アコムの過払い金請求は司法書士や弁護士に相談すべき

アコムの過払い金請求は司法書士や弁護士に相談すべき

「アコムに対して過払い金の返還請求をしよう」と思いたっても、その第一歩として何をしたらいいのかがわからないというお悩みは多いのではないでしょうか。

テレビCMなどから、弁護士や司法書士に依頼するのが良いというイメージはあるかもしれません。

しかし、実際のところ、弁護士と司法書士のどちらに依頼すべきかは、多くの人が迷うポイントです。

また、弁護士(司法書士)への依頼を決めたとしても「どこの事務所を選ぶべきか」というのも悩みどころでしょう。

過払い金・債務整理は消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所で無料相談

\おすすめです/

これから過払い金請求や債務整理をしようと思っている方は、過払い金がいくら発生してているか気になるところだと思います。消費者金融が恐れるNo1の杉山事務所なら、無料で過払い金の調査ができます。

過払い金の調査だけの利用もOKですし、そのまま依頼することも可能です。まずは、杉山事務所で過払い金がいくら発生しているかチェックしてみましょう。

杉山事務所の公式サイトを見てみる

もちろん、過払い金の返還請求は必ずしも専門家に依頼する必要はありません。

基本的には自分だけでできる手続きだからです。

しかし、過払い金請求には、複雑な計算手続きや専門知識を前提とした交渉などを要することが多く、一朝一夕でこなせるものではありません。

ですから、時間と手間を大幅に節約しつつ、過払い金返還請求をスムーズに進めるためには、弁護士や司法書士への依頼がおすすめなのです。

ここでは、アコムに対する過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼する場合のメリットおよびデメリットをご紹介します。

さらに、司法書士と弁護士の違いや、自分のケースに適した事務所の選び方もみていきましょう。

アコムの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼するメリットとデメリット

アコムの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼するメリット

まずは、アコムの過払い金請求を書士や弁護士に依頼するメリットから見ていきましょう。

手間と時間が省ける

過払い金請求をするためには、まず、アコムとの取引履歴を取り寄せなければいけません。

取引履歴というのは、その名のとおり、アコムとの金銭のやり取りがすべて記載されている情報のことです。

そして、その取引履歴と利息制限法をもとに、払いすぎた利息の「引き直し計算」をおこないます。

こういった事務的な手続きが第一の手間です。

返還請求可能な金額がわかったら、過払い金としてアコムに請求します。

しかし、請求したからと言って、全額をすんなり返してもらえるというわけではありません。

アコムの担当者と金額や返還期日について和解交渉をして、話し合いがまとまってはじめて過払い金が返還されます。

和解がまとまらず、交渉が決裂してしまうと、次は裁判による返還請求です。

裁判にまでもつれこんでしまうと、かかる手間も時間も大幅に増えてしまいます。

スピード解決を求めるのであれば、なんとか和解交渉で話をまとめたいところです。

しかし、スピード解決よりも返還金額を高くすることを重要視するのであれば、裁判でとことん戦う意味は十分にあります。

といっても、裁判についての知識がまったくない状態で、アコムなどの貸金業者を相手取って戦うのは困難でしょう。

さらに、たとえ自分の希望通りに勝訴して強制執行ができるようになっても、強制執行自体にも手間と時間とお金がかかるため、自力ですべてこなすにはハードルが高いといえます。

アコムへの過払い金請求を司法書士・弁護士に依頼するメリットの1つ目は、なんといっても「手間と時間の大幅な節約」が叶うという点です。

弁護士や司法書士に依頼せずに自分でおこなえば、費用の節約は可能です。

しかし、「時は金なり」ともいうように、大切な時間と手間を割いてなれない手続きに挑戦するよりは、百戦錬磨のプロに依頼したほうが効率的ですし、結果にも期待できます。

[rank]

返ってくる過払い金が多くなる可能性が高い

アコムへの過払い金請求を自分でおこなう場合、返還金額についての若い交渉が難航するおそれがあります。

というのも、アコムの担当者は過払い金の交渉に慣れているため、相手が司法書士や弁護士ではない個人だとわかると、強気な交渉をもちかけてくるケースがあるからです。

多くの場合、返還金額の減額を提案されるでしょう。

また、「何カ月以内に返還するので、請求金額の70%で納得してほしい」など、一見こちらにもメリットがあるようにみえて、そうでもない提案をしてくることも考えられます。

