アコムの過払い金請求の返還率は最大100%+利息付きで回収

アコムの過払い金請求の返還率は最大100%+利息付きで回収

本来、支払う必要のない利息である過払い金は、過去に金融業者を利用した人は請求することにより返還してもらえる可能性があります。

しかし、過払い金を請求すると、過去に支払った余分な利息のうちどれくらいの金額が返還されるのかわからないという意見は少なくありません。

また、具体的な請求方法がわからない、請求してから返還されるまでの期間はどれくらいかかるのかわからないという意見も見受けられます。

過払い金はいくつかの請求方法があり、その請求方法の選択によって請求期間、返還される金額の返還率は異なります。

過払い金請求方法の種類は、自分で行う方法、弁護士や司法書士などの専門家にお願いする方法の2種類です。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

自分自身で、あるいは専門家に代理で金融業者と交渉をすすめるという流れになります。

話し合いが円滑にすすんだ場合は話し合いのみで解決しますが、交渉が円滑でない場合は裁判をおこなうことになります。

交渉と裁判では過払い金の返還率も異なり、裁判は話し合いより手間がかかりますが、その分返還率は高くなるのです。

今回は、過去にアコムを利用した人がアコムへ過払い金請求をした際、返還率の相場はどうなっているか、また、返還率を高くするための方法などを紹介します。

アコムに過払い金請求をした返還率の相場

過払い金請求における返還率とは、過去に金融業者に支払った過払い金の満額に対する割合を指します。

たとえば、過去に金融業者を利用して、その際に支払った余分な利息が100万円あると発覚したとします。

その際、金融業者に過払い金請求をすることになりますが、請求方法によって100万円満額が返還されるとは限りません。

金融業者に過払い金請求をして返還率が80%の場合、100万円の80%なので80万円が返還されることになるのです。

アコムを過去に利用して余分な利息の支払いが発生したと発覚した場合、過払い金請求をする権利があります。

アコムへ過払い金請求をした場合、過払い金の返還率は交渉方法によって変化します。

話し合いの交渉である和解交渉で解決した場合は過払い金の返還率は約80%です。

和解交渉が決裂して裁判をおこなった場合、過払い金の返還率は100%に加え、利息が返還されるといわれています。

これらの返還率は、和解交渉・裁判ともに弁護士や司法書士などの専門家に依頼した場合です。

専門家を通さずに独自で交渉をおこなった場合は、返還率は下がるといわれています。

専門家を通して裁判を起こせば100%返還されるといわれていますが、その分期間もかかり専門家への依頼料も発生します。

[rank]

アコムの過払い金請求を自分でした場合は返還率が低い

弁護士や司法書士事務所に過払い金請求の代理を依頼すると、当然ながら依頼料が発生します。

そのため、アコムに過払い金請求を考えている人は、代理人を通さずに自分で請求をすればお得ではないかと考えている人も少なくはありません。

自分で交渉をおこなえば余分なお金もかかることもなく、返還された過払い金が全額自分のもとに戻ってくるという考えです。

しかし、過払い金請求の一連の交渉を自分でおこなうと、返還率は下がるという傾向がみられます。

自分で交渉をおこなうと、和解交渉の場合の返還率は約50%、裁判をおこなった場合でも約70%の返還率で解決するというケースが多いのです。

弁護士や司法書士などの専門家を通せば80〜100%の返還率といわれているのに、なぜ自分で交渉をおこなった場合は専門家に比べてこれだけの返還率の差が生じるのでしょうか。

その理由は、アコムという会社は過払い金請求の交渉に慣れており、金融に関する法律も熟知しているからです。

金融に関する知識や法律を把握していないと交渉の段階で話を丸め込まれ、自身の望んだ返還率が受け入れられないという事態におちいります。

よって、過払い金請求の交渉は、法律の専門家である弁護士や司法書士を代理に立てたほうがスムーズにおこなえるのです。

アコムから100%の過払い金+利息5%付きを回収する方法

アコムに過払い金請求をすると、過去に支払った余分な利息の全額に加えて利息も付いて返還してもらえる可能性があります。

しかし、全額が返還されるには条件があります。

話し合いだけの和解交渉ではなく裁判に持ち込むことが条件です。

なぜなら、和解交渉だけでは利息5%を付けての返還が実行できないからです。

利息5%付きの過払い金回収は、法律に照らしわせて裁判を通して請求しなければいけません。

過払い金請求は、民法の703条で規定されている「不当利得返還請求権」という権利にあたります。

民法703条では、法律上の決まりを無視して他人の財産および労務によって利益を受けた人に損失を与えた者(受益者)は、その利益を返還する義務がある、と規定しています。

