レイクの過払い金請求を司法書士と弁護士に相談すべき

レイクの過払い金請求を司法書士と弁護士に相談すべき

レイクの過払い金請求は方法を調べさえすれば、独力でおこなえないわけではありません。

しかし、そのためにはかなりの時間と手間をかける必要があります。

しかも、請求額を間違えたり、交渉が不調に終わったりすると返還額を減らされてしまう可能性もあるのです。

最悪、1円も返ってこないケースすら考えられます。

そのため、多くの人は司法書士・弁護士に請求手続き代行の依頼をしています。

そうした方がレイクとの交渉もスムーズに進み、返還される過払い金も高額になりやすいからです。

その一方で、「どこの事務所に相談したらよいのかわからない」「司法書士と弁護士のどちらに頼んだ方がよいの?」といった問題で悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

そこで、ここでは司法書士と弁護士の違いを説明した上で、それぞれに依頼するメリットとデメリット、さらに、依頼する事務所の選び方などについて解説をしていきます。

レイクの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼するメリットとデメリット

レイクの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼するメリット

手間と時間が省ける

司法書士・弁護士に依頼するメリットについて理解するために、過払い金請求の手続きをすべて自分でおこなった場合、どのくらいの手間がかかるかについて考えてみます。

まず、過払い金請求をおこなうにはその金額がいくらになるかを計算する必要があります。

そのためには借入と返済の記録が記載されている取引履歴を入手しなければなりません。取引履歴自体は申請手続きをおこなえば郵送してもらえます。

最高裁が取引履歴の開示をしないのは違法であるという見解を示したため、レイク側はこれを拒否することはできないのです。

ただし、昔の取引の中にはすでに記録が削除され、開示したくてもできないものもあります。

そうなると、自分の記憶を頼りに何年も前の取引を1つ1つ思い出し、いついくらの借入や返済をしたのかといった陳述書を作成していくしかなくなります。

この作業を1人でおこなうのは大変な手間です。

次に、取引履歴のデータを使って引き直し算をおこなわなければなりません。

引き直し算とは借入したお金を利息制限法の上限利率で返済した場合、実際の残額がどうなっているかを求めるためのものです。

計算の結果、残高がマイナスになっていればそれが、過払い金です。

しかし、取引期間が長期に及んでいる場合、この計算はかなり複雑なものになります。

これを間違いなくおこなうのはとても大変です。

また、時間のかかる和解交渉も1人でおこなわなくてはなりません。

さらに、交渉の結果に納得できなければ裁判に持ち込む必要があります。

その場合、毎月1度のペースで平日の昼間に行われる裁判に出廷しなくてはならなくなるのです。

もちろん、裁判や強制執行に必要な書類を用意したり、手続きをしたりするのも自分ひとりでやらなくてはなりません。

一方、司法書士・弁護士に依頼すれば一連の作業をすべて代行してくれます。

こうして比較をしてみると、どれだけの時間や手間が省けるかがわかるはずです。

返ってくる過払い金が多くなる可能性が高い

過払い金について考える際に、大前提として知ってほしいのが自分1人で過払い金請求の手続きをすると、レイクはまずこちらの希望する金額では和解してくれないという点です。

「裁判には持ち込まないだろう」「たとえ裁判になっても素人相手ならこちらが有利」といった具合に足元をみてきます。

その結果、提示される和解案は本来の過払い金よりもかなり安いものとなってしまいます。

それに対して、司法書士・弁護士に和解交渉をまかせると、不当な和解案を提示されることはほとんどありません。

レイクも専門家と争ってもメリットがないことを承知しているので、多くの場合はこちらの希望する金額が返ってきます。

レイクに返済中の場合、貸金業者への返済や督促が止まる

司法書士・弁護士に過払い金請求の手続き代行を依頼すると委任契約が結ばれ、レイクに対して受任通知が送られます。

そうすると、レイクに借金がある場合でも返済や催促がストップします。

もちろん、これは一時的な処置です。

過払い金請求の件が解決し、その上で借金が残っていれば返済や催促は再会されることになります。

ただ、月々の返済が苦しいという人にとって、これは大きな意味をもちます。

過払い金請求をおこなっている間に立て直しが図れ、しかも、借金を減らした状態で再スタートが切れるからです。

一方、独力で過払い金請求をしても返済や催促が止まるわけではありません。

その点については勘違いしないように注意する必要があります。

誰にもバレずにレイクに過払い金請求ができる

過払い金請求をしている事実を家族に知られたくない場合でも自分で手続きをおこなうとそれはむずかしくなります。

レイクや裁判所から家に電話があったり、郵送物が送られてきたりするからです。

しかし、司法書士・弁護士に依頼すると連絡窓口がすべてそちらになるので、家族にバレる確率は低くなります。

もちろん、司法書士や弁護士からの連絡はありますが、あらかじめ相談しておけば指定した連絡方法や差出人を選択するなどといった具合に、家族にバレないように配慮をしてもらえます。