過払い金請求は、法律にもとづいた正当な権利なので、本来ならばアコムからの減額の提案を聞き入れる必要はありません。

ですから、アコムから減額などの提案をされたとしても、あくまで強気の姿勢を崩さないことが大事なのです。

といっても、相手はプロなので、交渉を自分の思うように進めるのがむずかしいときもあるでしょう。

その点、司法書士・弁護士に依頼すれば、不当な交渉をもちかけられる心配は少なくなります。

司法書士や弁護士は依頼人の利益を第一とした姿勢で交渉につくため、アコム側の言い分や不当な要求にまどわされることはないと考えられるからです。

とくに過払い金請求に慣れている司法書士・弁護士に依頼すれば、そういった不当な要求をのまされるリスクは一段と減るでしょう。

アコムに返済中の場合、貸金業者への返済や督促が止まる

司法書士・弁護士に依頼したからこそ享受できるメリットとして、「過払い金請求手続きが終わるまでは、返済や督促がストップすること」があります。

つまり、過払い金請求の手続き中は、毎月の返済負担が一時的にとまるということです。

ですから、毎月の返済が家計を圧迫していて苦しいという人には、ぜひ活用してほしいメリットだといえるでしょう。

また、返済や督促をストップさせるには、弁護士や司法書士に依頼しなければいけません。

自分で過払い金請求をおこなっても返済ストップなどの効果は生じないので注意しましょう。

[rank]

誰にもバレずにアコムに過払い金請求ができる

アコムへの過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼することで、家族や周囲の人に借金がレずにすむ可能性が高くなります。

依頼後は、弁護士や司法書士がアコムとの連絡窓口になってくれるからです。

自宅にアコムからの郵便物が届いたり、電話がかかってきたりすることを避けたいという人は、弁護士や司法書士への依頼をおすすめします。

また、弁護士や司法書士が代理人として手続きをおこなってくれることで、連絡先や差出人についての要望が通りやすくなるというメリットも無視できません。

過払い金請求はしたいが、周囲にはバレたくないというお悩みを抱えているのであれば、一度、司法書士・弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

アコムの過払い金請求を司法書士や弁護士に依頼するデメリット

アコムに対する過払い金請求を弁護士や司法書士に依頼することで考えられるデメリットは、やはり「費用」でしょう。

依頼する事務所によってかかる費用は異なりますが、当然のことながら自力で過払い金請求をすませるよりは金銭的な負担は増えます。

ただし、費用の支払いは、返還されてきた過払い金から差し引くというスタイルをとっている事務所が多いです。

ですから、費用の前払いが心配という人でも安心して利用しやすいのではないでしょうか。

アコムの過払い金請求を依頼するうえでの司法書士と弁護士の違い

過払い金請求における弁護士と司法書士の違いは、「代理人として過払い請求できる金額」にあります。

弁護士は、請求する過払い金額にかかわらず受任でき、代理人として手続きをおこなえますが、司法書士が扱える過払い金請求額は「140万円以下」です。

つまり、司法書士は、過払い金の額が140万円を超えるような場合、その依頼を受任することができません。

しかし、司法書士に相談したあとに過払い金額が140万円を超えることがわかったとしても、心配はいらないでしょう。

なぜなら、そういったケースでは、司法書士から弁護士を紹介して依頼をひきついでもらうことができるからです。

ですから、過払い金の相談自体は、弁護士と司法書士のどちらにしても良いといえます。

弁護士と司法書士の違いは、費用面にもあらわれます。

過払い金請求においては、弁護士よりも司法書士への報酬のほうが安価であることが多いのです。

せっかく過払い金が返還されても、さしひかれる費用の額によっては、手元に戻るお金が少なくなってしまいかねません。

また、弁護士事務所のなかには、少額の過払い金請求だと依頼を受けてくれないところもあるとされています。

結局のところ、司法書士と弁護士のどちらを選ぶべきかというのは、ケースバイケースだといえるでしょう。

スムーズに過払い金請求を進めたいのであれば、自分の過払い金の状況を確認し、個別のケースごとにもっとも適した弁護士または司法書士を探して依頼することが重要です。

[rank]