つまり、法律を無視して他人の損失によって利益を得た人は、損失を受けた人に対し利益を返さなくてはいけないという決まりになっているのです。

この規定で定義されている法律上の原因がない利得のことを不当利得といい、不当利得の返還を請求する権利のことを不当利得返還請求権といいます。

この規定では、不当利得に対する利息が民事法定利率の年5%で請求できる決まりになっています。

5%の利息付きで過払い金を回収するには、アコム側が「悪意の受益者」であるかを証明しなくてはいけません。

この場合の悪意の受益者とは「アコムが金融に関する法律を無視して余分な利息を取っていた」ということです。

裁判を通して法律に照らしわせて、アコムが悪意の受益者であったことを確定することによって、過払い金全額と利息5%の返還が実現します。

返還率を高くするには過払い金請求の裁判が必要

前述した通り、アコムから過払い金を利息付きで全額回収するためには、裁判を通すことが必要となります。

裁判を通さずに話し合いだけの和解交渉でアコムに過払い金返還を求めた場合、全額ではなく80%の返還率です。

過去に支払った余分な利息のうち80%だけでも戻って来ればいいと満足した場合、和解交渉は成立して過払い金請求は終了します。

しかし、80%では満足せず過払い金全額に加えて利息分5%を回収したいと考えている人は、裁判を起こすことが必須条件です。

しかし、もし弁護士や司法書士などの専門家に代理人をお願いするのではなく、自身で裁判をおこなう場合はいろいろと手間がかかります。

裁判では、法律に関するある程度の知識が必要となるので、そのためにいろいろと事前に勉強をする必要が出てきます。

また、裁判を起こした人の都合に関係なく出頭を要求されるので、平日でも裁判所に行かなくてはいけません。

ほとんどの人が普通に働いているために、平日に裁判所に行く場合は会社を休むなどして時間の都合をつける手間が生じます。

そして、裁判はそれなりの期間がかかるため、短い期間での交渉成立を望んでいる人にとっては、多くの時間を取られ精神的にも良いことがありません。

[rank]

アコムとの過払い金請求を話し合いによる交渉で和解するメリット

過払い金の返還率という数字だけをみた場合、裁判を通しての過払い金を回収するほうがお得といえます。

しかし、裁判所を通さずに話し合いだけの和解交渉だけで過払い金請求を解決すれば、一連の手続きにかかる期間は短くすませることが可能です。

自分で、あるいは弁護士や司法書士などの専門家に代理人を依頼した場合でも、裁判に持ち込むとそれなりの期間を費やすことになります。

裁判を起こした場合にかかる期間は、短くて4カ月ほど、長引いた場合は半年ほどです。

それに対し、話し合いだけの和解交渉の場合は、最短で3カ月ほどの期間で交渉が成立するのです。

この場合、返還される金額にこだわる場合と、それ以外のことにこだわる場合によって、その交渉手段を選ぶ必要があります。

少しでも多くの過払い金を回収したい、あるいは交渉期間を気にせず時間に余裕がある人は裁判による過払い金請求が向いているでしょう。

返還率にこだわらずに、過払い金請求の交渉を短期間ですませたい人、あるいは金額はこだわらないので少しでも早く現金を入手したい人などは、裁判を通さない和解交渉が向いているといえます。

アコムの過払い金請求は高い返還率を望むと時間がかかる

アコムに過払い金請求をするうえで少しでも高い返還率にこだわった場合、それだけ交渉期間は長くなるといわれています。

過払い金請求の交渉期間が長引くのは、過去のアコム利用の際のキャッシング状況が原因です。

また、返済はどのような流れでおこなわれたかなど当時の状況によって交渉期間が異なります。

アコム利用の過去の履歴によって、和解交渉や裁判の進行が難航したり長引いたりすることもあるのです。

過去の履歴によって交渉が予想以上に早まり3カ月ほどで成立することもあれば、長引いて1年以上かかるケースもあります。

ただし、1年以上かかるケースは珍しく、平均的な交渉期間は4〜6カ月ほどが目安といわれています。

話し合いによる交渉で和解と裁判をして解決の違い

話し合いによる交渉は和解交渉、あるいは任意交渉とも呼ばれ、最短で3カ月ほどで成立します。

それに対し、裁判の場合の期間は5カ月ほどが目安となっています。

この場合の期間は、任意交渉と裁判、どちらも弁護士や司法書士に代理人を依頼した場合です。

過払い金請求の交渉では、最初は弁護士など専門家を通さずに自分でおこない、途中から専門家に代理人を依頼するというパターンの人もいます。

最初は自分でアコム側と話し合いをおこない、交渉が決裂して裁判に移行する場合、専門家に依頼をするという流れです。

裁判は専門的な知識が必要となるので、法律に関する専門家にお願いをしたほうがスムーズにすすみます。

話し合いによる交渉は解決スピードが早く、裁判は金額重視

アコムと過払い金請求に関する交渉をした場合、任意交渉では過払い金全額の返還はおこなわれず、過払い金の80%ほどの返還を希望してきます。

この場合、80%の金額で合意すれば交渉成立となりますが、80%以上の金額回収を希望する場合は裁判へと移行します。

裁判を実行すれば過払い金の100%回収が可能となるのです。

裁判は専門的な知識が必要となり手間もかかるので、弁護士や司法書士に代理人の依頼をすることになります。

最初の交渉の段階から専門家に代理をお願いする場合、弁護士事務所などはよく選んでから依頼することが大事です。

事務所によっては、少しでも多くの過払い金回収をすることがメインではなく、裁判をおこなわずに早期解決を第一と考えているところもあるからです。

そのため、専門家の事務所に過払い金請求の代理を依頼する際は、裁判も視野に入れてアコムと交渉をしてくれる事務所を選ぶのが重要です。

アコムの過払い金請求は司法書士や弁護士に依頼

アコムで過払い金請求をした場合、最大で返還率100%+利息5%付きでの回収が期待できます。

確実に過払い金回収をおこなうためには、法律の専門家に代理人をお願いして裁判を実行することです。

自分ひとりでアコム側と交渉および裁判をおこなうのは、手間もかかりむずかしい作業となります。

しかし、過払い金請求に慣れている専門家にお願いをすれば、手間のかかる一連の手続きをすべて代理人としておこなってくれるのです。

専門家に依頼をすれば、依頼から過払い金が返還されるまでの数カ月間は、何もする必要がありません。

また、ほとんどの専門家の事務所は、無料での相談を受け付けています。

過払い金請求をしようかどうか迷っている人は、まずは専門家に相談をすることから始めてみるのがおすすめです。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事