レイクの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼するデメリット

司法書士・弁護士に過払い金請求を依頼すると多くのメリットを得られますが、その反面、デメリットも発生します。

当然といえば当然の話ですが、依頼をすることで費用がかかってしまうのです。

借金の返済に追われていてその費用を捻出できないという人もいるでしょう。

しかし、多くの事務所では返還された過払い金の中から費用を差し引きます。

そうした事務所を選択すれば、事前に費用を払う必要がないので安心です。

レイクの過払い金請求を依頼するうえでの司法書士と弁護士の違い

過払い金請求における司法書士と弁護士との大きな違いは代理業務が可能な範囲にあります。

司法書士の場合、債務額が1社当たり140万円を超えると業者に対して代理交渉や代理訴訟ができなくなってしまいます。

一方、弁護士にはそのような制限はありません。したがって、借金が多額に及ぶ場合は必然的に弁護士を選択するしかなくなります。

ただし、司法書士事務所から弁護士事務所を紹介してもらえるケースもあるため、最初に相談するのはどちらでも問題はないでしょう。

また、司法書士を選択するメリットとしては弁護士と比べて費用の安い事務所が多い点があげられます。

逆に、弁護士は少額の過払い金請求では依頼自体をうけてくれない場合がありますし、うけてくれたとしても費用が高ければ手元に戻ってくるお金はそれだけ少なくなってしまいます。

以上の点を考慮にし、自分の状況にあった司法書士や弁護士を選ぶことが大切です。

レイクの過払い金請求を依頼する司法書士や弁護士の選び方

レイクに対して過払い金請求ができる司法書士や弁護士は数多く存在します。

ただ、交渉力の高さについてはそれぞれバラツキがあり、もしそれが低い事務所を選んでしまうと満足できる過払い金は得られなかったということにもなりかねません。

事務所選びは極めて重要であり、できるだけ慎重におこなう必要があります。

そこで、事務所を選ぶ際のポイントについて解説をしていきます。

口コミ・評判や事務所のホームページを見てみる

事務所選びをする際にはネットで口コミや評判を調べることが大切です。

ただ、口コミや評判は主観的な意見が多くて情報に偏りがあるため、それらだけで判断するのは危険です。

そこで、それらを参考にする一方で、事務所のホームページを見てみることも大切です。

事務所のホームページには得意な業務を全面に押し出しているところが多いので、それを見ることで得意分野がわかります。

もし過払い金ではなく、他の業務をクローズアップしている場合はその事務所についてもう少し詳しく調べた方が無難です。

そして、過払い金についてはあまり得意そうではないと判断したならば、その事務所は候補から外した方がよいでしょう。

逆に、過払い金請求の実績を具体的な数字であげている事務所はその分野が得意である可能性が高いといえます。

その場合は有力候補の1つとして残しておきましょう。

レイクの過払い金請求の実績があるか確認する

過払い金請求が得意な事務所をピックアップしたあとは、レイクに過払い金請求をした実績があるかを確認する必要があります。

同じ過払い金請求でも貸金業者によって対応の仕方や交渉の難易度が変わってくるからです。

そのため、どれだけ他の貸金業者に対する実績があったとしても、レイクに対する過払い金請求の経験がなければ大きな不安要素となってしまいます。

ホームページを見ただけではわからなかった場合は電話で相談した際に直接尋ねてみるのがよいでしょう。

相談の際にかかる費用や期間についての説明してくれる

実際に相談に訪れた際に、費用や解決までの期間がどのくらいかかるかといった問題を丁寧に説明してくれる事務所は信頼度が高いといえます。

逆に、費用に関する説明があいまいな事務所に依頼をすると、過払い金の手続きが終わったあとによくわからない費用が引かれていたなどといったことになりかねません。

そうなると当然、最初に想定していたよりも得られるお金は少なくなってしまいます。

また、口コミや評判サイト、事務所のホームページなどに記載されている料金と実際に請求された金額が全然違っていたなどといったケースもあります。

そうした事態を防ぐためにも費用については最初によく確認しておくことが大切です。

レイクに対して過払い金請求の裁判まですることを考えてくれる

事務所を選ぶ際には、選択肢の一つとして訴訟の提案をしてくれるかどうかも重要なポイントとなります。

なぜなら、レイクの過払い金請求は裁判をすることで返還率が高くなる傾向にあるからです。

ところが、中には裁判をしたがらず、話し合いの交渉によるスピード解決をモットーとしている事務所も存在します。

そうなると、返還される額も安く抑えられる可能性が高くなります。

したがって、こちら側がスピード解決を求めるのか、取り戻す過払い金の額を多くしたいのかといった意志を確認した上でその要望に沿った形で動いてくれるところを選ぶことが大切です。