アコムの過払い金請求を依頼する司法書士や弁護士の選び方

アコムに対する過払い金請求をできる弁護士や司法書士は、数えきれないほどいます。

しかし、過払い金請求に特化した弁護士や司法書士は、その中でも一握りだといえるでしょう。

アコムから、満足できるだけの過払い金返還を受けたいのであれば、過払い金請求に「強い」弁護士や司法書士を選びたいところです。

では、そういった弁護士や司法書士は、何を基準として選べばよいのでしょうか。

ここからは、司法書士や弁護士の選ぶときに踏まえておきたいポイントをご紹介しましょう。

口コミ・評判や事務所のホームページを見てみる

アコムへの過払い金請求を依頼する事務所を選ぶときに、口コミや評判を重視する人も多いのではないでしょうか。

たしかに、口コミや評判が良ければ良いほど、事務所に対する安心感は高まります。

しかし、事務所選びの際に注目すべきは、口コミや評判だけではありません。

まず見てほしいのが、その事務所のホームページです。

ホームページでは、その事務所がもっとも得意としている業務(中心的な業務)を大々的にアピールしています。

過払い金請求を中心としている事務所なら、おそらく過払い金請求についての強みや実績などが全面に押し出されているでしょう。

ホームページを見て、もし過払い金請求業務以外を中心業務としているようであれば、一歩踏みとどまり、その事務所についてさらに詳しく調べるほうが良いかもしれません。

また、実績として具体的な「数字(受託件数や請求に成功した金額など)」を載せている事務所は、高い実力をそなえているといえるでしょう。

具体的な数字は、確かな実績や根拠がなければ打ち出せないものだからです。

[rank]

アコムの過払い金請求の実績があるか確認する

重要なのは、たんなる過払い金請求の実績ではなく、他ならないアコムへの過払い金請求の実績があるかどうかです。

ひとくちに「過払い金請求」といっても、相手取る業者次第で対応や交渉方法、交渉の難易度は異なります。

つまり、アコムへの過払い金請求をうまく進めたいのであれば、アコムへの過払い金請求実績がある事務所を選ぶのがおすすめなのです。

アコムへの過払い金請求実績の有無についてホームページに記載がないのであれば、電話で確認してみてはいかがでしょうか。

相談の際にかかる費用や期間についての説明してくれる

アコムへの過払い金請求を依頼する事務所を探すときに、注意してみておきたいのが「説明の充実度」です。

説明の流暢さ、質問への回答の仕方、回答の具体性によって、その事務所がアコムへの過払い金請求に手慣れているかどうかがわかります。

また、費用の内訳についてはっきりと答えてくれるかどうかも重要です。

口コミや評判サイトで得た費用の情報と、実際にかかる費用には差が生じる可能性があるので、相談時に必ず確認するようにしましょう。

過払い金から差し引かれた費用の内訳が不明瞭で、結局は手元に少額しか返ってこなかったというトラブルもありがちなので注意しておきたいところです。

アコムに対して過払い金請求の裁判まですることを考えてくれる

過払い金請求においては、和解交渉がまとまらずに裁判までもつれこむケースがあります。

裁判となると、やはり司法書士や弁護士などのプロに依頼するほうが、返還率も高いです。

とくにアコムへの過払い金請求では、裁判をすることで返還率がアップする傾向にあります。

その事務所が裁判まで視野にいれた姿勢でじっくり交渉にのぞんでくれるかというは重要な見極めポイントなのです。

スピード解決を望むのであれば、裁判までいたらずに交渉だけで解決してくれる事務所を選ぶのも良いでしょう。

時間がかかったとしても、過払い金を少しでも多く取り戻したいのであれば、やはりその希望をかなえてくれる事務所を選ぶのをおすすめします。

司法書士や弁護士に依頼した場合にかかる費用と相場

相談料

相談料とは、いわば「相談するだけ」でかかってくる費用のことです。

相談料については「1時間いくら」という風に時間制で定められているところが多いでしょう。

過払い金請求については、ほとんどの司法書士・弁護士事務所で相談料は無料とされています。

ただし、なかには5000円程度の費用がかかる事務所もあるため、実際に相談する前に電話やホームページなどで相談料の有無を確認しておきましょう。

[rank]

