイクの借金の過払い金請求をするデメリット

過払い金請求をするにあたっては、大きく分けて2つの方法が考えられます。

手続きを法律のプロである司法書士や弁護士に任せる方法と、すべての手続きを自分自身で行う方法です。

自分で過払い金請求を行う場合、実はかなりのデメリットがあります。

第一に、手間と時間がかかるという点です。

過払い金請求の手続きに関しては、まず過払い金の有無を調査し、必要な書類をそろえなくてはいけません。

それ以前に手続きの方法について調べる時間も必要となるでしょう。

また、情報や書類が不十分であれば、交渉に時間がかかったり、交渉自体に失敗したりする可能性もあります。

そして、貸金業者は交渉相手が専門知識のない素人だと判断したなら、都合よく言いくるめて過払い金の返還率を不当に低くしてくることも考えられるでしょう。

返還率については、自分で計算して間違ってしまうこともあります。

過払い金が借金よりも少なければ、前述の通り任意整理に持ち込まれる可能性もあるのです。

また、裁判に発展した場合は更に手間と時間がかかります。

裁判の日時は基本的に裁判所に指定されます。

平日に指定されれば、仕事を休まなければいけません。

出廷するにも交通費がかかりますし、仕事を休めば収入が減ることもあります。

本当に借金を減らしたいと考えるなら、自分だけでなんとかしようとせず、プロの手を借りた方が近道になるかもしれません。

自分でレイクの借金の過払い金請求をするメリット

レイクへの過払い金請求を自分で行う場合、かなりのデメリットがありますが、かといってメリットがまったくないわけではありません。

自分ですべての手続きを行うということは、司法書士や弁護士に支払う費用がいらないということになります。

ただし、手続きに関わる費用が0になるわけではありません。

書類をそろえたり、それらを発送したり、交渉へ行く際の交通費などが自己負担になるだけです。

また、返還率が低くなる可能性も考えておきましょう。

結果として、司法書士や弁護士に依頼した方が成功率や返還率が高くなり、得をすることになるかもしれません。

司法書士や弁護士にレイクの借金の過払い金請求を依頼するデメリットとメリット

司法書士や弁護士にレイクの借金の過払い金請求を依頼するデメリット

過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼する場合、最大のデメリットは費用がかかることです。

過払い金請求に関する相談料や着手金については無料としている事務所もあります。

しかし、成功報酬や諸費用については必ずかかることになり、余計な出費だと考える人もいるでしょう。

また、事務所によって諸費用や報酬の設定が異なります。

依頼先によってもかかる費用がかわってくるため、下調べにも手間がかかるといえそうです。

司法書士や弁護士にレイクの借金の過払い金請求を依頼するメリット

司法書士や弁護士は、数多くの過払い金に関する案件を扱っているでしょう。

どのように手続きを進めればいいかわかっているため、お任せしてしまえば自分は手間や時間がかかることはありません。

また、司法書士や弁護士を通して過払い金請求を行った場合、返済に対する督促が止まります。

自分で交渉した場合は止まらないので、この点を考えればプロに依頼すべきでしょう。

また、過払い金請求に関する連絡も司法書士や弁護士を通じて行うことになります。

レイクや裁判所からの連絡は、すべて司法書士または弁護士事務所にいくのです。

もちろん、事務所からの連絡も連絡先や時間について配慮してくれます。

このような点から、家族にばれたくないと考えている人にはメリットが大きいでしょう。

そして、最大のメリットは返還率が高いことです。

自分で交渉を行う場合、不備があれば交渉すらできませんし、返還率を低くされてしまう可能性があります。

過払い金請求の実績が高く、交渉力があれば、大手であるレイクが相手だとしても不当な和解という結果に終わる可能性は低いでしょう。

たしかに、司法書士や弁護士に依頼すればその分の費用はかかります。

過払い金が戻ってきても、その中から成功報酬を支払わなくてはいけません。

しかし、手間や成功率の高さ、返還率を考えれば、プロに任せた方が良いといえるでしょう。

また、レイクとの交渉実績があるならば、その事務所は必要書類や手続きなどをすでに把握しているはずです。

それほど時間もかからず、最短で過払い金を取り戻すことができるでしょう。

過払い金請求をするなら司法書士や弁護士に相談すべき

このように、レイクで借り入れをしている場合、状況によってはいくつかのデメリットがあります。

しかし、過払い金請求をすることで現状を打開することが可能なのです。

まずは借金を減らすことを考えましょう。

また、完済している人が最も注意すべきなのは時効です。

すでに返済が終わっているからといっても、もし戻ってくるお金があるなら請求しない手はありません。

今後レイクから借り入れができなくなるというデメリットはあります。

しかし、返済中の場合と比べればリスクはほとんどありません。

まずは時効を確認し、時効がまだであればできるだけ早く手続きの準備をしましょう。

最もデメリットを抱えることになるのは返済中の人ということになります。

ブラックリストにのる可能性はありますが、まずは過払い金があるかどうかを調べましょう。

もし、あったなら具体的な金額を確認すべきです。

重要なのは今ある借金を減らすか0にすることだと覚えておきましょう。

滞納や延滞が続いているのであれば、その状況を放置してはいけません。

その場合は、任意整理を行い、少しでも借金を減らすようにしましょう。

そして、過払い金の請求は自分自身で行うよりも、法のプロである司法書士や弁護士に任せた方が確実です。

すでにみてきたように、自分で過払い金請求を行った場合は知識や交渉力不足で不本意な結果に終わる可能性があります。

たとえ費用がかかったとしても、最終的には借金が0になったり、過払い金が手元に戻り生活に余裕がもてるようになったりする方が良いのではないでしょうか。

そういった意味でも、成功率の高い司法書士や弁護士に依頼しましょう。

相談料が無料の事務所もあります。

まずは現状を相談してみることから始めてはいかがでしょうか。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事