司法書士や弁護士に依頼した場合にかかる費用と相場

相談料

実際に依頼するとなると具体的な費用が気になるものですが、過払い金請求の場合、相談だけなら無料という事務所が多数を占めます。

ただ、中には5000円程度の費用がかかる事務所もあるため、相談前の事前確認が大切です。

着手金

正式に依頼をするとなるとまず着手金が必要となります。

これは過払い金請求の手続きに着手する前にかかる費用です。

とはいっても、司法書士の場合は無料のところが多数を占めます。

一方、弁護士の場合は有料であるところが多く、その相場は1~2万円程度です。

基本報酬

基本報酬とは過払い金の調査とそれに基づいたレイクとの交渉、そして過払い金の入金から返金までの手続きにかかる費用を指します。

基本報酬がかからない事務所もありますが、相場としては貸金業者1社につき4~5万円程度です。

たとえば、レイク2社と交渉した場合には8~10万円の費用がかかることになります。

成功報酬

過払い金が回収できた場合に支払うお金が成功報酬です。

回収された過払い金の額が多いほど成功報酬も高くなります。

なお、司法書士会と弁護士会では成功報酬の上限を定めており、裁判なしで過払い金を回収した場合はその額の20%以内、裁判をして回収した場合はその額の25%以内となっています。

また、実際の相場も上限と同じ20%と25%です。

減額報酬

耳慣れない言葉かもしれませんが、減額報酬とは借金を返済中の場合、引き直し計算をおこなうことで減少した債務額に対して支払われる費用です。

要するに、借金の額を減らしたことに対する報酬であり、相場は債務額の10%です。

たとえば、100万円あった債務額を80万円にすれば、借金が20万円減ったのでそこから2万円を減額報酬として支払うことになります。

ただし、過払い金で借金を完済した場合には減額報酬を請求しない事務所も多くあります。

その他の手数料や実費

着手金や報酬の他に手数料や実費が別途必要になる場合があります。

具体的には書類の発行手数料、事務手数料、通信費、振り込み手数料などです。

これらに関しては数万円程度請求する事務所もあれば、ほとんどかからない事務所もあります。

レイクの過払い金請求の裁判をした時に必要な費用

収入印紙代

過払い金請求の裁判をおこなう際には裁判所に払う手数料を収入印紙で納付します。

納付する金額は過払い金の額によって異なってきます。たとえば、過払い金が100万円以下の場合は10万円につき1000円程度です。

それが100万1円以上になると500万円までは20万円につき1000円ずつ加算されていくことになります。

仮に、100万円の過払い金を請求すると収入印紙代は1万円、200万円請求すると1万5,000円になるというわけです。

郵券代(予納郵券)

裁判をおこなう際には、訴状の副本を裁判所から賃貸会社へ郵送するための費用をいったんこちらで負担することになります。

その金額は裁判所によって異なりますが、1つの貸金業者に対して6000円程度が相場です。

なお、この費用は余れば返還されますし、裁判に勝てば貸金業者に請求することが可能となります。

代表者事項証明書の発行手数料

過払い金請求の裁判をおこなう場合には代表者事項証明書が必要となります。

ちなみに、代表者事項証明書とは貸金業者の商号や本店住所、代表者氏名などが記載されている証明書です。

法務局で取得でき、1通につき600円程度の費用がかかります。

訴訟手数料・日当交通費等

司法書士・弁護士の中には過払い金請求の裁判をするにあたって日当交通費を別途請求してくる場合もあります。

その他に、貸金業者1社につき5万円、あるいは裁判所への出廷1回につき1万円といった具合に、訴訟手数料という名目で費用が加算されるケースも少なくありません。

しかし、そういった費用のかからない事務所もたくさんあるので、依頼前によく確認するようことをおすすめします。

依頼する事務所は実際に相談して比較するのがオススメ

過払い金請求を司法書士・弁護士に依頼するとそれなりの費用がかかります。

しかし、個人でおこなう手間や減額されるリスクを考えると専門家に依頼した方がメリットは多いといえるでしょう。

ただし、司法書士・弁護士なら誰でもよいというわけではありません。

レイクの過払い金請求を得意とし、自分の希望に沿った方法で処理をしてくれるところを選ぶ必要があります。

そのためには、インターネットで公開されている口コミや評判、事務所のホームページなどをチェックするだけでなく、実際に会って確認してみることが大切です。

相談料が無料の事務所もあるので、そういったものを利用して信頼できる相手なのかを見極めるようにしましょう。

特に、こちらに対して横柄な態度をとる事務所は要注意です。

確かに、司法書士や弁護士は「先生」と呼ばれることが多い職業です。

しかし、あくまでもこちらはサービスを受ける客の立場であり、その客に対して上から目線で対応するような相手では安心して過払い金請求をまかせることはできません。

そこで、事務所を選ぶ際にはまずこちらに対して誠実な態度をとり、話をしっかり聞いてくれるかをチェックします。

その上で、レイクの過払い請求の実績やノウハウを持っているかを確認することが大切です。

以上のポイントを念頭に置いて、複数の事務所を比較すればより理想に近いところが見つかるはずです。

司法書士・弁護士をうまく活用し、過払い金請求のスムーズな解決を目指していきましょう。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事