着手金

着手金は、過払い金請求手続きに着手(実際に始める)する前にかかる費用のことを指します。

着手金がかかるかどうかは、司法書士事務所と弁護士事務所で差があるでしょう。

司法書士事務所では着手金不要のところが多いですが、弁護士事務所に依頼すると反対に着手金がかかるケースのほうが多いからです。

着手金がかかる場合の相場は1~2万円とされています。

基本報酬

基本報酬は、過払い金請求手続きに着手してから返金されるまでの事務手続きにかかる費用です。

過払い金の調査、計算、アコムとの交渉、返還されてきた過払い金の入金、返金手続きなどの事務処理費用だと考えてください。

基本報酬の相場は、貸金業者1社ごとに4~5万円とされています。

たとえば、アコムとレイクの2社に対する過払い金請求手続きを依頼した場合の基本報酬は8~10万円が相場ということです。

成功報酬

成功報酬とは、文字通り「過払い金回収に成功した場合」にかかる費用です。

この成功報酬については、見積もり時に具体的な金額が提示されることは少ないでしょう。

なぜなら、成功報酬は「回収できた過払い金のうちの20%」というふうに、割合で定められていることが多いからです。

つまり、回収できた過払い金額が多ければそれに比例して成功報酬も多くなるといえます。

しかし、成功報酬には司法書士会と弁護士会によって定められている上限があるため、過払い金のうちのほとんどが成功報酬に消えるわけではありません。

成功報酬の上限は、裁判せずに解決した場合で20%、裁判までおこなった場合で25%です。

同じように相場も20%から25%と考えておきましょう。

減額報酬

返済中の借金について引き直し計算をおこなった結果、債務額が減少した場合に支払う報酬を減額報酬といいます。

減少額のうちの何割かを減額報酬として支払うというスタイルが一般的で、相場は減少した債務額の10%です。

ただし、必ずしも減額報酬がかかるというわけではありません。

返済中の借金を過払い金で完済することができれば減額報酬はかからないとしている事務所も多いからです。

その他の手数料や実費

過払い金請求を司法書士や弁護士へ依頼したときには、ご紹介してきた費用以外にも「事務手数料」「通信費」「振込手数料」など実費分もかかります。

この費用がいくらかかるかというのは事務所によりけりです。

数万円かかる事務所もあれば、ほとんどかからない事務所もあるので、見積もり時に確認しておきましょう。

アコムの過払い金請求の裁判をした時に必要な費用

収入印紙代

アコムに対して過払い金請求の裁判をおこなう場合は、裁判所への手数料を収入印紙によって支払わなければいけません。

印紙代金は、請求する過払い金額によって異なります。

請求金額が100万円以下であれば10万円ごとに1000円程度が、そして、請求金額が100万円を超える場合は20万円ごとに1000円アップする仕組みです。

この収入印紙代金は、アコムに対して過払い金請求の裁判を起こすときに必ずかかる費用だと考えておきましょう。

郵券代(予納郵券)

過払い金請求の裁判をおこすときは、裁判所に対して「訴状」という書類を提出します。

そして、この訴状の複本(写し)が裁判所からアコムなどの貸金業者に郵送されるのです。

このときの郵送費用は、ひとまず裁判を起こした人が負担することになっています。

貸金業者に対する主張が認められて裁判に勝てば、郵送費用を相手方である貸金業者に請求することが可能です。

また、余った郵券代は返還されます。

郵券代は裁判所ごとに異なるので一概に何円かかるとはいえませんが、1つの貸金業者に対して過払い金請求の裁判を起こした売は約6000円が相場です。

代表者事項証明書の発行手数料

過払い金請求の裁判をするときは、相手方である貸金業者の「代表者事項証明書」が必要です。

代表者事項証明書は貸金業者の本店、商号、代表者の住所氏名などが記載されている書類で、法務局で取得できます。

1通につき600円の発行手数料がかかるため、複数の貸金業者に裁判を起こす場合はその貸金業者の数分の手数料がかかると考えておきましょう。

訴訟手数料・日当交通費等

司法書士・弁護士のなかには、過払い金請求の裁判につき、別途費用を請求する事務所もあります。

その費用とは、訴訟手数料(貸金業者1社につき5万円が相場)や、裁判所への出廷に対する日当(1回につき1万円が相場)などです。

交通費を請求される場合もあるでしょう。

しかし、すべての事務所が訴訟手数料などを請求するわけではありません。

ですから、司法書士・弁護士事務所に過払い金請求の裁判を依頼するときは事前に訴訟手数料などの要否を確認しておくことが重要です。

依頼する事務所は実際に相談して比較するのがオススメ

アコムに対する過払い金請求を依頼する事務所を決めるときには、事前の情報収集が欠かせません。

もちろん、インターネット上の口コミや評判、そして事務所のホームページに記載されている情報は事務所選びの参考になります。

しかし、決め手となるのは、やはり実際に相談したときに司法書士・弁護士から感じる安心感ではないでしょうか。

司法書士や弁護士は、一般的に「先生」という敬称で呼ばれる職業です。

しかし、だからといってサービスを受けるお客さんに対して横柄な態度をとっていいわけではありません。

司法書士や弁護士の態度、やしっかりと話を聞いてくれるかなどは、実際に対面してみないと分からない部分です。

ですから、依頼する事務所を決めるときには、いくつかの事務所に相談してみてそれぞれの事務所の比較と検討を重ねましょう。

アコムへの過払い金請求を依頼するなら、実績とノウハウをもち相談者の話をしっかりと聞き、希望に沿った丁寧な対応をとってくれる事務所をおすすめします。

過払い金請求・債務整理が強い弁護士・司法書士ランキング

  • No.1
  • 司法書士法人杉山事務所 過払い金相談実績 月3000件
  • 週刊ダイヤモンド誌で消費者金融が恐れる司法書士NO1で紹介されています。事務所は全国に8ヶ所(東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌)あり、無料で出張相談も行っています。過払い金の調査のみの利用もOK!

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 過払い金の回収金額がNo1
    • 消費者金融が恐れる司法書士事務所
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 無料の出張相談も可能
    大阪事務所(主たる事務所) 0120-066-018
    東京事務所 0120-065-039
    名古屋事務所 0120-068-027
    福岡事務所 0120-069-034
    広島事務所 0120-067-009
    岡山事務所 0120-070-146
    仙台事務所 0120-131-025
    札幌事務所 0120-678-027

    公式サイトへ

  • No.2
  • 司法書士法人みどり法務事務所 相談は何度でも無料
  • 東京・北海道(札幌)・愛知・高知・愛媛・岡山・広島・熊本の全国に8事務所展開。出張相談もある、親切・丁寧な対応の事務所です。過払い返還額累積90億円以上の債務整理・過払い金請求の専門家です。秘密厳守で相談者の都合に合わせた対応が選ばれる理由です。

    • 過払い返還額累積90億円以上
    • 月の相談件数約500件
    • 全国に8ヶ所の事務所
    • 出張相談可能
    • 相談料・初期費用0円
    • 秘密厳守
    相談無料のフリーダイヤル 0120-837-032

    公式サイトへ

  • No.3
  • 司法書士法人みつ葉グループ 資料無しで相談可能
  • 年中無休365日相談を受付ける、相談者に寄り添う頼れる事務所です。総勢40名の債務整理専属チームが全国からの相談に親身に対応。過払い金請求では、安易な妥協をせず貸金業者とは徹底的に交渉します。成功報酬制なので費用面も安心して依頼ができます。

    • 資料無しで相談可能
    • 全国どこでも相談できる
    • 手持ちの費用無しでもOK
    • 相談無料
    • 成功報酬型
    • 年中無休365日相談受付
    相談無料のフリーダイヤル 0120-739-002

    公式サイトへ

  • No.4
  • 弁護士法人サンク総合法律事務所 安心の全国対応法
  • 弁護士にしか解決できない、弁護士だから解決できる借金問題があります。弁護士法人サンク総合法律事務所は、親切・丁寧な説明で安心して依頼できます。全国対応で、土日祝日も休まず24時間365日受付。初期費用も無料なのも安心です。

    • 相談料、着手金、初期費用がすべて無料
    • 24時間365日の相談可能
    • 全国対応
    相談無料のフリーダイヤル 0120-314-501

    公式サイトへ

関連記事